<< 『 AR-GC #420 』 ...      堪能しました! 中川イサトさん... >>

『エリック・サティとその時代展』 見てきました!

c0137404_23303839.jpg

 東京・渋谷の東急「Bunkamura ザ・ミュージアム」で行われている
 『エリック・サティとその時代展』に行ってきました。

 いやぁ~、何と言いますか、
 実にタイムリーです。

 今、ちょうどエリック・サティ作曲の
 『ジムノぺディ 』の練習をしているところなんですよね。

 練習していなかったらきっと気づきもしなかった展覧会、
 思いがけない偶然の出会いです。

 ありがたいなぁ~!

c0137404_23401858.jpg

 エリック・サティ(1866~1925)は、
 20世紀への転換期に活躍したフランスの作曲家です。

 この展覧会があるからか、
 Bunkamura全体で「パリ祭」を行っていて、
 カフェやギャラリー、コンセプトショップなどが立ち並び、
 中庭ではバイオリンとアコーディオンのデュオが
 パリらしい演奏をしていました。

 う~ん、いいですねぇ!

c0137404_2356813.jpg

 この展覧会は、パリで活動したエリック・サティを中心に
 当時、交流を持った様々な芸術家などの作品が展示され、
 その時代を感じようというもの。

 会場にはその時代時代に合わせて
 エリック・サティの音楽が静かに流れているのも
 この展覧会の特徴です。

 ジャン・コクトーが脚本を書き、
 パブロ・ピカソが衣装と舞台美術を担当、
 エリック・サティが音楽を書いたバレエがあったんですねぇ。
 凄いなぁ~。

 エリック・サティ直筆の楽譜もたくさん展示してあって、
 『ジムノぺディ 』を練習するまでは遠い存在だったのが、
 グッと身近に感じられました。

 当時の空気感が分かれば、
 少しは演奏にも生きてくるかな?
 生きてくればいいんですけどね。

 思いがけない展覧会、思いがけない出会いに感謝です。

c0137404_0122093.jpg

 会場で買った図録集には、
 会場で流れていたエリック・サティの曲が収録されたCDが付いています。

 もちろん『ジムノぺディ 』も収録されていて、
 キーは、ソロ・ギターアレンジと変わらないので、
 ピアノ演奏に合わせて練習することもできます。

 強弱、テンポの変化など、
 ロックやポップスとかなり違うので
 とっても勉強になります。

 いやぁ~、行って良かった。
 ひとつの曲が大いなる扉を開けてくれました。

by acogihito | 2015-07-19 00:12 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented at 2015-07-28 22:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by acogihito at 2015-07-29 10:01
johniphotoさま
メッセージありがとうございます。
「アコースティック・カウンティー」っていうのは
昼間の時間ですね?
その時間帯はちょっと厳しいかな。
情報ありがとうございました。
Commented by johniphoto at 2015-08-03 03:11
アコースティックカウンティの中の、シークレットノーツというコーナーでしたね。
ブログがあったのでよろしかったらどうぞ。

http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/540.html

Commented by acogihito at 2015-08-03 23:22
johniphotoさま

情報ありがとうございます!

<< 『 AR-GC #420 』 ... 堪能しました! 中川イサトさん... >>