<< まさに『バターチキンとギターの会』      ミュージックランドKEY渋谷店... >>

ふるさと


 南澤大介先生が演奏する「ふるさと」です。

 東日本大震災以来、多くのアーティストが被災地を憂い、応援の気持ちを込めて、
 この「ふるさと」を演奏する姿を目にし、耳にしました。

 そんな中で、ボクには南澤先生の演奏が一番、
 「ふるさと」のメロディーの持つ「ちょっと切ない部分」を
 アコースティック・ギターの音色と響きを最大限に生かしながら、
 震災に対する気持ちとして表現していると感じています。

 ところで、この「ふるさと」ですが、
 歌詞を見ると、「兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川・・」と、
 まず始めに、「人」ではなく、「景色」を歌っていますが、
 やっぱり「ふるさと」っていうのは景色とか風土で感じるものなんでしょうかねぇ?

ふるさと_c0137404_6465327.jpg

 実は先日、仕事の関係で、埼玉県の所沢市方面へ行くことがありました。

 所沢には子供の頃の、
 小学校1年生の10月頃から、中学校1年の夏ごろまで、
 約6年間住んでいたんです。

 当時の最寄り駅は、この写真の西武新宿線「新所沢」駅。
 
ふるさと_c0137404_6504575.jpg

 走っている電車も、駅舎も、当時の面影は全く無いので、
 「この辺りに昔住んでいたんだなぁ~」という感慨は無かったんですが、
 この「新所沢」駅から、ひとつ隣の「入曽」の駅に向かっていくと、
 車窓からの景色がだんだん見覚えのある雰囲気になってきたんです。

 そして・・・。

ふるさと_c0137404_6542375.jpg

 おおっ、見えましたっ!
 線路脇に立つ「所沢市立西富小学校」!
 ボクが通った小学校です!!

 何年ぶりでしょうか?
 20年とか、30年、あるいはそれ以上に久しぶりに見た母校の姿です。

 奥の4階建ての部分はボクらが通っていたころに増築されたので、築40年くらい、
 3階建の部分は50年近く経っているんでしょうか?

 耐震補強の筋交いが入って、痛々しいというか、ゴツゴツした感じになっていますが、
 ボクらが通っていた校舎が今でも元気に残っているというのは嬉しいもので、
 当時のいろいろな情景が思い浮かんできました。


ふるさと_c0137404_755356.jpg

 そして「入曽」(狭山市)の駅に着くと、
 どこからともなく、ぷ~んと醤油を焦がした香ばしい、いい香りが漂ってきました。

ふるさと_c0137404_7132693.jpg
 
 そうそう、このあたりというか、西武線沿線は、
 しょうゆだれの焼き団子が名物というか、よくあったよなぁ~と嬉しくなり、
 朝から1本頂いてしまいました。

ふるさと_c0137404_715453.jpg

 「新所沢」駅周辺は近代化されたというか、今風に随分変わっちゃったようなんですが、
 この「入曽」駅周辺は、いい意味で田舎っぽいというか、
 ボクが住んでいたころの所沢を含む、このあたり「武蔵野」の面影が残っているようです。

 ちょっとした「ふるさと」への小旅行気分!

ふるさと_c0137404_7225641.jpg

 少し歩くと、またまたいい香りがしてきました。

 お茶を煎っているんでしょうか??
 お茶のすごくいい香りが漂ってきます。

 そうそう、このあたりは狭山茶の産地ですからね。

 子供の頃もお茶畑の中道を通って学校に通ったようなもんでした。

 ちょうど今が新茶の生産の時期なんでしょうね~。


ふるさと_c0137404_727958.jpg

 そうして仕事を終えた夏の夕暮れ・・。

 そういえば、宮崎駿の「となりのトトロ」って、
 このあたり、所沢を中心とした「武蔵野」が舞台ですよね?

 そう思うと、仕事で行った近くの大きな家の脇に立っていた大きな欅の木が
 トトロの木のように見えてきました。

ふるさと_c0137404_7304114.jpg

 夕方の西武線。
 ボクの記憶にもある「黄色い車両」は、ネコバスかな??

ふるさと_c0137404_7315536.jpg

 仕事で、たまたま行っただけ、ちょっと景色と風土に触れただけなんですが、
 何となく、独特の懐かしさというか、親しみというか、
 やさしさに包まれた感じが「ふるさと」という感覚なんでしょうかねぇ~~?

 サラリーマンの息子として、子供の頃は、首都圏を何回か引っ越したボクには
 「ふるさと」という正確な感覚が分からないんですが・・・。


ふるさと_c0137404_7384145.jpg

 さて、地元の千葉県千葉市花見川区の「新検見川駅」に帰ってくると、
 駅のコンコースの片隅で、開業60周年の写真展が開かれていました。

 昭和26年、1951年開業ですか。
 ボクがこっちに引っ越してきたのが、1973年頃。
 もう38年もたっているんですねぇ・・・。
 引っ越してきた頃は、新検見川ができて、まだ22年目の頃だったんですねぇ・・・。
 その時から、今の方が長いなんて、恐ろしい時間の流れ・・・。

 う~ん、なるほど。
 住んでいる期間は圧倒的にこっち(千葉)の方が長いんですが、
 「ふるさと」というのは、子供の頃(小学生)に過ごした場所、
 感じたことが、なるものなんでしょうか??

 「兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川・・」じゃないですが、
 ボクには子供の頃、所沢のトトロの森のような
 武蔵野の雑木林の中で、
 木登りしたり、クワガタを捕まえたり、
 秘密基地を作ったりして遊んだ記憶が強烈に残っていて、
 たった6年間住んでいた所沢に「ふるさと」を感じてしまうようです。

ふるさと_c0137404_738558.jpg
千葉に引っ越してきた時、新検見川はまだこの古い駅舎でした。


ふるさと_c0137404_739486.jpg

by acogihito | 2011-07-17 07:59 | ☆その他 | Comments(9)  

Commented by おかず at 2011-07-20 21:48 x
おつかれっ いいねぇ。おいらもたまには、大宮周辺に行ってみたいと思うよ。20歳の頃小学校の同総会で行ったきりだから、かれこれ30年行っていない。こないだ新幹線で通った時は食い入るように車窓を見たもんですよ。

で、新検見川ね。当時は、今の島型ホームではなくて、線路の両脇にホームが有った。で、踏切を渡らないと上りのホームに行けなかった。とても不便だったね。でも、途中には、大判焼きの店が有ったり、なかなか魅力的だった。ずーと101系の低床式だったから、写真の103系高床運転台が導入された時は嬉しかったね。非ATCだけどね。だから、総武線イエロー電車と言うと101系103系だね。おれの場合。でも201系もこうやって見ると良いね。
Commented by 寿 at 2011-07-21 00:02 x
「いいね!」です。。
実は約20年前西武池袋線のひばりヶ丘と新宿線の田無の間くらいに
3年間住んだことがあります。確かに「武蔵野の面影」ってあったと思います。
夕暮れ時の写真を拝見すると下宿の近くの夕暮れ時を思い出します。
なんか懐かしい感じがします。

小手指の駅の近くを歩いたことがありますが
お茶畑はたくさんありましたが煎り小屋は存じませんでした。
醤油団子も名物だったなんて。食べときゃよかった。

ところで新検見川駅60周年記念切符は
早朝から行列ですぐに売り切れたみたいですね。
僕も子供のころの不便な検見川駅体験しました。
踏切は開かずの踏切でした。下りのホームは土手でした。
西友ができるまでは平和銀行が一番大きな建物だったような。
Commented by acogihito at 2011-07-21 07:52
おかずさま、寿さま、コメントありがとうございます。

それぞれのコメントがいつもよりちょっと長めなのが、
「やっぱり想い出があると長くなるんだな」と思って嬉しくなりました。

Commented by acogihito at 2011-07-21 08:06
おかずさま、

そうそう、おかずも埼玉だだもんね!

ボクは今の209系、E231系が総武線に一番初めに導入された時は、
「総武線もようやく一流になったかな?」と感じて嬉しく思いました。

古い電車では101系が好きでした。

ちょうど千葉に引っ越してきた中1の頃、
当時は西武戦に黄色い電車が走り始めたころで、
101系と似たような車両もあってとても親しみやすかったです。

そう、今度、大宮の鉄道博物館にでも行きましょう!
Commented by acogihito at 2011-07-21 08:08
寿さま、

あら、寿さんも西武線沿線にお住まいになったことがあるんですね??

小手指ですか、
sこには西武戦の操車場(車両基地)があって、
小さい頃はそこまで自転車で行って電車を眺めてました。

「となりのトトロ」の舞台が東村山から所沢一体の「武蔵野」と聞いてから、
西武線沿線がグッと「いいところ」という感じがしてきましたよね!

同じ埼玉でも、おかずのいた大宮は「武蔵野」ではなく、
でも田無あたりの木の生え方は「武蔵野」で、
やっぱり西武線沿線の風土なんですよね。

それから、新検見川60周年記念のイベントはそんなに盛り上がったんですね?
ボクとしては、記念切符より、新検見川の駅名表示型の携帯ストラップが欲しかったなぁ。

ところで、寿さんは、西友が建つ前の新検見川をご存じなんですね??
ボクが引っ越してきた頃には既にあったので、おかず、ボク、寿さんの中では一番長いのかもしれませんね。
Commented by クーデルムーデル at 2011-07-26 09:03 x
なつかしいです。大学時代から足かけ12年ほど所沢市民でした。新所沢界隈で飲み歩いたり、航空公園でジョギングしたり、所沢の男声合唱団で毎週練習に励んだりなど所沢には私の青春がつまっています。

新所沢も随分と様変わりしたようですね。駅前の魚屋のおじさん元気かな~。

またおじゃまします。
Commented by ジョニ at 2011-07-26 12:33 x
所沢は地下水だから水がすごく美味しかった記憶があります!!

Commented by acogihito at 2011-07-26 22:42
クーデルムーデルさま、こんばんは!

あら、そうなんですね!
所沢で青春を謳歌されたんですね!!

ボクが住んでいたころは航空公園の駅はまだない頃だったんですが、
小学生時代の友人のその後などを見ると、
「そのまま所沢に住んでいたらどんなだったろうな?」と、
もうひとつ別な人生を想像してしまいます。

Commented by acogihito at 2011-07-26 22:45
ジョニ殿、どうもです。

確かに所沢の水道水は美味しかったですね。
今はどうなんでしょうね??

地盤沈下の話を聞いたことがあるような。
今も継続して地下水なんでしょうかねぇ。

<< まさに『バターチキンとギターの会』 ミュージックランドKEY渋谷店... >>