<< 『22才の別れ』 35年目のリベンジ      南澤大介先生の「ソロ・ギターの... >>

敬意を表します!

c0137404_1026087.jpg

 あれっ?そう言えば…。

 実は「アコースティック・ギター・マガジン」、買い忘れてました。
 定期購読していたはずなんですけど、前号で切れちゃったんですね、きっと。
 で、あわてて、今頃買った「アコースティック・ギター・マガジン Vol.49」。

 いや~大したもんです。

 今まで、ギター関係の雑誌や本はずいぶん買いましたけど、
 ここまでギターの素材である「木材」を徹底的に特集したものは見たことがありません。
 しかも、実は今、ボクもちょうど「木材」について、興味がわいているところで、
 まさにタイムリーなんですよね。

 楽器屋さんやギター製作関係の方など、様々な方とお話をする機会を持つうちに、
 徐々に木材についての知識は付きつつありますが、
 基本的な部分、常識的な部分、歴史的な部分は何も分かっていないので、
 この特集は本当に役に立ちました。

 ギター雑誌なのに
 ギターの奏法や練習法の記事などより、はるかに役に立ったという感じ!

 大したもんです、「アコースティック・ギター・マガジン」! 
 こういう特集を組もう!と決めた編集者に感謝と敬意を表したいと思います。
 ありがとうございました!

by acogihito | 2011-08-14 10:35 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by kosaka yuko at 2011-08-16 10:31 x
とっても素敵な特集ですよね〜!

漠然と捉えていた材との距離が近くなるといいますか。
さまざまな切り口から材を見ていく視点も面白くて、読む毎に発見ありです。

またこれがタイムリーだったのですね、こういうタイミングってとても嬉しくなりますよね。
ドラえもんの暗記パンで記憶してしまいたいほどです(^v^)/

Commented by acogihito at 2011-08-16 15:16
kosakaさま、こんにちは!

コメントありがとうございます。
ギターを改めて興味を持つようになってから、
「木」についても興味を持つようになってきました。

それまではプラスティックや金属のように
きちっと成形されたものが好きだったものが
「木」という、少しアバウトな感じでできているのが
気になってきているんですよね。

さらにギターそのものの「材」にも興味が出てきまして、
見た目の美しさと、その組み合わせや音の違い、
あとはコストパフォーマンス。

ちょうどそこにこの特集ですから!まさにタイムリー!!
大阪で開かれるサウンドメッセにもぜひ出かけて、
いろいろなギターを見てみたいと思っているところなんです。
南澤先生も参加するようですし、
kosakaさんもいらっしゃいますか??
もしいらっしゃるのならお会いできるといいんですけどね。

<< 『22才の別れ』 35年目のリベンジ 南澤大介先生の「ソロ・ギターの... >>