<< 「歌モノ」と「インストもの」      小さなことで“R”が・・・ >>

南澤先生直伝レッスン “SP-7” 『やっぱり見てみるもんですねぇ』

c0137404_22494810.jpg

 本日は、少し久しぶりに南澤先生に直伝レッスンを受けに行ってきました。

 始めは、先日の合宿の時に感動した
 ユーミンの「中央フリーウェイ」や「あの日に帰りたい」などを改めて弾いてもらい
 ビデオに撮らさせてもらいました。

 これは今のところ出版されていませんからねぇ。
 宝物であるし、いつか弾けるようになりたいと思う曲でもあります。

 ユーミンやカーペンターズなど、女性ボーカルの曲は、
 好きな曲でも男の自分では歌うことができないから
 こういうソロ・ギター・アレンジは、
 自分のものにできる感じがして、いいですよねぇ!


 そんなこんなで後半は、
 今度はボクがカーペンターズの曲を弾いて
 先生に色々ご指摘を受けました。

 その中で、
 「ビデオに撮ってみたらどうでしょう?
 自分でもいろいろ気が付く点があると思いますよ」と言われたんですが、
 なるほど、ビデオねぇ・・・。
 
 最近、録音はよくしていて、「リズムの悪さ」や「ぎごちなさ」など、
 自分のダメさ加減は痛いほど認識しているので、それだけに
 「ビデオに撮って自分の演奏なんか見たくもない」とも思ったんですが、
 「先生がそう言うなら」と思い直し、家に帰ってから早速、撮ってみたんです。

c0137404_22495831.jpg

 そうしたら、あれあれ、日ごろ見慣れた先生の右手の動きに比べると、
 ボクの右手は、動きが大きく、随分とダイナミック。

 ダイナミックというと聞こえはいいけど、
 要は「乱暴」であり、「」なんですよね。

 特に人差し指の動きが大きく、弦をはじいてから
 随分、遠くまで行く(弦から離れる距離が長い)感じ。

 う~む、「遠くまで行く」ということは、
 当然、その分、戻るのに微妙に時間がかかるわけだし、
 そういうことが「リズムの悪さ」や「ぎごちなさ」にも繋がっているのかもなぁ~。

 試しに、南澤先生の演奏を思い出し、
 意識して「小さく動かす (しかし、弱く弾くのではなく、力強く弾く)
 ようにしてみました。

 すると、慣れていないから弾きにくいものの、
 音としては南澤先生に近い「優しい」感じに聴こえるようにも思います。

 なるほどぉ~、そういうことかもしれないなぁ~・・・。

 ・・・そう言えば以前、南澤先生に
 「もう少し丁寧に弾いた方がいいですねぇ」と言われたことがあったんですが、
 きっと、そういうことだったんですね。

 やっぱり見てみるもんなんですねぇ~!

 今後は、その辺を意識して練習してみたいと思います。
 これで少し進歩できるといいんだけど・・・。

 

by acogihito | 2010-10-26 23:30 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by まきろん at 2010-10-27 19:53 x
自分の弾いたのは聞くのは
自分の声を録音して聞くような
気恥ずかしさというか なんともいえない違和感を感じそうで
やったことがないのですが…
客観的に自分のレベルをみつめるためには
やってみるべきかもしれませんね~

なんとなく面倒で
今までやったことがないけど
この日記でちょっと考え方をかえました
Commented by acogihito at 2010-10-27 23:08
まきろんさま、こんばんは!

ボクも録音してみるようになったのは、つい最近のことなんですよ。

実は、録音機は随分前から持っていて、
     ↓
http://acogihito.exblog.jp/7622679/

以前は録音してみたこともあったんですが、
消音をするために指使いの根本から練習しなおしたところ、
指が動かず、自分で練習している段階から
ヨレヨレなのは分かっていたので、
とても録音してみる気にはなれなかったんです。

ですが最近になって、20曲覚えたし、忘れないうちにというのと、
ようやく少しはましに弾けるようになってきたかな?と思える曲も出てきたので、
録音してみようと思った次第なんです。

で、録音してみると、
自分でわりと弾けているかなと思った曲がひどかったり、
ダメだなと思っていた曲が思ったよりはちゃんとしていたり、
練習しながら聴いていた印象とは多少ズレはあったんですが、
まだまだ人に聴かせられるようなレベルではなく、
今後は録音したりしながら、確認しながら練習して、
早く人さまにも聴かせられるようになりたいと思っています。
Commented by kisimamu at 2010-10-27 23:23 x
 自分もある方のアドバイスを参考に動画をとってみました。見てみるとすごいですね。両手の動きが良くわかります。音の響きも。南澤先生も言っていましたが、「音を客観的に聴ける」とありましたが、なるほどです。「結構上手く弾けてるかも。」とちょっと天狗になっていましたが、これを聴いて、「身の程をしれ!!」と思った今日このごろです。

 でも、何気に某動画サイトにアップしてしまいました。人様に聴かせられるものではありませんが、下手なりに一生懸命頑張ったので、まあ~いいかな?みたにな感じで。皆様には内緒でコッソリとではありますが・・・(笑)
Commented by acogihito at 2010-10-28 01:04
kisimamuさま、こんばんは!

なるほど!動画サイトへのアップですかぁ!いいですねぇ!
自分への励みになりそうですねぇ!

ボクももう少しリズムが安定してきたらいいんですけどねぇ。
今は自分でも落ち着いて聴いていられない状態なんです・・・。

だけど今後、もう少し納得できるようになったら、
記念にアップしてみようかなぁ?

それもいい目標になりそうですねぇ!

Commented by s-121sp at 2010-10-28 09:47 x
あこぎひとさんへ

自分も動画を撮った事がありますが
そう言う考えで見たことがないです(^^ゞ
今読んで、新たに見ると気が付く事があるだろうな~
そうだよね、上手くできないプレーヤーは
スポーツも同じく、余計な動きが多いからね。
勉強になりました。
Commented by acogihito at 2010-10-28 23:46
s-121spさま、こんばんは!

スポーツ選手もそうですけど、
上手い人はやっぱり動きが綺麗ですもんね!

南澤先生の右手の指の動きはけっこう小さく、
鹿も美しいんですよね。

これは見る角度によって違うんでしょうが、
YouTubeの動画などを見ると、隣の弦に行くくらい。
それに比べるとボクの動きはその倍くらいでガサツ・・・。

かなり余計な動きをしているんじゃないかと思います。

もともと器用な方ではなく、リズム感も良くない上にこれじゃ
上手くなるわけないなという感じです。

ちょっとその辺を矯正してみようと思っています。

<< 「歌モノ」と「インストもの」 小さなことで“R”が・・・ >>