<< ボヘミアン・レッスン!      爪のお手入れ (ジェリストを愛... >>

『ボヘミアン・ラプソディ』を集中的に練習中!

c0137404_17203721.jpg

 初めて「ソロ・ギターのしらべ」を聴いた時の衝撃は、今でも忘れません。

 「ギター1本でこんなことができるのか!」
 「ギターってこんなにポテンシャルの高い楽器だったんだ!」

 それまでギターは、
 ボクにとって一番身近で好きな楽器であったにも関わらず、
 ピアノより劣る「伴奏用の楽器」だと何となく思い込んでいたんですが、
 単独でメロディーも伴奏も弾け、こんなにもポテンシャルが高い!
 驚きと共に、とても嬉しく、改めてギターという楽器に惚れ込んだんです。

 中でも一番衝撃的だったのが『ボヘミアン・ラプソディ』でした。

 オペラの要素を取り入れたこの曲は、
 多重録音を繰り返した分厚いサウンドで、
 クイーン本人たちでさえ、ライブでは再現できず、
 途中はテープを流していたという大曲です。
 それをギター1本で再現してしまうんですからねぇ~!

 
 それはギターの楽器としてのポテンシャルを上手く使って
 原曲のイメージをそのままにギター1本に置き換えた南澤先生のアレンジの妙。

 「自分でも弾けるようになりたい!」とずっと思ってきました。
 「自分で弾けば、この大曲を自分のモノにできる」と。

 そして今、この曲を集中的に練習しています。

 
 昨年から、1ヶ月に1曲位を目標にYouTubeに演奏動画をアップしてきました。
 いよいよ今度は『ボヘミアン・ラプソディ』に挑戦してみようかと。

 今、何か練習がとっても楽しいです。
 「こんなことができるのか!」と思っていた曲を
 自分でも弾けるようになってきているんですからね!
 それと共にギターに対しても益々愛着が湧いてきて、
 弾いていてとっても楽しいんですね。

 初めてギターを弾いた時から38年、今が一番楽しいかもしれません。
 ありがたいことです。
 「ソロ・ギターのしらべ」に感謝です。
 ありがとうございます!!


 (関連記事)→ 『ボヘミアン・ラプソディ』を弾いてみました!



by acogihito | 2014-03-09 18:15 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by たけ at 2014-03-15 16:54 x
はじめまして。

いつも楽しく拝見させてもらっています。

私、45才にして ソロギターに夢中になっております。

たまたま、南澤大介さんの動画を見て “弾きたい!”と思い、

Morris S-101M南澤大介シグネチャーを買ったしまいました。

まだ、始めて3カ月ですが、消音が上手にできません。

早く、acogihitoさんみたいに上手く弾けるようになりたいです。
Commented by acogihito at 2014-03-16 10:59
たけさま、コメントありがとうございます。
またいつもご覧頂いているとのこと、どうもありがとうございます。
ボクもたけさんと同じころソロ・ギターを始めたのでちょっと先輩ですが、
ソロ・ギターはホント、楽しいですよね!

一方で、南澤先生の奏法は「消音」が決め手で、
右手の場合は、は今までの弦をはじくだけの奏法とは違い
はじいた弦の音を止めて消すという余計な作業があるので、
演奏の見た目ではたいして分かりませんが、
けっこう複雑で初めてだとなかなかできなくて、
ボクも相当苦労したし、今でも苦労しています。

でも、できてくると歯切れ良く弾けるのがとっても楽しいです。

年齢的にいって、高校生の頃に比べ成長が遅く
すぐにマスターできるモノではありませんが、
じっくり取り組めば少しずつでも成長するので、
それも楽しく嬉しいです。

お互い頑張って楽しんでいきましょう!!
Commented by 必着仕事人 at 2014-03-18 10:24 x
たけさん!
初めはして~(*^。^*)
Morris S-101M南澤大介シグネチャーを購入とは、気合い入ってますね!!!

お互い、あこぎひとさんの影響を励みに楽しみましょうね~♫
Commented by たけ at 2014-03-23 10:21 x
必着仕事人さん!
はじめまして^^
励ましのコメントありがとうございます。
年齢が年齢なもんで、ゆっくりしか前進しませんが、
頑張ります!

<< ボヘミアン・レッスン! 爪のお手入れ (ジェリストを愛... >>