<< エスケープで逃避行! その1      信頼の楽器店 >>

指板のドレミを覚えたい・・

c0137404_21241234.jpg

 以前、友人から
 「だいぶ上手くなったんだから、
 もう人に教えられるんじゃない?」
 なんて言われたことがあります。

 確かに、ソロ・ギターを始めたばっかりの頃の自分が、
 今の自分を見たら「すっげぇ~!」と思うだろうと思います。
 弾きたいと思っていた『天国への階段』とか、
 弾けちゃってるんですもんねぇ。


 だけど、とても人に教えることはできません。

 まず第1に、譜面がちゃんと読めないんですから・・・。

 もし「この曲のこの部分・・・」と誰かに知らない譜面を見せられても
 それがどんな曲なのか、読み解くことができないんです。

 ・・・で、読譜に関しては、
 少しずつ読めるように練習しています。

 まるで、小学1年生が
 ひらがなから読み書きの練習を始めたような感じです。

 まだまだおぼつかないけど、
 でも、指でドレミファソ・・などと
 たどりながら読んでいた頃よりは
 少しずつ進歩しています。


 そして2番目が、
 指板上のドレミファソラシドの位置が
 わかっていないんですよね・・・。

 鍵盤楽器は弾けないけど形状からわかるのに
 毎日弾いているギターはわからない・・・。

 『天国への階段』とか弾いちゃっても
 指板上のドレミファソラシドがわかっていないんです・・・。

 実は随分前にも同じようなことを思ったのですが、
 覚えるより曲の練習をしたいという気持ちが先走り、
 結局、覚えていないんです。

 う~む、これはやっぱりいけないですよねぇ・・・。


 ・・・と思っていたら、
 まさに今のボクのために出版されたような本を見つけました。

 宮脇俊郎:著 『指板上のドレミをパーフェクト・マスター』!!

 「慢性TAB譜依存症にさようなら」
 というサブタイトルが付いています。

 いろいろな方法で、
 とにかく「指板上のドレミファソラシドを覚えよう」という本です。

 以前買った理論の本でも
 「Cメジャー・スケールの音の位置は
 徹底的に覚えなさい」なんて書いてあるし、
 今度こそ、じっくりゆっくり覚えてみようと思っています。


 弾けなかった『天国への階段』も弾けるようになったし、
 指板のドレミもちょっと努力すれば覚えることができるだろうと
 楽観的に考えています。

 そうして、譜面も読めて、
 指板もパッとわかるようになれればかっこいいよなぁ~!!

 友人に「人に教えられるんじゃない?」と言われて
 「そうだねぇ~、できなくはないかなぁ~」と、言えるくらいになれれば
 最高なんですけどねぇ~!!

by acogihito | 2015-10-20 21:44 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< エスケープで逃避行! その1 信頼の楽器店 >>