<< キャンピングカーが欲しいなぁ~!      右乗せか、左乗せか? >>

新作が欲しい!

c0137404_1252250.jpg

 「ソロ・ギターのしらべ」の新作が欲しいなぁ~。
 そろそろあってもいいんじゃないかなぁ~。

 なんだかんだと言って、やっぱり「ソロ・ギターのしらべ」ファンのボクは、
 そう思っていしまいます。

 初めて「ソロ・ギターのしらべ」を聴いたときの衝撃は今でも忘れません。

 ボクが「ソロ・ギターをやってみたい!」と思ったきっかけの書!
 今、これだけソロ・ギターにハマっているわけですから
 「人生を変えた1冊」と言っても過言ではありません。

 その後、ほかの方がアレンジされた類似の楽譜集も手に入れてみたんですが、
 「これを一番初めに聴かなくて良かった」
 「一番初めにこれを聴いていたらソロ・ギターの魅力に気づかなかっただろう」
 というものも中にはありました。

 やっぱり南澤大介先生のアレンジがいいんですよね!

 なんと言いますか、写実的な鉛筆画のよう。
 鉛筆1本でさらさらっと描いてあっても本物の特徴をよく捉えている感じ。
 似顔絵だったとしてもデフォルメされた漫画ではなく写真のような感じ。
 
 南澤先生のアレンジも
 原曲のイメージをそのままにギター1本にアレンジされていて、
 まさにそんな感じですよね!

 そして、それが最大の魅力です。
 「あの曲をギター1本で弾ける!」
 「自分ひとりで弾ける!かもしれない」という喜び!
 それに聴くだけでも楽しいですからねぇ!!

 ところが、以前は毎年のように出版されていたのに
 最近は数が減り、立ち止まりつつある状態です。
 これは「ソロ・ギターのしらべ」ファンとしてはとってもさびしい・・。
 もうかなりの有名曲が取り上げられてはいますからねぇ・・・。

 でも、世の中にはまだまだ素敵な曲がいっぱいあるはず。

 「ソロ・ギターのしらべ~スタジオジブリ作品集」の増補改訂版には、
 「風立ちぬ」に使われたユーミンの「ひこうき雲」など
 3曲の新曲が収録されたので、やっぱり買っちゃいましたもんね。

 でも、「ソロ・ギターのしらべ」ファンとしては
 やっぱり全曲新曲の新作を心から望むところです。

 リットーミュージックのご担当者様、
 どうかご検討、よろしくお願い致します。

by acogihito | 2014-02-05 13:29 | ★アコギ関連 | Comments(8)  

Commented by たみ at 2014-02-10 18:20 x
はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。自分もウン十年のバンド活動の後、ソロギター始めました。アコギはまだ2年ほどです。ただ、創刊時からソロギターのしらべシリーズは全巻買ってきていました。最近、縁あって中古でヨコヤマギターを手に入れることになりました。これを機会と、連絡させていただきました。ヨコヤマギターはカマティロのモデルです。今後もよろしくお願いします。
Commented by acogihito at 2014-02-10 19:35
たみさま、こんばんは!
初めまして、コメントありがとうございます。

バンドをやっていたとなると、ボクと同じですね!
ソロ・ギターでならバンドでできなかったような曲も一人でできるので楽しいし、ある程度弾けるようになってきた時の満足度も高いです。
ただ、バンドでやっていたギターとはかなり違い、勢いでごまかすこともできず、細かい部分まで追求すると、かなり難しいです。
でも、楽しい!!

ヨコヤマギターも手に入れられたんですね!
南澤先生的ソロ・ギターの場合、
あんまり鳴り過ぎるギターだと、音を止めたい時もボワンと余韻が残り過ぎたりしますが、ヨコヤマギターはその辺のバランスが良いモデルが多いようです。
カマティロのカチッとした生音の響きと共に手工ギターを共に味わっていきましょう!

ちなみにFacebook内に「南澤大介一門“ソロ・ギターのしらべ”ファン倶楽部」という非公開のグループページがあります。
非公開なのでメンバーに入らないと書き込みは読めない仕組みになっています。
よろしければ是非!
Commented at 2014-02-10 20:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acogihito at 2014-02-11 00:44
たみさま、ありがとうございます。
そうですか、たみさんもPINK CLOUD、ジョニー・ルイス&チャーでしたか。
バンドとソロ・ギターで一番の違いといえば人間関係ですかねぇ。
バンドでライブをするなどの場合、バンドメンバーは仲間ですが、
ほかのバンドは対バンとか言ってライバルだったりしますが、
ソロ・ギターの場合はライバルは自分自身といいますか、
昨日の自分といいますか、自分の中にあって、
周りの人は同士という感じなんですよね。
団体競技と個人競技の違いなんでしょうかねぇ?
オリンピックで言えばフィギュアスケートみたいなもんで、
4回転ジャンプができるかどうか練習して自分を高め、
自分の限界に挑戦って感じ。
そんなところが楽しいんですよね!
Commented by タミ at 2014-02-12 10:22 x
なるほど、奥深いです、この週末に、はじめて、ゆっくりとヨコヤマギター弾けたのですが、おっしゃるように、ベースとメロディの関係が自然とバランスが取りやすく、爪を伸ばせない自分としては、指の腹でも、パン、とすっきり音が前に出てくれるのも、とても弾きやすいです。正直、以前に楽器店で試奏した時には、自分には、ブライトすぎるかなぁという印象だったんですが、サイドバックカマティロのモデルということもあるのか、自分のアコギへの理解が高まったのか、とても弾いていて気持ち良く、いきなり、ヨコヤマギターが好きになりました!
Commented by acogihito at 2014-02-12 22:23
タミさま、こんばんは!
確かにカマティロはカリンッとしたブライトな音ですよね。
ロック系のソロ・ギターにいいかなと思い、
「ボヘミアン・ラプソディ」や「いとしのレイラ」
「天国への階段」などにチャレンジしたいと思っています。
エレキギターはエフェクターでかなり音作りができますが、
アコギはギターそのものの音で、だからこそ奥深く、
ハマると面白いんですよねぇ。(笑)
Commented by たみ at 2014-02-15 17:21 x
本当ですね、エフェクト、アンプ、ない分ギターそのものの違いや、弾き手のフィジカルな違いがはっきりしますね。
キャンピングカーも魅力的ですよね!まあ、自分は都会の人がキャンプに来るような田舎に住んでいるんで、、、逆にオフは都会に遊びに行きたい感じですが(笑)
Commented by acogihito at 2014-02-16 09:08
たみさま、おはようございます。
そうなんですよね。
アコギ、特に歌の伴奏ではなく、ギター1本でメロディも伴奏も弾くソロ・ギターは、ギターの違いや弾き手のフィジカルな違いがはっきりして、そこが大変なところであり、面白いところなんですよね。

<< キャンピングカーが欲しいなぁ~! 右乗せか、左乗せか? >>