<< 新作が欲しい!      as … as possible >>

右乗せか、左乗せか?

c0137404_13264146.jpg

 ギターを右足に乗せるカジュアル・フォームがいいか?
 左足の上に乗せるクラシック・フォームがいいのか??

 以前、一度、クラシック・フォームにしたことがあったんですが、
 その時は肩こりがひどくなったように感じて
 またカジュアル・フォームに戻して、ずっと今まで来ました。

 ところが最近、ある曲をクラシック・フォームで弾いてみたら
 弾きやすい感じがしたんですよね。

 それと、発表会で演奏している姿の写真を見ると、
 カジュアル・フォームだと前かがみになりすぎるのが気になるのと
 クラシック・フォームで演奏している人の方がスマートに見えるような気がしたんです。

 「ソロ・ギターのしらべ」2作目の「至高のスタンダード篇」86ページの
 「著者のプレイ・フォーム」を見ると、
 南澤先生も1作目では右足乗せのカジュアル・フォームだったのが、
 2作目でクラシック・フォームに変え、
 その方が「難しいフレーズの成功率が高かったから」
 とあります。

 確かに今練習している曲は、
 左足乗せのクラシック・フォームの方が弾きやすく感じる
 =(イコール)難しいフレーズの成功率が高い
 ような感じがするんですよねぇ~。

 またしばらくクラシック・フォームにしてみようかなぁ~?
 また肩こりに悩むようなことがなければ、その方がいいかもなぁ~??

 ソロ・ギターを始めてもう7年にもなるのに
 いまだに超基本的なプレイ・フォームが定まらないなんてねぇ・・・。

 南澤先生だって「ソロ・ギターのしらべ」1作目と2作目の間で気が付いて
 プレイ・フォームを変えているんだし、まあ、いいか・・・。

 立って弾く方が弾きやすいという方もいるしなぁ~。

 そう思うと、そもそもギターってまだ完成されているない楽器で、
 もっと誰もが構えやすい別な形があってもいいのかもしれない・・・、
 なぁ~んて、いろいろなことを考えてしまいます。




 (後日談)
 この投稿から3週間ほど経って、今、
 やっぱり右乗せの「カジュアル・フォーム」に落ち着いています。

 なんていうか、左乗せの「クラシック・フォーム」だと、
 肩ではなく、右の肩甲骨と背中の間あたりがこるんですよね。

 で、右に乗せて弾くとそれがなくなるというか、気にならなくなる。

 ということで、基本は右乗せの「カジュアル・フォーム」。
 何かの都合によって左乗せの「クラシック・フォーム」も使うという
 臨機応変、二刀流で行こうと思います。

by acogihito | 2014-01-28 13:53 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 新作が欲しい! as … as possible >>