<< 南澤先生の面目躍如 「ソロ・ギ...      またまた「最っ高ぉぉ~!」のラ... >>

運動能力の限界?

c0137404_21352697.jpg

 久しぶりに「トップ・オブ・ザ・ワールド」とか、
 「やさしさに包まれたなら」なんかを弾いてみたら、
 体が覚えていたようで、最後まで譜面を見ずに弾くことができました。

 でも、右手の指がもつれたんですよね。

 まあ、テンポが少し速過ぎたというのもあるんですけど、
 何と言いますか、小学校の運動会の父兄の徒競走で、
 張り切ったお父さんの体が付いていけず転んでしまう・・みたいな、
 そんな感じで、弾けると思ったところが
 指がもつれて「あれ?」って感じでした。

 これが、ゆっくりな「イエスタディ・ワンス・モア」や
 「スカボロー・フェア」なんかは
 思った通りに弾けたんですけどねぇ・・。

 それで、「運動能力の限界?」なんて言葉が
 浮かんでしまいました。

 まあ、スポーツ選手も20~30代がピークで、
 だんだん衰えてきて引退するわけですもんね。

 少し衰えてきたんでしょうか?
 そういえば目もネックに近づけるとボケたりして
 老眼になってきているし・・・。

 楽器の演奏も、若いころは弾けたものが
 弾けなくなることもあるんでしょうねぇ・・。

 ・・となると、これからはあんまりアップテンポな曲は選ばず、
 ゆったりした曲を練習曲として選んだ方がいいのかなぁ?
 それとも自分の限界はもう少しくらいは上にあるんでしょうか??

 う~む、その辺がちょっとトホホな悩みどころです。

 まあ、速い曲はもつれるとしても
 ゆったりした曲ならば、最近はけっこう思ったように
 指をコントロールできるようになってきているので、
 そういう曲の方がいいのかもしれませんねぇ。
 大人の味わいで・・・。

 滑らかに弾けず、カクカク・・・。
 
 でも、そう感じるようになったのも
 「上達してきたから」と思えばいいのかもしれませんね!

c0137404_21582443.jpg

 

by acogihito | 2014-09-07 22:11 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 南澤先生の面目躍如 「ソロ・ギ... またまた「最っ高ぉぉ~!」のラ... >>