<< 「ジェリスト」 これはギタリス...      南澤大介先生の「ソロ・ギター・... >>

充実の2日間 (MIKIミュージックサロン発表会)

c0137404_9442717.jpg


 6月24日(日)、大阪のMIKIミュージックサロン心斎橋
 「南澤大介先生 ソロ・ギター講座 2012年上期発表会」に参加してきました。

 今回は1泊しての2日間。
 いや~、ホント、充実した時間を過ごすことができました。

 まず、初日は「せっかくいらっしゃるんなら」と、
 ギター仲間の必着仕事人さんがお好み焼き屋さんに案内してくれました。

 それは繁華街からはずれたところにあるお好み焼き屋さんなんですが、本当に美味しい!!
 お好み焼きがこんなに美味しいものだと始めて認識しました。
 やっぱり地元の通に案内してもらえる違いますね。
 必着さん、ありがとうございます。


 そして発表会。
 ボクはこの発表会に伺うのは6回目。
 そして演奏させていただくのも3回目になります。
 ホント、ありがたく嬉しく楽しく、そして緊張感のある気持のいい時間なんですよね。

 老若男女、上手い人もそうでもない人も、ひとつのことに向かって一生懸命。
 老若男女、上手い人もそうでもない人も、ギター好き、ソロ・ギター好きという意味では平等。
 そしてコンテストではないから人と競うのではなく、
 自分自身が普段の練習のように弾けるかどうかなので、自分に厳しく人にやさしい。
 さらに同じ経験をした仲間意識。
 何とも平和で、その中にも凛とした空気があって、いい雰囲気なんです。

 やっぱりこれはソロ・ギターならではの、
 そして、南澤先生ならではの空気感なんじゃないでしょうか?

 この雰囲気が良くて、
 今年は千葉にも同じようなソロ・ギター教室を開いてもらうよう有志と共にお願いして実現。
 来週には小規模ながら同じような雰囲気を目指して発表会&懇親会を行うんですが、
 この空気感を広げたいですね!!  

 あ、ところで、演奏の方なんですが、
 やっぱり普段の70%弾けたかどうかというところですね。
 なかなかうまくいかないもんです。
 ちょっとした緊張が、ダイレクトに指に伝わってしまうんですよね。
 でもま、それが実力ですから、次にまた頑張ります!

 
 さて、発表会の後は懇親会。
 今回は泊まっていくつもりだったので最後までいることができ、
 みなさんとゆっくり話すことができて、これまた充実。

 翌日はミュージックサロンのSさんにブランチをご一緒してもらい、
 その後は京都に立ち寄り大原を散策。
 わずかでしたが、静かに流れる時間と空間を味わうことができました。

 いやぁ~、本当に充実した2日間でした。
 南澤先生、ミュージックサロンのSさん、必着仕事人さん、
 そしてみなさんに感謝です。ありがとうございました。

 また、どうぞよろしくお願いいたします。

c0137404_10242797.jpg

by acogihito | 2012-06-26 10:30 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by 越中のソロギスト(T.M) at 2012-06-28 12:24 x
本当に楽しい雰囲気が伝わってきます。
ご自身は、何を演奏されたのですか?
Commented by acogihito at 2012-06-28 18:14
越中のソロギスト(T.M)さま

こちらへのコメントありがとうございます。
曲目、書いてなかったですね。
「あの日にかえりたい」です。

この日は、もう一方「あの日にかえりたい」を演奏された方がいて、
終了後の懇親会では、あそこは難しいだとか、やっぱり同じところでつっかえますねとかで盛り上がりました。

大阪でのレッスンは、
大阪だけでなく愛知県からの方も3人いらっしゃり、
来期は石川県からの方もいらっしゃるようです。
ということは、無理をすれば越中からも??
Commented by 必着仕事人 at 2012-06-28 22:56 x
少し歩かせて悪いかな〜って思ってたのですが・・・
いや〜お好み喜んで頂いて嬉しいです!

ソロギ・ワールドの活性に微弱ながら協力しますんで、これからもヨロシクね〜(#^.^#)
Commented by acogihito at 2012-06-29 00:19
必着仕事人さま、こんばんは!

いやぁ~、ホント、美味しかったです。
お好み焼きも含め、粉物と呼ばれるものは嫌いではないんですが、
むっせりした感じがあって途中で飽きちゃうことが多いんですが、
全然そんなことが無かったですもんねぇ~。
ありがとうございます。また行きたいですねぇ~。

そしてソロギ・ワールド、活性化していきましょう!
これからもどうぞよろしくお願いします!

<< 「ジェリスト」 これはギタリス... 南澤大介先生の「ソロ・ギター・... >>