<< ギター用5度圏早見盤      きょうは理論的なことを少々 >>

5度サークル、5度サイクル、5度圏

c0137404_23163376.jpg

 音楽の理論的なことを勉強している今日この頃ですが、
 5度圏とか、5度サークルとか言われる
 「Circle of Fifths」がデザインされた
 マウスパッドを買ってみました。

 音楽理論の本を読んでいると、
 5度圏とか、5度サイクルとか、5度サークル、5度圏サークルとか
 いろいろな呼び方で出てきます。

 南澤先生は、これは別な形で頭に入っているようで
 「あまり必要ない」と申しておりましたが、
 ボクにはなんだかとっても興味深いものに見えてしまいました。

 というのは、音楽理論をかじり始めた今のボクには、
 音楽に関するいろいろな秘密が隠されているように
 感じたからなんです。

 この5度サークル・マウスパッドは、
 円の頂点のCメジャーから時計回りに
 G→D→A→E・・・と並んでいますが、
 これが5度ずつ上がった音になり
 1周すると音階の12音が全て出てきます。

 逆に反時計回りに見て行くと
 C→F→B♭→E♭・・・と
 4度ずつ上がっています。

 そしてそれは楽譜のキーの
  ♯ シャープだったり、♭フラットの数が
 増えて行く順番にもなっています。

 ダイアトニック・コード的に見れば
 トニックのCの右隣のG(G7)が完全5度上のドミナント、
 左隣のFは完全4度上のサブドミナントと、
 その関係がどのコードでもわかりやすい。

 内側はマイナースケールになっていて、
 Cの内側は平行調のAm。

 Amの左隣のDmがサブドミナント、
 右隣のEmをE7にすれば
 ハーモニック・マイナー・スケールのドミナント
 だ「なんていうこともわかります。

 それから例えばG7の
 裏ドミナント(裏コード、代理ドミナント)だったら、
 Gの対角線上の正反対に位置する
 D♭7 だなんていうこともわかります。

 またドミナントの効果を生む、
 トライトーンと呼ばれる増4度の音も
 5度サークルでは対角線上に位置する関係になるそうです。

 さらに5度ずつ上がっている
 C→G→D→A→E→B・・・という音の並びの
 C以降をひとつおきに、つまりG、A、B・・・を
 対角線上の反対と入れ替えると
 C→C#→D→E♭→E・・・
 というように半音階になったりします。

 ・・・と、音楽理論をわかっている人には
 「そんなの当たり前じゃん」ということなんでしょうが、
 今のボクには何がどうしてそうなるのか
 トランプの手品を次々見せられているようで、
 この5度サークルの図が、
 陰陽五行説とか四柱推命で使うような
 不思議な魔法盤のようにも感じるんです。

c0137404_05316.jpg

 5度サークルの12の音は、
 紀元前500年ごろにピタゴラスが
 見つけたそうです。
 
 時計といい、十二支といい、音階といい、
 12という数字はなんだかとっても謎に満ちていますよねぇ。

 そして、それを輪にすると
 無限の可能性が広がる
 不思議な関係が出来上がり
 なんだか、とっても興味深いです。

 
 あ、そうそう、この5度サークル(5度圏)とは
 クラシックの音楽理論で登場するもので
 ジャズの世界では、4度圏といって
 これを左右反対にした
 つまり時計方向にC、F、B♭・・・と
 4度ずつ上がる方を時計回りにして
 優先しているそうです。

 というのは、ジャズやポピュラーソングは
 4度進行の曲が多いそうで、
 例えば、ジャズ・スタンダードナンバーの「枯葉」は、
 Cm7→F7→B♭△7→E♭と進んで
 次にAm7-5→D7→Gmと進み、
 見事に5度サイクル図で言えば
 反時計回りの4度進行なんだそうです。

 なんだかいろいろ不思議で面白い!
 
 しばらくは、この5度サークル・マウスパッドを使って、
 音楽の不思議な世界に浸りながら
 その仕組みや謎に触れてみたいと思います。

 今までソロ・ギターは、楽譜もまともに読めず、
 理論もわからず、丸暗記して演奏していたけど、
 これからは楽譜を見てコードを意識しながら演奏して、
 このマウスパッドもチラチラ見ていれば、
 #が2個だからキーはDだな、とか、
 ここで4度上がったな、とか、
 ここは5度上からトニックに下がったドミナント・モーションだな、とか
 キーやコードの関連が体感的に
 少しずつわかってくるんじゃないかなぁ~。
 そうだといいなぁ~。

 そんなことを考えています。

c0137404_0155354.jpg

by acogihito | 2015-03-23 00:44 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by 必着仕事人 at 2015-03-26 19:54 x
いいですね~(*^。^*)

まさに、私の音楽に感じているそのものです~♫
不思議な世界の謎を解くKEY(鍵)ですね!!!

お互い不思議な世界を楽しみましょうねぇ~♫
Commented by acogihito at 2015-03-27 21:55
必着仕事人さま、こんばんはぁ~!

「不思議な世界の謎を解くKEY(鍵)」とは、ウマイっすねぇ~~!

少し理屈を知っても、さらに奥が深いですよねぇ。
物理と人間と芸術とが織りなす世界。
楽しく不思議な魔力に満ち溢れてますよねぇ~♪

<< ギター用5度圏早見盤 きょうは理論的なことを少々 >>