<< 東京水路ナイトパドリング      グランドオープリーのカーボン・... >>

楽しかった!ステファン・グロスマン&打田十紀夫ジョイントライブ!

c0137404_1201735.jpg

 4月4日(金)、東京・曙橋の「BACK IN TOWN」に
 打田十紀夫さんと、打田さんの師匠であるステファン・グロスマンさんのジョイントライブ
 「"Berween Two World" Tour」を見に行ってきました。

c0137404_1241246.jpg

 いやぁ~、楽しかったです。
 ステファンさんは、なんか飄々としていていてマイペース。
 歌ったり弾いたり、しゃべったり、自由に展開して、それに打田さんがついていく感じ。
 いつもは饒舌な打田さんもこの日は言葉数が少なく、一歩引いて、
 ステファンさんを前面に立てていたのが印象的でした。

c0137404_1261526.jpg

 それもそうですよね。
 ステファンさんは打田さんの師匠。
 まだ10代の頃にステファンさんを知り、ギターにのめり込み、
 直接、テクニックや奥深さ、楽しさも教わったそうですから、
 ボクにとっての南澤先生のような存在ですもんね。

c0137404_1432646.jpg

 そんな師匠の「ついて来れるか?」という難題に
 打田さんといえども必死という感じで、
 いつもに比べて表情も難しい顔で演奏していると
 ステファンさんから「スマイル、スマイル」という追い討ちがあったりして
 見ているこちらとしてはそんな様子も微笑ましく楽しかったです。

 ところで、お二人の演奏は、
 どちらかというとステファンさんの方がワイルドで、
 打田さんの方が丁寧でやさしいピッキングという印象なんですが、
 ベース音の弾き方は、さすが師弟関係という感じで、同じなんですよね。
 なるほど!と思いました。

c0137404_214663.jpg

 そして打田さんのソロの時は、
 ステファンさんがじっと見入っていて、
 終わると、「うん、良くできた」と拍手する感じが、
 とっても良い師弟関係に見えました。

c0137404_1393847.jpg

 ライブの内容は、
 カントリー・ブルース・ギターのどっぷりとした
 ボクにはちょっと濃い世界の筈なんですが、
 ボクもその世界にだいぶ馴染んできたのか、
 それともそれ以上に演奏が素晴らしかったのか、
 本当に楽しく、ワクワクするライブでした。

c0137404_151296.jpg
 

 ライブ後はCDにサインをもらい、一緒に写真を撮らせてもらいました。
 素敵なひと時をありがとうございました!

by acogihito | 2014-04-06 02:11 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 東京水路ナイトパドリング グランドオープリーのカーボン・... >>