<< 教則本好き      祝! ギター・マガジン30周年 >>

いいですねぇ!中川イサトさんのニューアルバム『Sketch 』

c0137404_183248.jpg

 帯に『気がつけば何回もリピートして聴いてしまう。最高です。』と、
 押尾コータローさんのコメントが掲載されているんですが、まさにその通り!

 中川イサトさんのニューアルバム『Sketch 』、すごく気に入っています。

 なんて言うか、最近、ちょっと静かな、というか、まったりとした癒し系というか、
 何となく、そういう音楽が聴きやすくて良く聴いているんですが、
 このアルバムは、まさにそんな感じで、すごく聴きやすくていいんですよね。

 特徴としては
 全編にわたり生ギターでの「和」のサウンドにこだわっているので、静かな印象で、
 音数も決して多くはないものの、一音一音に無駄がなく、
 深みがあって、渋く、シャープなんですよね。

 びっくりするような派手さはないものの、それが逆に凄くいい。
 「ギターで演奏しています」という意識をさせないというか、
 塊として音楽になっているという感じで、
 ある意味で、超越したソロ・ギター・アルバムという印象です。


 約6年ぶりのニューアルバムということなので、
 ボクがソロ・ギターの練習を始めてから、
 初の個人名義のソロ・ギター・アルバムになるんですよね。

 この間に現在CDで手に入るイサトさんのアルバムはすべて買い集めました。
 ライブにも何度も足を運んだんですが、
 そうすると昔のアルバムとはだいぶ音が違うなという印象で、
 それが「和」のサウンドだったんです。

 ですから、古い曲より、「和」のサウンド用に作った新曲の方が
 ライブでも断然良くて、生き生きと聴こえてたんですよね。

 特にアルバムにも収録されている「蒼空」という曲を
 初めて聴いたのは4年ほど前だったでしょうか。

 とにかく、その蒼の深みと広がりを感じるような曲と音と演奏で、
 「ギター1本でこんなにも情景が描けるんだなぁ~」と感心した記憶があります。
 
 そうした曲たちが1枚のアルバムになって、静かに語りかけてくれるようで、
 今のボクにはぴったりのCDになりました。

 イサトさんも年齢を重ね円熟味を増した結果のこのアルバムなんでしょうが、
 それを聴くボクもそういうサウンドを好むようになってきてるのかもしれません。

 良いアルバムと出会えました。
 ありがというございました!

by acogihito | 2011-05-15 18:34 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by のぶぞ〜 at 2011-05-15 22:51 x
良いですよね♪

ホントいいんです( ̄▽ ̄)b

だれかのライナーノーツみたいに、何度でも聴けますよね。
Commented by acogihito at 2011-05-15 23:34
のぶぞ〜さま、こんばんは!

いや~、ほんとにいいですね!
毎日聴いています

派手ではないけど、すごく味わい深い。
一音一音に無駄がなく、奥が深い。
大したもんです。
Commented by おざわ at 2011-05-16 19:13 x
振動装置の検索をしていたら、発見致しました。
はじめまして。おざわと申します。

その後、振動装置はつかっていらっしゃるのでしょうか?
トピックと違い申し訳ありません。

今後とも楽しく読ませていただきます。
宜しくお願い致します。
Commented by acogihito at 2011-05-16 20:10
おざわさま、初めまして。
書き込みありがとうございます。

振動装置は、その後、「楽器熟成機器」として
日本でも発売されるようになりました。
   ↓
http://www.wondertone.co.jp/tonerite/tonerite.html

ボクのブログがきっかけになったようです。

で、その後ですが、
実はもう少ししたらレポートを書こうかと思っていたところで、
ボクにとっていい感じ。
定期的に使っています。

なんていうか、その日はじめてバッと弾いた時、
「おっ!いい感じ」という印象なんですよね。

まあ、フィンガーピッキングの場合、
爪の具合も整えてないと良くないんですが、
そんなのも踏まえても、
やっておくと弾いたとき
「おっ!いい感じ」と思えるというのが
今のボクの印象です。
Commented by おざわ at 2011-05-17 11:12 x
toneriteは、先日御茶ノ水で使用されているのを見て、はじめて知りました。
楽器全体が揺れているのを感じて
かなり革命的でした^^

その、おっ!いい感じ というのを実感してみたいです。

あこ ぎひとさんが最初に実験されていた、
貼り付けるスピーカーの方が
実際に弾いているニュアンスを細かく楽器に伝えることが出来、
ギターらしい音に仕上がるのかなぁとも思いました。

どちらも似たような結果でしたか?
Commented by acogihito at 2011-05-17 22:08
おざわさま、こんばんは!

へぇ~、それはデモとしてやっていたんでしょうかねぇ??

えっと、まずお断りしておきたいことは、
その「おっ!いい感じ」というのはあくまでボク個人の感想で、
これは人によって捉え方がかなり違うと思います。
ギターによっても違うでしょうし。

で、ボク個人の感想を言わせてもらえれば、
結果はどちらも似たような感じですね。

厳密に言ったらいろんな周波数の音で
ゆすってやった方がいいんじゃないかなとも思うんですが、
結果に違いが分かりませんでした。

そう考えるとToneriteの方がいいかな?と思います。

というのは、貼り付けスピーカーで
ギターを弾いているくらいに振動させるには、
弾いているくらいの音量にする必要があって
これは結構うるさくて大変でした。

その点、Toneriteは静かですから。

<< 教則本好き 祝! ギター・マガジン30周年 >>