<< 右手指の「第二関節」に意識を集...      南澤大介先生のソロ・ギター・レ... >>

大したもんだよなぁ~、押尾コータローさん!

c0137404_16541343.jpg

 押尾コータローさんのニューアルバム「Reboot & Collabo」と、
 「10th Anniversary LIVE」のブルーレイ・ディスクを買いました。

 CDは再起動を意味する自身の演奏だけの「Reboot」と
 他のアーティストの共演の「Collabo」という2枚組。
 ブルーレイの方はデビュー10周年ライブとドキュメントと合わせて
 4時間半以上もある大作です。

 いやぁ~、それにしても押尾さんというのはやっぱり大したもんですね。

 ともすればキワモノ的、大道芸的で、
 一部のマニアックなアコギ・ファンしか注目していなかったような
 ソロ・ギターの特殊奏法で、
 すべての人から支持されるようなポピュラー・ミュージックを作り上げ、
 しかもそれを10年続けてきたことで、
 ソロ・ギターというジャンルもメジャーにしていってるんですもんねぇ。

 ブルーレイで10周年ライブの映像を見ると、
 やっぱり上手いし、曲もポップで分かりやすく、だからと言って安っぽくなく、
 しっかりとしていますもんねぇ。

 つくづく大したもんだと思ってしまいます。
 アコースティック・ギター1本でインストルメンタル・ミュージックを作り上げる
 ソロ・ギターをポピュラーにした第一人者ですもんねぇ。
 NHK-Eテレでも講座が始まりましたしねぇ。

 一方で、そうだとするなら我が南澤先生は、
 ポピュラー・ミュージックをギター1本で弾きこなすソロ・ギターの第一人者ですよね。

 ボクなどは「ソロ・ギターのしらべ」を聴いて、
 ギター1本で、こういうポピュラー・ミュージックをこうのように弾けるのか!と
 驚いたクチですからね。

 そんな、お二人の活躍で、この10年、
 アコースティック・ギターの魅力がより一層深まったような気がします。

 そして、今後もますますご活躍されて、
 その魅力をより多くの人に伝わったらいいなと思っています。

 ボクもその一助になれればいいんですけどね。


 

by acogihito | 2013-05-01 17:38 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 右手指の「第二関節」に意識を集... 南澤大介先生のソロ・ギター・レ... >>