<< 『命の響』 心に響く      『天国への階段』 リズムの裏と... >>

ダンスのようにストロークできれば・・・

c0137404_2326435.jpg

 昨日見ていたテレビの音楽番組にEXILEが出演していて、
 何となくそのダンスに見とれてしまいました。

 華麗なステップ、
 無駄なくバランス良い動き、
 みんながぴったりそろう感じ。
 ずいぶん練習しているんだろうなぁ~。

 そして、ふと思ったんです。
 ソロ・ギターでのストロークに似ているな、と。

 ソロ・ギターのストロークは、
 ストロークしながらもメロディーを弾くというものですから、
 伴奏での6弦から1弦までを一気に弾いてしまうストロークとは違い、
 低音弦、高音弦を弾き分けたり、
 時に特定の弦をぴったり狙って弾いたり、
 ストロークしながらも右手はかなり微妙な動きをしています。

 それはまるでダンスのステップのよう。

 そう、南澤先生がストロークで演奏する時の右手は、
 まさにダンスをしている感じなんだな、と思ったんです。

 ボクは今、『天国への階段』の後半の
 ストロークで盛り上がる部分に四苦八苦しています。

 ザラッと弾こうと思えば弾けるんですが、
 だんだん「あそこの音が弱い」とか、
 「あそこのリズムが裏表逆になりがち」だとか、
 「あそこのメロディを立たせようとすると全体が弱くなる」とか、
 いろいろなことに気づきはじめ、
 「どうせなら自分なりに満足できるところまで持って行きたい」
 と練習しているところなんです。

 切れの良いダンスのように
 6本の弦の上を右手で華麗にステップを踏めればいいんですけど、
 まだまだ先は遠そうです。

 でも、先週できなかったことが
 今週はできるようになったりしてますから、
 少しずつは進歩しています。
 ・・・している筈です!

 ソロ・ギター、
 何気ないところが難しかったりしますが、
 それでも少しずつできるようになる
 上達を実感できるのが嬉しいところです。

 さあ、新たな週も頑張ろう!!

by acogihito | 2015-06-28 23:50 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 『命の響』 心に響く 『天国への階段』 リズムの裏と... >>