<< 南澤大介先生の「ソロ・ギターの...      まさに『バターチキンとギターの会』 >>

「ソロ・ギター」と「水彩画」

c0137404_14102697.jpg

 奥津国道さんの『水彩画プロの裏技』。

 この本の水彩画、
 つまり、「奥津さんの水彩画」を見た印象は、
 「南澤先生のソロ・ギター」を聴いた印象と、とてもよく似ています。

 水彩画らしいタッチの絵でありながら、
 本物の雰囲気を写し取って、とても良く表現されています。

 南澤先生アレンジのソロ・ギターもそうですよね。

 原曲の雰囲気を巧みに写し取って、ギター1本で弾けるようにアレンジされています。

 またこの本には
 30カットほどの絵が掲載されていて、その描き方を教えてくれています。
 「ソロ・ギターのしらべ」と同じ感じですよねぇ~。

 どちらもやさしいタッチで心地良く、自分もこんなことができたら、
 (こんなギターが弾けたら、こんな絵が描けたら)、いいなぁ~と思ってしまいます。

 「10年後には上手くなっていたい」と始めたソロ・ギターですが、
 「10年が過ぎたら、水彩画も習いたいなぁ~」などとと思っています。

 そして、その後は、
 ギターと水彩画セットをクルマに積んで、日本中を旅するというのはどうでしょう?

 なんか、スゴイ作品が作れちゃったりして??

 う~ん、ワクワクしますねぇ!

 夢が膨らみます。
 

by acogihito | 2011-07-30 14:30 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by あきまる at 2011-07-30 14:39 x
あこぎひとさん、こんにちは。
この画家の方は知りませんでしたが、写真の二冊の表紙を見るとあこぎひとさんのおっしゃることがわかるような気がします。
『ギターと水彩画セットをクルマに積んで、日本中を旅する』、いいですねぇ、そういう旅。
Commented by acogihito at 2011-07-30 23:27
あきまるさま、こんばんは!

そうなんですよ、
機会がありましたら是非、本屋さんで見てみてください。
とってもアコースティック・ギターに似合う絵だと思います。
Commented by 必着仕事人 at 2011-07-31 11:11 x
水彩画やってみたいな〜って思ってたんです!

本屋に行ってこよ〜っと♪♪♪
Commented by acogihito at 2011-07-31 21:23
必着仕事人さま、こんばんは!

おや、必着さんもですか??
やっぱりソロ・ギターを好きな人は、「水彩画」も気になるという、
何か共通するものがあるんでしょうかねぇ??

<< 南澤大介先生の「ソロ・ギターの... まさに『バターチキンとギターの会』 >>