<< お知らせ 「アンジュナがテレビに!」      2011年 今年の目標 >>

映画『アクロス・ザ・ユニバース』に感動!

c0137404_21445668.jpg

 何気なく買って見た、映画『アクロス・ザ・ユニバース』。
 大いに感動!思わぬ見つけモノでした!!

 特に理由もなかったんですが、
 アマゾンで本を買うついでに映画の欄を見ていたら、
 1959円と、けっこう安かったのと、
 ブルーレイのレコーダーは持っているものの、
 ソフトは1枚も持っていなかったので、
 話のタネにと買ってみたんです。

 その映画『アクロス・ザ・ユニバース』。
 2007年に制作されたアメリカ映画で、日本での公開が2008年。

 そういや、そんな映画があったかなぁ~、
 でも、その頃、なぜか、『アクロス・ザ・ユニバース』とか、『ゴールデンスランバー』とか、
 ビートルズの曲名がタイトルになった映画が多かった気がするなぁ~、
 と、そんな程度の認識で、内容がどんなものか、全く分かっていませんでした。

 で、その内容は?というと、
 ビートルズの曲を使ったミュージカル映画。
 舞台は1960年代。
 で、基本的にはラブストーリーという、
 「ウエストサイド・ストーリー」のビートルズ版のような・・・、
 と、そう書けば、どうってことのない印象を受ける映画です。

 ところが、まずもって、ビートルズの楽曲の使い方が上手い!

 登場人物の心情などはビートルズの曲の歌詞によって描かれているんですが、
 その使い方が実に上手い!

 そして、その曲のアレンジがイイ!

 歌詞が重要なので、
 アレンジはロック調の曲がバラードになっていたり、
 原曲とはかなり違ったりするんですが、
 ビートルズ好きのボクとしても全く違和感を感じない、というか、
 そうかぁ、この曲はこんな歌詞だったのかぁ~、と、
 その深みを再認識させられたり、その解釈になるほど!と新発見したり。

 それに、これを作った人たちは、かなりのビートルズ好き、
 あるいは相当ビートルズを研究したようで、
 すごく細部までこだわっているな、という感じです。

 全体の世界観がビートルズっぽい!!

 ストーリーは、舞台背景がビートルズが活躍した1960年代というだけで、
 ビートルズとは全く関係ない筈なんですが、
 全体の世界観、細部の展開が、実にビートルズ的。
 初期のキャバーンクラブでのライブから、
 中期のサイケの時代を経て、ルーフトップ・ライブまでの流れが何となくあったり、
 ジョン・レノンが描く白と黒のリトグラフ的センスや、
 ジョンの美術学校時代の友人で、ビートルズデビュー前メンバーでもあり、
 21歳の若さで亡くなったスチュアート・サトクリフの
 赤を基調としたアートなセンスなどがあったりして、
 ビートルズ好きにはたまらなく良くできているんです。

 さらに、映像が素晴らしい!!

 ビートルズでいえば、
 映画の「マジカル・ミステリー・ツアー」、アニメの「イエロー・サブマリン」、
 さらに「レット・イット・ビー」(パロディーかオマージュか)
 それにデビュー前のビートルズを描いた「バック・ビート」、
 さらには「ジョン・レノンの僕の戦争」などの要素を取り入れた感じで、
 サイケだったり、反戦だったり、
 一方で、ダンスがすごくて
 マイケル・ジャクソンのプロモーション・ビデオのようでもあり、
 一部はアート作品のような展開もあったりして、
 それでいて、しっかりとラブ・ストーリーと友情が描かれているという、
 まあ、実に良くできた作品です。

 調べてみると、監督のジュリー・テイモアという女性は、
 ブロードウェイミュージカル「ライオン・キング」の演出家としても知られる
 天才肌らしいですね! (なるほど、それらしい造形物も登場しました)

 いやぁ~、お見事!素晴らしい!!ありがとうございました!!
 そういう言葉しか出てきません。  

 久しぶりに「我が意を得たり」という、いい作品に出会ったという感じです。

by acogihito | 2011-01-10 22:32 | ☆その他 | Comments(0)  

<< お知らせ 「アンジュナがテレビに!」 2011年 今年の目標 >>