<< 『世界に一つだけの花』 練習開始!      東京水路ナイトパドリング >>

楽しかった!フィンガーピッキング・デイ2014

c0137404_19512926.jpg

 2014年4月12日(土)、
 横浜・赤レンガ倉庫1号館ホールで行われた
 「フィンガーピッキング・デイ2014」に行き、
 12時半開演のコンテストからすべてをしっかり見てきました。

 実はこの日の朝、寝坊してしまい「どうしようか」と迷ったんですが、
 「どうせならやっぱりコンテストは最初から見たい」と
 休みの日なのに仕事の日よりもあわただしく支度をして横浜に向かったんです。

 会場では、千葉で一緒に南澤先生に習っているKさんなど顔見知りに会い、
 みんなでコンテストを楽しみました。

c0137404_19562969.jpg

 しっかし出場される方は大したもんですよねぇ。
 ボクなんか十数人の発表会でも指先が震えていつものように弾けなくなってしまうのに
 しっかり演奏していらっしゃる。
 もちろんかなり緊張されているんでしょうけどねぇ。
 この緊張感あふれるコンテスト会場の中で演奏する、演奏できるという
 それだけでも大したものだと感心してしまいます。

 そして会場では観客も評価してオーディエンス賞を決めるのですが、
 年々演奏技術もレベルアップしているし、
 また演奏内容もアレンジもバラエティに富んでいて、好みも別れ、
 評価がとても難しく、反面、とても楽しめるコンテストでした。

 
 印象的だったのは、今回の出場者20名のうち
 3名がガット・ギターを演奏されたんですが、
 3名とも音圧が高く、
 「ガット弦の方がスチール弦より音が大きく、ダイナミックレンジが広いのかな?」
 と感じたほどでした。

 演奏内容やアレンジなどのほか、
 「音色」や「音圧」も随分違うもんだなぁ~と感じるコンテストでした。

c0137404_2014657.jpg

 表彰式では南澤先生もプレゼンターを務め、
 以下の順に8つの賞が発表されていきました。

 アコースティック・ギター・ブック賞        田山翔太さん
 アコースティック・ギター・マガジン賞     ヤマダ大スケさん☆
 TABギタースクール賞              siyohさん☆
 葉山ムーンスタジオ賞(オーディエンス賞) まるやまたつやさん
 オリジナル・アレンジ賞             MOMOさん☆
 楽曲賞                       おっくさん
 優秀賞                       森川敏行さん

 で、上記の7つの賞のうち、
 お名前に☆印を付けた3名の方がガット・ギターで演奏された方だったんですよね。
 ガット勢強し!
 もちろん、その他の賞を取られた方も
 ボクも良いなぁ~と思った方だったのでどの賞にも納得でした。

 そして、最優秀賞は・・・、MOMOさん!

c0137404_20221956.jpg

 写真はMOMOさんの名前が呼ばれた瞬間の表情です。

 実は、最後に最優秀賞が発表される前に
 そうかな?と思ってMOMOさんを狙っていたんです。

 MOMOさんもガット・ギターで演奏されたんですが、
 クラシック・ギター的要素のほか、ポップな要素もたくさんちりばめてあって
 とっても聴きやすく、親しみやすい演奏でした。

c0137404_20264921.jpg

 それにしても、全20名の参加者のうち、
 ガット・ギターで演奏された3名が3名とも賞を取るなんてスゴイもんですね。

 ガット・ギターで演奏された方の演奏を聴いていると、
 やっぱりみなさんきっちり習われている(た)方々のようで、
 基本がしっかりしているのかな?という印象でした。

 それに比べるとスチール弦の方は、我流が多いんですかねぇ。
 それと普段、ライブなどではピックアップを通して演奏されているようで、
 フィンガーピッキングデイ・コンテストの「生音、マイク録り」に弱いのかもしれません。
 そんな印象でした。

c0137404_2038488.jpg

 そして第二部は審査員も務められたプロの方々の模範演奏。
 南澤大介先生、岡崎倫典さん、打田十紀夫さんとステファン・グロスマンさんです。

 それぞれの持ち味が生かされた素敵な演奏でした。
 それと南澤先生とステファンさんは生音、マイク録りで
 コンテストと同じ条件だったんですが、音がイイんですよね。

 やっぱりアコギは「生音」で良い音を出したいですよねぇ。
 エレキギターも弾いていたことがある身としては特にそう感じます。

c0137404_20455625.jpg

 さて、終了後は、途中合流したMさん、Oさんと共に
 懇親会にも参加しました。

 いや~、楽しかった!
 コンテストに参加された方々、
 受賞された方々、
 そして審査員でも参加されたプロの方々、
 さらにこのイベントに尽力してくださっているモーリス関係者の方々、
 いろんな人がみんな一緒になってワイワイやれたのが最高でした。

 また来年も見に来たいもんです!
 ありがとうございました!!

c0137404_935718.jpg
c0137404_94111.jpg
割と平均年齢は高いんですが、みんな少年のよう? (笑)

by acogihito | 2014-04-13 20:53 | ★アコギ関連 | Comments(8)  

Commented by オークフィールド at 2014-04-13 21:43 x
あこぎひとさん
こんばんわ。

ガットギターなかなか良いでしょう。
スチール弦とはまた違った趣がありますよね。

まずは、ガットギターの素朴でやさしい音色。
そしてスチール弦に比べてナット幅が広く、弦も柔らかく押さえやすい。

いろいろメリットはありますが、デメリットもいろいろありました。

私のエレガットで言うとチューニングが安定しない。
弦を張り替えたら2~3日は一曲たびにチューニングでした。また、冬場は暖房
でもチューニングが狂ってしまうようです。

ピックを使ったコードストロークには向きません。
それからサスティーンはスチール弦のほうが断然有利だと思います。

でも、弾いていて楽しいのでなんの問題もありません。
わたしは気が多いので、あこぎ(S102)、ガットギター、セミアコをそれぞれ所有
していますが、みな個性があり、その個性を楽しんでいます。

あこぎひとさんもガットギター一台どうですか?
Commented by まさを at 2014-04-13 21:47 x
あこぎひとさん、大変お久しぶりです!

FPD、もう何年足を運んでないでしょうか?
日記を拝見してあのコンテストの独特の緊張感
を思い出してまた行きたくなりました^^
娘ももう4歳、それほど手も掛からなくなったので
来年はぜひ行きたいと思います!
Commented by acogihito at 2014-04-14 09:10
オークフィールドさま、
コメントありがとうございます。

そうですね!
ガット・ギターは弦の張り方からして分からないんですが、
確かに1本あった方が楽しいかもしれませんね!

今回、ガットギターについて少々再認識したので、
いずれ買ってしまうかも??
Commented by acogihito at 2014-04-14 09:14
まさをさま、
コメントありがとうございます。

以前・・、と言っても2010年とか2011年くらいですけど、
そのころと比べて今回はコンテスト参加者のアプローチがバラエティに富んでいた印象でした。
ですので、重苦しい空気が重苦しいだけでなく楽しめました。

そしていろいろな意味で良い刺激になります。
Commented by 必着仕事人 at 2014-04-14 10:30 x
素晴らしいレポートありがとうございます。

コンテストなんで、凄い緊張感が文面からも伝わります!!!

それにしても、楽しそうやな~(*^。^*)
Commented by acogihito at 2014-04-14 14:17
必着仕事人さま、ありがとうございます。

初めて見に行ったときは一人ぼっちだったんですけど、
だんだんギター関係の顔見知りも増え、
会場でお会いできるのもいいですね!

みんなで楽しめて、楽しみも倍増です。

一度見に来ても損はないかもしれません。
Commented by たけ at 2014-04-14 19:04 x
acogihitoさん、こんばんは^^
一度、見に行きたいと思ってます。楽しそうなので(^-^)

昨日、三木楽器心斎橋店にYokoyama Guitarsの試奏会に行ってきました。

とても、弾きやすくて感動しました。

サウンド的には、German Spruce Top、Claro Walnut Side&Backの
音が大変気に入りました。軽いタッチでも良く鳴るので。

あ~、欲しいな~^^
Commented by acogihito at 2014-04-15 00:21
たけさま、こんばんは!

フィンガーピッキングデイを経て活躍している若手プロのギタリストがたくさんいるということは、このコンテストは新しいアーティストの誕生の場でもあるので、その場に立ち会っているということは楽しいです。
機会がありましたら是非!

それからたけさんもヨコヤマギターに魅せられてしまいましたね!?
ボクも「いつかは欲しい」と思っていたものが今では毎日使うギターとなり、この上の無い幸せです。
やっぱりいいですよ!ヨコヤマギター!!(笑)

いつかは欲しいと思っていたころの記事

http://acogihito.exblog.jp/7291712/

まだギターのこともソロ・ギターのこともまるでわかってなかったころ。
その頃から思えばずいぶん成長したものです。(笑)

<< 『世界に一つだけの花』 練習開始! 東京水路ナイトパドリング >>