<< ゴールデンウィークはギターを抱...      隙間を埋めてくれたCD >>

南澤先生直伝レッスン “SP-9~10” 『左手の小指 と 右手の薬指』

c0137404_22434067.jpg

 南澤先生の演奏をよく見てみると、
 左手は「小指」を、右手は「薬指」を器用に使っているのが分かります。

 左手の方は、小指じゃなくてもできるフレーズもあるんですが、
 ボクは今、あえて先生と同じ指使いに挑戦中です。

 課題曲は、「やさしさに包まれたなら」と「トップ・オブ・ザ・ワールド」。

 「やさしさに包まれたなら」の方は、パッと聴くとそれほど難しく感じないんですが、
 ボクにとってはいくつかの鬼門があって、例えば左手は小指で綺麗なプリングオフ、
 右手は中指が2弦を消音したまま、人差し指3弦、薬指で1弦を弾くなど、
 様々な課題がちりばめられた曲なんです。

 同様に「トップ・オブ・ザ・ワールド」にもいくつもの課題があって、
 この課題部分、特に小指や薬指の器用な使い方に関してを克服できれば
 他の曲も楽に弾けるようになるだろうと思って、
 一生懸命やっているところなんです。 

 う~ん、この2曲はいい練習になるし、弾いていても楽しい!
 さらに上手く弾けると嬉しい!!と3拍子揃っています。

 先日のレッスンの時は、先生と合わせて、一緒に弾いてみました。

 数々の問題を別にすれば、
 先生と一緒のペースで合わせて弾けるようになっているというだけで、
 以前に比べて随分進歩したものだと思っています。


 ところで写真は、南澤先生が弾く、ボクのヨコヤマギター
 初めて自分のギターの音を正面から聴きました。
 繊細な響きの先生のヨコヤマギターと比べると、
 中低域がもっと太くパンチがある感じで、
 ソロ・ギターでも「天国への階段」「ボヘミアン・ラプソディー」など
 ロック系の曲が好きなボクとしては、満足しています。

by acogihito | 2011-05-01 23:09 | ★アコギ関連 | Comments(8)  

Commented by 必着仕事人 at 2011-05-02 23:34 x
頑張ってますね~♪♪♪

負けてられん(汗)
Commented by のぶぞ〜 at 2011-05-02 23:39 x
ココではご無沙汰ですm(_ _"m)ペコリ

"右手は中指が2弦を消音したまま、人差し指3弦、薬指で1弦を弾く"
こんなことが出来るのですか?!

今やってみましたが、到底出来そうに無いです(T^T)
Commented by acogihito at 2011-05-02 23:49
必着仕事人さま、こんばんは!

ご無沙汰しております!!

マイペースながら、地道に頑張っていますよん!!
Commented by acogihito at 2011-05-03 00:12
のぶぞ〜さま、こんばんは!

サビの「♪やさしさにぃ~包まれたならぁ~きぃっとぉ・・」
の「包まれたな」の部分なんですが、
コードでいえばAmなんですが、
左手の都合で2フレットを人差し指1本で4弦までセーハして、
中指、薬指、小指はメロディーを奏でるところがあるんですが、
2弦が鳴っちゃうとAになっちゃうので、
右手の中指で2弦を消音しつつ、
人差し指で3弦、薬指で1弦、親指で5弦4弦を弾く
(要は中指を消音のため固定して、あとは普通に動く)
という弾き方を南澤先生はするんですよね。

まあ、2弦を鳴らさなければ、
無理してそんな苦しい弾き方をしなくてもいいとも言われたんですが、
どうせならそのように弾けるようになりたいと思って練習しているところで、
だいぶスムーズに弾けるようになってきました。


Commented by あきまる at 2011-05-04 13:56 x
やはり地道な練習の積み重ねが大切なんですね。

ところで、南澤先生に目の前で自分のギターを弾いてもらって、その音が聞けるというのは実にうらやましいです。「中低域がもっと太くパンチがある感じ」といのはローズウッドの特徴になるでしょうか。
Commented by acogihito at 2011-05-05 09:13
あきまるさま、おはようございます!

地道な練習を、地道な練習と思わず、その瞬間も「楽しむ」ということが
大切なんだろうと思いますし、そうしています。

何せ今は「ギターを弾いている」ということが楽しいですね!

それから、「中低域がもっと太くパンチがある感じ」というのは、
恐らく「ローズウッドの特徴」の一つでいいんだろうと思っています。
マホガニーとの比較の場合ですが・・・。
Commented by まっちゃん at 2011-07-08 23:37 x
acogihitoさん、はじめまして。沖縄でソロギターを弾いているまっちゃんと申します。ソロギターの事を調べていたら、このブログに行き着きました。

自分も「ソロギターのしらべ」持っています。南澤先生は本当にギターが上手ですごいですよね。いつも度肝抜かれています。

やさしさにつつまれたならは、確かジブリシリーズにはいっていましたよね?自分も好きな曲の1つです。

きれいなブログで感動しました。自分もブログやっているので、お暇な時にでも遊びに来てください。

ソロギターを初心者からはじめよう!
http://soroguitar9.blog10.fc2.com/

また遊びに来ますね♪

Commented by acogihito at 2011-07-09 00:21
まっちゃんさま、初めまして!
コメントありがとうございます。

南澤先生は、メロディーを非常に大切にするだけでなく、
本来ならそこに乗る「歌詞」も気にされているようです。

ある曲のある部分について質問すると、
よく「その部分の歌詞はなんでしたっけ?」と言いながら教えてくれるので、
歌詞による歌い回しも考えてメロディーを弾いていらっしゃるので、
素敵なんだなと感じ入ります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

<< ゴールデンウィークはギターを抱... 隙間を埋めてくれたCD >>