<< 行ってきました!フィンガーピッ...      東京水路カヤックツアー >>

岸部眞明さんの演奏に酔いしれた夜

c0137404_2119895.jpg

 2015年4月3日(金)、
 東京・曙橋の「BACK IN TOWN」に
 岸部眞明さんのライブ演奏を聴きに行ってきました。

c0137404_21242710.jpg

 なんかちょっと久しぶりと思ったら、
 前回、岸部さんのライブを見たのは2011年12月
 3年以上も前になるんですね。

 やっぱりいいですねぇ、岸部さん!

 ライブの前半は初期のしっとりした曲を中心に聴かせてくれました。

 そして・・、

c0137404_21282727.jpg

 今回のライブはゲストにGINさんが出演されました。

 大阪を中心に活動しているGINさん。
 「BACK IN TOWN」への出演は2回目だそうで、
 前回は2009年6月。
 中川イサトさんがプロデュースしたコンピレーションアルバム
 「Daybreak 2」の発売記念ライブの時だそうで、
 その時もボクは見に行っているんですよね!

 GINさんの楽曲は、ある情景のイメージを音で表したような
 浮遊感のある感じが素敵で好きなんです。

 音的には確かに岸部さんに近いものがあって、
 お2人のデュエットは溶け合ってとっても聴きやすいものでした。

c0137404_21364923.jpg

 休憩を挟んで後半の岸部さんの演奏は、
 新曲のオンパレードでした。

 岸部さんは51歳になられたそうで、
 「50歳のときにアルバムを出したかったんだけど出せませんでした。
 でも、曲はもうできています。」
 「タイトルはレコーディングしてから決める方なので、
 まだありませんが、そうした曲を演奏します」と、
 無題の曲を次々と11曲も演奏してくれました。

 何となく「荒野」をイメージさせる
 南澤先生の「星を継ぐもの」にもちょっとイメージが似た曲から始まって、
 今までの岸部さんの曲に比べると力強さを感じるような、
 荒野とかシベリアの原野を突き進むような曲が多いのが印象的でした。

 テンポのいい曲は今までもありましたよね。
 でもそれは爽やかさや心地よい風のイメージが前面でしたが、
 今回、感じたのは力強さ。
 だからと言って暗いというわけではありません。

 それはコード進行なのか、リズムなのか、
 51歳という年齢からくるものなのか、
 「試練はあるが、決してめげずに進んでいく」
 「頬に雨粒はぶつかってくるけど下は向かない」
 というような力強く進行してく感じの曲で、
 同年代のボクとしては、
 励まされるようで、とても心地良い曲でした。

 あとは原点回帰的とても言うんでしょうか、
 ロックンロール的な曲やオルタネイトベース奏法の曲など
 シンプルで聴きやすい曲もあったり、
 ニューアルバムをとっても楽しみに期待してしまう曲ばかりでした。

 いいですねぇ、岸部さん!

c0137404_11133025.jpg

 以前のライブでも新曲を次々披露してくれたこともあったし、
 岸部さんて出し惜しみをしませんねぇ!

 今回も次のアルバムに入れる予定の12曲のうち、
 11曲も演奏してくれたんですから!

 いや~、やっぱり良かったです。
 やっぱりライブはいいですねぇ!!

 思いがけずGINさんの演奏も聴けたし、
 何となく気が重い金曜だったんですが、
 アコースティック・ぎたーの音色の癒され、
 すっかりリフレッシュできた気分でした。

 ありがとうございました!!
 ニューアルバム、楽しみです!!

c0137404_2225926.jpg
BACK IN TOWNの辛口ジンジャエールとマルゲリータが美味い!

by acogihito | 2015-04-05 00:03 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 行ってきました!フィンガーピッ... 東京水路カヤックツアー >>