<< クワイエット・ギター(Quie...      まだ一度もジャスティン・キング... >>

西荻カルチャーカフェ「カントリー・ブルース・ギター講座」

c0137404_1012486.jpg

 10月29日(土)、
 東京・西荻窪にある「アコースティック・カフェ」という素敵なお店で開かれた
 「西荻カルチャーカフェ」というイベントの
 「ロバート・ジョンソン生誕100周年記念/カントリー・ブルース・ギター講座
 に参加してきました。

 講師は、打田十紀夫さん!

c0137404_1016192.jpg

 いや~、ボクにとっては、最高のイベントでした!

 本格的なブルースというのは、ボクにとっては、まだちょっと濃すぎるんですが、
 ビートルズやエリック・クラプトンなどロックを聴いて育ってきた身としては、
 そのルーツである「ブルースの根源」には興味はあるんですよね。

 しかも、ソロ・ギターを始めるようになって、
 クラシック・ギターとは違うギター奏法の発展の歴史としてのブルースにも
 とっても興味があるんです。

 今回のイベントは、まさにそんなボクにぴったりのものでした。

 ミシシッピ・デルタ・ブルース、テキサス・カントリー・ブルース、
 メンフィス・ブルース、イースト・コースト・ブルース。
 奏法として、オルタねいティング・ベース奏法の発祥の由来、
 それに対してのモノトニック・ベース奏法の意味などなど。

 打田さんの軽妙なおしゃべりと共に、実演としての演奏。

 いつもだとやや敬遠しがちな泥臭いブルースも、
 解説付きで聴くと「なるほどなぁ~」と、
 とてもアカデミックで奥深いものを感じながら聴き入ることができます。

c0137404_10244560.jpg

 さらに打田さんはこの10月、
 ブルース発祥の地であるアメリカのミシシッピ州で開かれた
 「ロバート・ジョンソン生誕100周年記念フェスティバル」に出演。
 そのエキサイティングな旅の様子をいち早くスライドで紹介してくれました。

 ブルース誕生の話を聞いてからのスライド・ショーなので、
 こちらもルーツの旅に出かけたかのような臨場感で、
 ワクワクしながら見させていただきました。

 時間にして3時間にも及ぶ講座だったんですが、
 ギター演奏あり、興味深い話あり、軽妙な話術による笑いあり、
 アカデミックでアーティスティックでアコースティックな
 最高の時間を過ごすことができました。

 打田さん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

 こうしたイベントは今後も企画されるようなので、
 次回も是非、伺いたいと思います!

c0137404_10303049.jpg

by acogihito | 2011-10-30 10:30 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by こ~じ at 2011-10-30 18:18 x
あこぎひとさんはいろんなイベントに参加してて
楽しそう^^

広島でもあるのかなぁ?

楽器店とかに行けば教えてくれるのかな。
Commented by acogihito at 2011-10-31 00:50
こ~じさま、こんばんは!

そうですね、アコギの、それもソロギのこの手のイベントやライブって、
規模が小さいものが多いので、
けっこう積極的に探すように気にとめてないと、
見落としちゃうことが多いですよね。

でも、探し当てはじめると、連鎖的に見つかってくるもんです。

また、けっこう遠くまでも出かけて行ったりしています。

お店に聞いたり、ネットで調べたり、
いろいろ探してみるといいかもしれません。

<< クワイエット・ギター(Quie... まだ一度もジャスティン・キング... >>