<< 南澤大介先生のオリジナルCD ...      大したもんだよなぁ~、押尾コー... >>

右手指の「第二関節」に意識を集中するといいみたい

c0137404_1726118.jpg

 指の関節は先端から、一般に、第一関節、第二関節、指の付け根の関節。
 正式には、先端から遠位指節間関節、近位指節間関節、中手指節関節というそうです。

 さて、ソロ・ギターを弾く場合、右手の指はどの関節を動かすのがいいのか?

 
 ボクの場合、メインは第二関節、
 そして時に第一関節に意識を集中してい弾くのがいいみたいと最近思っています。
  (まあ、普通、当たり前のことなのかもしれませんが・・・)

 僭越ながら、今年に入ってから
 自分の演奏動画をYouTubeにアップしたりしてるんですが、
 それは以前に比べて、だいぶ良くなってきたなと感じているからで、
 以前と比べて何が一番違うかといえば、右手の指の動きなんですよね。

 以前は、もっとバタバタした感じでした。

 それは指の付け根の関節がもっと動いていたからだと思います。

 でも南澤先生を始め、
 上手い人は、右手の指の動きは案外小さいんですよね。

 そこで、去年の夏ごろからグーパーの動きの代わりに、
 付け根の関節を動かさずに第二関節と第一関節だけを曲げるように、
 その時、特に第二関節が曲がってるなぁ~と意識を集中させながら、
 開いたり閉じたりを、通勤の駅までの道などで繰り返していたりしたんです。

c0137404_17464958.jpg
付け根の関節は動かさないように曲げたり伸ばしたり


 さらに、薬指を中心に指をばらばらに動かす練習でも
 あんまり動きが大きくなくてもいいから変に力が入らないようにする練習もしました。

 そうこうしているうちに秋ごろからけっこういい感じになってきたような気がします。

 うん、指の付け根の関節から第二関節へ。
 さらに細かいフレーズは第一関節へ意識を集中するといいみたいです。

 意識は弦と当たる先端へ、先端へという感じなんですね。

 以前、テニス肘になって困った時もありましたが、
 それを乗り越えたら、ホント、嬉しく楽しい毎日です。

 ありがたいありがたい。
 これからも少しずつ精進していこうと思います。

by acogihito | 2013-05-06 17:52 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 南澤大介先生のオリジナルCD ... 大したもんだよなぁ~、押尾コー... >>