<< 南澤大介先生の「ソロ・ギター・...      いいね!「ルシアーズ・デザイン... >>

再認識!ヨコヤマギターの魅力

c0137404_2031518.jpg

 先週、5月18日(土)~19日(日)に開かれた
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス2013」には、2日間とも行けたので、
 ずいぶんゆっくりといろんなギターを見て回ることができました。

 そして、多くのギター個人製作家(ルシアー)の方が
 それぞれにデザインや細かいディティールにこだわって作られた
 たくさんの魅力的なギターを知ることができました。

 そうしたギターは、特にデザイン的には、
 大きく2種類のギターがあることが分かりました。
 ひとつは個性が強く、ユーザーがその個性に合わせていくタイプのギター。
 もうひとつはその逆で、ユーザーの個性に合わせていけるタイプのギター。

 で、思ったのは、ヨコヤマギターは後者だなと。
 何ていうか、無印良品のような感じがします。

 ボクのヨコヤマギターの場合、
 オガワ・インレイ・クラフトの小川さんに
 12フレットに名前のインレイを入れてもらっていますが、 
 それはやっぱりヨコヤマギターだからできることであって、
 元々12フレットにポジションマークが入っているギターだったら入れられないし、
 他にもインレイが細かく入っているギターだったら
 インレイのデザイン同士がぶつかり合ってしまうし、
 シンプルなヨコヤマギターだからこそ、
 小川さんのインレイも映えるんだなと思います。

 シンプル・イズ・ベスト。
 ヨコヤマギターズというアイデンティティーはしっかり持ちながらも
 さまざまなインレイのデザインも受け入れることができる。
 ヨコヤマギターズ大したもんだな、懐が深いなと
 今回のTOKYOハンドクラフトギターフェスで再認識した次第です。

 そして今回、
 小川さんに「あるデザインを考えてみてくれませんか」とお願いしたので
 それが上手くできたら、
 やっぱりヨコヤマギターに反映したいなぁ~と密かに思っています。
 そんなことを思えるのもヨコヤマギターの魅力ですよねぇ!
 

 まあ、まだまだだいぶ先の話だけど
 密かにまたワクワクしたい気分です。

 
c0137404_18373982.jpg
一人ひとりのために魅力的なギターを作ってくれる人たち

左から、ヨコヤマギターズの横山さん、オガワ・インレイ・クラフトの小川さん、
ワンダートーンの坂本さん

by acogihito | 2013-05-25 19:18 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by kidopapa at 2013-06-14 22:32 x
アコギヒトさん、はじめまして。
TDN-WR #292 (2010年D28プロジェクト参加作品)のオーナーになったものです。横山ワールドを楽しんでいます。小遣いがたまったら小川インレイさんに依頼したいと思っています。
Commented by acogihito at 2013-06-15 01:33
kidopapaさま、初めまして!
コメントありがとうございます。

あ、あのギターのオーナーさんなんですね!
横山さんのギターは、綺麗過ぎて傷ひとつ付けられないと神経質にならずに、
楽器として弾きこんであげたいと思えるところがいいですよね。

それから小川さんは、その作品もさることながら、
直接お会いすると、その人柄にも惹かれます。
機会があったら是非!!

また、今後ともヨコヤマギター・オーナーとしてよろしくお願いいたします。
Commented by kidopapa at 2013-06-18 22:59 x
アコギヒトさん、レスありがとうございます。
もともとはAircraft AC-5のオーナーだったんです。素晴らしい鳴るエレキで、作者の横山さんに興味を持ち、アコギを意欲的に製作されていることをしり、検索の挙句にTDN-WRにたどりつきました。マーチンを検討していたのですが、TDN-WRはマーチン以上でしたし、手の小さい自分にオーダーメードのようなネックの握り具合で虜になってしまいました。20年もののAC-5を委託し手に入れた次第です。
Commented by acogihito at 2013-06-19 14:40
kidopapaさま、こんにちは!
ボクはAircraft ACのことは最近になって知ったんです。
横山さんのギターは決して安いものではないですけど、
製作者の顔が見えるのがいいですよね!
マーチンなどの場合、ブランド名はあっても
誰が作ったかは見えないですもんね!
ボクもヨコヤマギターズの大ファンです。

<< 南澤大介先生の「ソロ・ギター・... いいね!「ルシアーズ・デザイン... >>