<< 『練習曲第22番 リズムⅠ』を...      2015年 今年の目標 >>

2015年 初ライブはアコースティック・ブルース!

c0137404_093273.jpg

 2015年1月10日(土)、
 今年最初のライブ鑑賞は、
 東京・曙橋の「BACK IN TOWN」で行われた
 打田十紀夫さんと大久保初夏さんのジョイントライブ
 「アコースティック・ブルース・ライブ!」でした。

c0137404_0105470.jpg

 いつもの打田さんのライブですと、
 オリジナル曲やラグタイムの曲なんかも演奏するんですが、
 今回はブルース一本やり!

 ミシシッピのデルタ・ブルースや西海岸など
 詳しくはわからないんですけど、
 いろんな地域のブルースを
 旅をするように聴かせてくれました。

c0137404_0103028.jpg

 というのも、共演している大久保初夏さん、
 若干23歳の美しいお嬢さんなんですが、
 「期待のブルース・ギター・ガール」ということで、
 この方がブルース1本やりなんですね!

 以前も打田さんとの共演を観たことがあるんですが、
 ギターが上手いのはもちろん、歌がすごいんです!!

 見た印象とは違う、迫力の歌声、
 圧巻のブルース・シンガーなんですよね。 

c0137404_010462.jpg

 ライブでは面白いエピソードも紹介してくれました。

 エイベックスやサイバーエージョンとが協力している
 「TOKYO ガールズ・オーディション2014」という
 モデルやアーティストを選出するコンテストの
 アーティスト部門に出場したら
 あれよあれよという間にファイナルに出場することになって、
 ほかの出場者が浜崎あゆみや倖田來未などを歌う中、
 一人、1920年代のブルースを歌い、
 審査員からは「オリジナルですか?」と聞かれるほどだったそうですが、
 見事、審査員特別賞に輝いたということです。

 いやぁ、今の時代にブルースをこんなにしっかり歌うなんて
 逆にすごくオリジナリティーがありますよねぇ!

 おお、そうすると、いずれエイベックスから
 メジャー・デビューということもあるかもしれませんねぇ!

 ということで、一緒に写真を撮ってもらいました。

c0137404_0111762.jpg

 若いブルース・アーティストの今後に期待です!

 新年、最初のライブは、
 若いアーティストをお父さんが見守るような温かいライブ、
 曲は古い古い20世紀初頭のブルースでしたが、
 とってもみずみずしく未来に期待が膨らむライブでした。

 いや~、良かった!!

 打田十紀夫さん、大久保初夏さん、
 ありがとうございました!!

c0137404_0112569.jpg

 そうそう、このライブで打田さんから
 「ブルワーカー」の話題が出たんですが、
 実はボクもまだ持っています。→ ブルワーカー

by acogihito | 2015-01-11 00:56 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by Pinebridge at 2015-01-11 07:52 x
 とてもいい勉強になるので、よく見させていただいていたブログでしたが、初めてコメントさせていただきます。
 昨日のBack In Town、自分も聴きに行っておりました。
 ライヴが終わって会計に並んでいるとき、十紀夫さんが「スタ☆力ポ」を見せながら話していたお客さんが、もしかしたら、このブログを書いている「あこぎひと」さんではないかな~と思っておりました。
 でも、カヌーもやられている方ならもっと大きい方だろうと勝手に思っていたので自信がなく声がかけられませんでした。
 そのあと十紀夫さん初夏さんと写真を撮られていたので、やはりそうだったんだと思い、今朝このブログを見てみたら、もうこんなに書かれていて驚きました。
 これからもブログ見させていただきます。
Commented by acogihito at 2015-01-11 09:28
Pinebridgeさま、おはようございます。
コメントありがとうございます。

あらら、そうだったんですか。
それはお話しできずに残念でした。

十紀夫さんの「スタ☆力ポ」、
ホント、びっくりするような軽さでした。
ジュラルミン製とのことですが、
プラスチックではないの?という軽さで
とっても興味を持ちました。

Pinebridgeさんのブログも拝見しました。
続きも楽しみにしております。

そしてまたどこかでお会いした時は、
是非、お声掛けください。

これからもどうぞよろしくお願いします。

<< 『練習曲第22番 リズムⅠ』を... 2015年 今年の目標 >>