<< 南澤大介一門EAST 発表会&懇親会      初心を忘れず >>

革新も忘れず

c0137404_1444135.jpg

 リットーミュージック刊
 『ギター・マガジン MIYAVI Slap The Beat.』という本を購入しました。

 「ソロ・ギター」ではないし、「自分でも弾いてみよう」とは思わないんですが、
 ある種、最新のギター奏法(スラップギター奏法=昔はチョッパーベースとも呼んでいた
 スラップベース奏法をギター用に応用した奏法)なので、
 知っておいて損はないだろうなと思いまして。

 ちなみにスラップギターとはこんな感じです。
    ↓


 それに、この「雅 ‐MIYAVI- 」さん、とってもいいんですよね。

 この「雅 ‐MIYAVI- 」さん、もともとはビジュアル系ロックバンドの方だそうで、
 体中に入れ墨を入れていて、そういうのはあまり好きではないのですが、
 実はCDは何枚か持っていて、そのサウンド、演奏テクニックはもちろん、
 アーティストとしての姿勢もピュアで健気で、とっても惹かれるものがあるんですよ。

 今回の本にもDVDにもインタビューがあるんですが、
 音楽への取り組む姿勢がとっても素晴らしく好感が持てますね。
 随分、苦労もしてきたようです。
 入れ墨も衣装の一部、
 音楽に対する変わらぬ誓いのようなものかもしれませんね。

 こういう世界的に見ても今までにないタイプのギタリストが
 日本から出てくるのは嬉しいもんです。
 そしてもっともっと活躍して欲しいものですよね。

 ちなみにDVDにはテクニックの一端が紹介されているんですが、
 その採譜は南澤先生が担当されています。

 最後にボクが「こりゃすごい!」と思った演奏を!
 『SAMURAI SESSIONS vol.1』に収録されている
 三味線の上妻宏光さんとフラメンコ・ギターの沖 仁さんとのセッション曲 『HANABI』!
    ↓

by acogihito | 2013-06-28 14:24 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by 必着仕事人 at 2013-06-28 21:46 x
ギターと言えば、ストロークかアルペジオしか知らなかった世代には凄い奏法ですよね~!!!

これからも、驚かされる奏法が登場するんでしょうね・・・

ほんとギターって不思議な楽器だな~って思ってます♫
Commented by acogihito at 2013-06-28 23:31
必着仕事人さま、こんばんは!

同感です!
ホント、そうですよね!
ボクもギターといえばストロークかアルペジオ、
あとスリーフィンガーも知ってましたけど(笑)、
それしか知らなかった世代には、ホントビックリですよね!

ギターって、特にアコギって実はまだまだ発展途上の楽器なんですね。
今後の発展が楽しみ楽しみ!
Commented by kisimamu at 2013-06-29 21:48 x
 こんばんは。MIYAVIさんですか!!たしかアコギマガジンで押尾コータローさんがお薦めするギタリストで紹介されていましたね。

 最初見た時は衝撃的でした。ギターを叩いているとしか見えなかったので。でも、あのリズムチックでパーカッシブな音に魅了されました。

 今年のRock in Japan Fesにも登場しますね。
 
 MIYAVIさんに言わせると日本のロックな楽器は三味線だとのことです。
Commented by acogihito at 2013-06-30 00:41
kisimamuさま、こんばんは!
コメントありがとうございます。

MIYAVIさんのスラップギターは、
スラップベースのスタンリー・クラークやマーカス・ミラーなんかの奏法を
研究したそうですよね。

ボクもかつてバンドでベースを少しやっていたことがあるので、
スタンリー・クラークやマーカス・ミラーの奏法は気にしたことがあるんですが、
彼らの手は大きく、まるでグローブのようで、
これは同じことは手の小さいに日本人にはできない・・、
と思ったものです。

一方、 『ギター・マガジン MIYAVI Slap The Beat.』に掲載されている
MIYAVIさんの手を見ると、小さく細い感じなんですよね。

ということは逆に、これは手の大きい人にはできない奏法。
日本人だからできる奏法かも知れません。

<< 南澤大介一門EAST 発表会&懇親会 初心を忘れず >>