<< 『 ジムノぺディ 』 を弾いて...      『 AR-GC #420 』 ... >>

ギターの歴史

c0137404_20273954.jpg

 1997年に現代ギター社から出版された
 『図説 ギターの歴史』という本を
 古書店で見つけ買いました。

 ドイツ語の翻訳本のようなんですが、
 その日本語がちょっと読みづらいのが玉に傷・・。
 でも内容は、とっても興味深いものでした。

c0137404_12585756.jpg

 ギターのルーツ、
 ギターのように抱えて演奏する弦楽器は、
 紀元前4000年ごろからあるのは
 壁画などから確認できるそうなんですが、
 それがどんな音色の楽器だったか
 どんなチューニングだったは、
 わからないようです。


 はっきりしてくるのは、15~16世紀ごろから。

 その頃、ヨーロッパではタブラチュアという
 今のTAB譜の原型のような譜面ができて
 それが残っているから分かるんだそうです。

c0137404_11194465.jpg

 当時はギターではなくリュート。
 ギターというよりマンドリンのような形ですよね。
 
 チューニングは、6弦から
 G-C-F-A-D-G
 だったそうです。

 弦と弦の音程差は、
 |完全4度|完全4度|長3度|完全4度|完全4度| で、
 今のギターと違って、
 4弦と3弦の間が長3度なんですね。


 なぜ完全4度の音程差を基本にチューニングされているのかは
 この本には書いてありませんでした。

 例えばバイオリンは、
 G-D-A-E と
 完全5度の音程差でチューニングされています。
 主にメロディーを弾くバイオリンは
 その方が狭い範囲に広い音域が収まって
 都合がいいのかもしれません。

 でも、メロディだけでなく伴奏(和音)も弾くリュートは、
 完全4度くらいがちょうど良かったのかもしれませんねぇ。
 で、さらに、完全4度じゃ音が離れ過ぎて、
 3度で重なる和音が弾きづらくなる個所もあるんで
 半音少ない長3度の場所も作ったんでしょうか??


 それからこの頃は、マンドリンや12弦ギターのように
 2本一組の複弦になっているんですよね。

 それは音量を稼ぐためと
 低音弦はオクターブ違いで重複させて
 倍音を豊かにするためだったようです。

 当時は全部ガット弦だったわけですからね。
 しかもきっと今より質の悪い・・・。

c0137404_12515970.jpg

 その後、形が今のギターに近いビウェラという楽器が登場。

 そのビウェラの6本の弦の上と下を1本ずつはずして
 4本弦にしたギターラという楽器ができ、
 これが今のギターへと進化していったようです。

 音程差は、 |完全4度|長3度|完全4度|
 必ず長3度が入っているのも不思議です。


 16世紀末には、
 この4弦のギターの低音側に1本足されて
 |完全4度|完全4度|長3度|完全4度| の
 5弦になっていたそうです。

 今のギターの5弦から1弦と同じ。
 ただ弦の長さは長短いろいろあったようですので、
 チューニングもいろいろあったのかもしれません。

 今もバリトンギターとかギタレレとか
 いろいろありますもんね。

 16世紀末~18世紀までは、
 そんなギターだったようです。

c0137404_1131593.jpg

 そして18世紀末、
 ある画期的な発明から
 今のギターの原型ができあがりました。

 それは「巻弦」の発明です。

 この発明によって倍音豊かな低音が出せるようになって
 さらに下に6本目の弦が足されるようになりました。
 複弦も必要なくなって1本弦が主流になりました。

 弦の音程差は、
 |完全4度|完全4度|完全4度|長3度|完全4度|
 チューニングも
 E-A-D-G-B-E という
 今のギターと同じになりました。

 1770年~1800年頃だそうです。

c0137404_1328939.jpg

 この6弦の E を足すことで
 クラシック音楽によくある終止形のT-S-D-Tを
 いろんなキーで演奏しやすくなったということと、
 メロディーと和音が弾きやすくなったことが
 あげられるそうです。

 T-S-D-T、
 トニック→サブドミナント→ドミナント→トニック
 Aキーで言えば、A→D→E→A
 が弾きやすくなったということなんですかねぇ??

 音楽理論の本も少し読んでみる
 カデンツとかケーデンスという
 クラシック音楽ではお決まりの
 「終止形」というものが出てくるので、
 何となく繋がってきます。


 ところで、音楽理論の本には、
 「テトラコルド」という古代ヨーロッパで決められた
 ドレミファソラシドの基本について書かれていたりするんですが、
 そこで重要になるのが「完全4度」という音程差なんですよね。

 「5度サークル」も反時計回りに見れば「4度サークル」だし、
 ギターの弦と弦の音程差が4度が基本になっているのも
 実はそんなところから来ているのかもしれませんよねぇ~。

 試しに全弦を4度間隔でチューニングしてみると
 コードが押さえられなくなってしまいます。

 3弦と2弦の間が半音短い
 長3度になっているだけで全然違うもんです。

 いろいろな人が長い歴史の中で様々な工夫をして
 今のギターができているんですねぇ。

 そして、この先もギターはどんどん進化していくんでしょうし、
 いろいろ興味が尽きません。
 
c0137404_11351764.jpg
TOKYOハンドクラフト・ギターフェス」で見かけた古楽器

by acogihito | 2015-08-04 21:55 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by yokoyandes at 2015-08-07 14:55 x
acogihitoさんへ

現在のギターの原型がリュートだということは、以前からStingがリュートをメインにしたCDを出したりしていて、知っていたのですが各弦の度数など、目から鱗でした。勉強になります。
現在のギターは、永い先人の知恵の集大成な訳ですね。
現代に生まれてきて良かったです。15~16世紀くらいに生まれてたら、タブラチュア弾いてたのかな?そう考えると、TAB譜の歴史は、古いですね。若い頃は、TABギタースクールの打田さんが考えたんだと思ってました。(笑)
Commented by acogihito at 2015-08-08 00:22
yokoyandesさま
コメントありがとうございます。

ホント、先人の知恵の集大成ですよね。
そしてまだまだ進歩しているのが嬉しいです。

スチールギターができて、エレキギターができて、
また今、スチール弦のアコースティック・ギターが発達していますよね。

この先、どう進歩して行くのか、楽しみです。

<< 『 ジムノぺディ 』 を弾いて... 『 AR-GC #420 』 ... >>