<< 南澤大介一門 “EAST” 発...      ギターの歴史 >>

『 ジムノぺディ 』 を弾いてみました!



 南澤大介先生の
 「ソロ・ギターのしらべ/無上のクラシック・スタンダード篇」より
 エリック・サティの 『 ジムノぺディ 』 を弾いてみました。
 3曲あるジムノぺディのうちの第1番です。

 高橋悠治さんのピアノ演奏のCDも参考にしてみました。

 初めて弾く3拍子、ワルツの曲で、
 テンポや強弱の付け方も
 それまで慣れ親しんできたロックやポップスと違い
 ゆっくりな曲の割には難しかったです。

 でも、練習はとても楽しく有意義でラッキーでした。


 年始に
 「今年はエリック・サティのジムノぺディでも弾いてみたいな」
 なんて思っていたら、
 ちょうどそれに合わせてくれたかのように南澤先生主催の
 『みんなでクラシックを弾いてみよう!』キャンペーンが始まりました。

 さらにちょうど合わせてくれたかのように
 東京・渋谷の東急「Bunkamura ザ・ミュージアム」で
 『エリック・サティとその時代展』なんていう
 展覧会が開かれたんですよね。

 ただ練習するだけでなく、
 目標と、その作曲家の時代背景まで知ることができて
 とても有意義な練習期間を過ごすことができました。


 エリック・サティの『ジムノぺディ』。
 どこか懐かしいような不思議な浮遊感を持つこの曲は、
 1888年、サティが22歳の時の作曲なんですよね。

 ポール・マッカートニーが「イエスタディ」を作曲したのと
 ほぼ同じ年齢。

 天才音楽家は、若くして素晴らしい曲を
 作るもんなんですねぇ!
 
 使用ギターは、Yokoyama Guitars 『AR-GB #555』
 昼間はセミがうるさいので、
 夜、静かになってから収録しました。

 『みんなでクラシックを弾いてみよう!』キャンペーンの締め切り
 8月31日の前にアップできて良かったです。

c0137404_1291958.jpg
 

by acogihito | 2015-08-11 23:04 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 南澤大介一門 “EAST” 発... ギターの歴史 >>