<< 『エリック・サティとその時代展...      『命の響』 心に響く >>

堪能しました! 中川イサトさんと岸部眞明さんのジョイントライブ

c0137404_18301261.jpg

 2015年7月11日(土)、
 東京・水道橋にある「カフェらいん」で行われた
 「中川イサトさんと岸部眞明さんのジョイントライブ」に行ってきました。

 いやぁ~、良かったです!

 このところ仕事やなんだかんだでずっと追われて
 水中でもがいているような息苦しさがあったんですが、
 ホッと一息、大きく深呼吸できました。

 おかげで、翌日曜日(これを書いている今日ですね)
 も仕事だったんですが、グンとはかどりました。
 ありがとうございました!


c0137404_20163040.jpg

 ライブは、下山亮平さんから始まりました。

 お客さんとして来ていたという下山さんが、急きょ
 岸部さんのギターを使って2曲ほど弾いてくれたんです。

 「New Year」と「おやすみ」という曲。

 下山さんの演奏をちゃんと聞くのは初めてだったのですが、
 タイトルを覚えてしまうくらい2曲とも素敵な曲でした。


c0137404_19323011.jpg

 続いて岸部眞明さんの登場です。

 岸部さんのライブは、4月3日のバック・イン・タウン以来。

 今回も今年作るアルバムに入れる予定の
 タイトル未定の新曲を次々と聴かせてくれました。

 前回、バック・イン・タウンで聴いた時は、
 力強さを感じさせる曲が多い気がしたんですが、
 この日聴かせてくれた曲は、
 とっても優しい曲ばかり。

 バラエティーに富んでいるんですね!

 いやぁ、そうなってくるとニュー・アルバムが
 俄然楽しみになってきます。

 まだレコーディングの日程などは未定との事でしたが、
 早く聴いてみたいものです。


c0137404_19525470.jpg

 そして、岸部さんの師匠でもある
 中川イサトさんの登場です。

 今回はソロ・ギターよりも歌モノを多く演奏してくれました。

 つぶやくように歌うイサトさんの歌は、
 ちょっと憂いのある独特の世界観で
 味のあっていいんですよねぇ~!

 ボクとしてはちょっと久しぶりのライブでしたが、
 変わらぬ雰囲気で楽しませてもらいました。


c0137404_19594588.jpg
 
 そしていよいよイサトさんと岸部さんのジョイントです。

 岸部さんは、高校生のころ、
 大阪で開かれていたイサトさんのギター教室に通ったそうで、
 もう35年の付き合いだそうです。

 2人でライブをするのは久しぶりで、
 昨日、初めて合わせて今日が2回目とのことでしたが、
 どちらかが出過ぎることなく見事なバランスで
 美しいギター・ハーモニーを聴かせてくれました。

c0137404_204951.jpg

 以前、共演した時は、
 イサト師匠にいじられまくったという岸部さん。

 今回は、イサトさんの誘いに乗って、
 岸部さんが歌を披露してくれました。

 曲目は「ゲゲゲの鬼太郎」
 十八番なんだそうです。

 歌やお2人のやりとりに
 大いに笑わせてもらい、
 気がつけばすっかりリラックスしていました。

 いやぁ~、楽しかった!

 イサトさん、岸部さん、
 そして「カフェらいん」のマスターさん、
 ありがとうございました!!

c0137404_20103322.jpg

by acogihito | 2015-07-12 19:52 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by とんG at 2015-07-14 17:03 x
あこぎひとさん、こんにちは。
渋いライブ、良かったでしょうね(笑
中川イサトさんも、ますますお元気のようで嬉しくなります!

やっぱり、お江戸はいいな~~!

僕のほうはと言えば、あこぎひとさんの毒牙を受けて
手に入れたヨコヤマギターが、まだひと月も経たないのですが、自分自身の想像を超えた素晴らしい音色になって来ましたョ!(嬉)

弾きやすさも素晴らしく、(こりゃ、あと5年もしたらどこまで熟成してしまうのか)と思うと、嬉しくてタマリマセン!!(笑)

(きっと、後悔はないと思いますよ)とおっしゃられたあこぎひとさん、まさにそのとおりでした!!

ありがとうございます。



Commented by acogihito at 2015-07-14 21:20
とんGさま、こんばんは!

おお、それは良かった!
単純にギターを弾く練習が楽しいですよね!!
しかも練習を重ねると少しずつでも上達するし。
良い音色に包まれていると気持ちもリラックスできます。

ただ一つ、注意することがあります。
一度、清水の舞台から飛び降りるとその怖さに慣れてしまって、「これで材が違うとどんなだろう?」「今度はここにこんなインレイはどうだろう??」などという気持ちが抑えられなくなる恐れがあるんです。

ボクもそうでした。
ご注意を!(笑)
Commented by とんG at 2015-07-15 12:02 x
あこぎひとさん、こんにちは!

そうですね、ただ単純に弾いていたくなりますね!
そして、(なんで心地いい音色なんだろう)と
演奏はヘタクソなのに自分で聞き惚れてしまう(笑)

ヨコヤマギター病のご注意ありがとうございます(^^
でも、すでにウイルスに感染しているかもしれません~~!

全く違う材で作った(例えばマホガニー系統とか)
そんなヨコヤマギターも違う味がしておいしいのかな??とか考えているんですよ!!(大笑)

やばいっすねぇ~~!

Commented by acogihito at 2015-07-15 20:14
とんGさま

完成して間もなくすでに考えているとなると、
それはもう感染しています。ww

無理のない範囲で病気を謳歌するしかありません。(笑)

<< 『エリック・サティとその時代展... 『命の響』 心に響く >>