<< ハープギターの実演、見てきました!      エスケープで逃避行! その1 >>

そうか、パット・メセニー (Pat Metheny)

c0137404_2144236.jpg

 先日、J-WAVE ジェイウェイブ:東京のFMラジオ)を聴いていたら
 パット・メセニーの「LAST TRAIN HOME (ラスト・トレイン・ホーム)」の
 ソロ・ギター・バージョンが放送されました。

 わぁ、懐かしい!大好きな曲!

 しかもソロ・ギター・バージョンがあるなんて知りませんでした。

 「LAST TRAIN HOME」は、
 J-WAVEが1988年に開局したのと同時に始まった
 「PAZZ AND JOPS (パズ・アンド・ジョップス)」という
 ジャズでもないポップスでもない
 フュージョン系の曲をかける夜の番組の
 エンディング・テーマ曲でした。
 まさにLAST TRAIN HOMEという感じの夜汽車の疾走感と、
 ちょっと物悲しい曲調が大好きで、CDも買いました。

c0137404_21441273.jpg

 ただ、ボクにはちょっと遅かったのでしょうか。

 1980年代の前半は、
 ラリー・カールトンやリー・リトナーなど
 いろんなフュージョンを良く聴いていたんですが、
 80年代後半は嗜好が変わったのか、
 パット・メセニーはそのまま忘れてしまっていました。

 ところが今、ソロ・ギター・バージョンで
 改めてパット・メセニーと出会ったのです。

 わぁ~、いいなぁ~!



「LAST TRAIN HOME」のフレーズが出てくるのは1分40秒頃から


 「LAST TRAIN HOME」が収録された
 ソロ・ギター・アルバム「One Quiet Night」は、
 ボクがソロ・ギターに興味を持つ前の
 2003年に発売されていたんですね。

 発売当時に聴いたら、きっと
 その良さに気付かなかったでしょうけど、
 今聴くととってもいい!

 普通のギターではなく、
 チューニングが5度低いバリトンギターを使っているので、
 ベース音がしっかりしていて、
 全体にチェロっぽい、しっとりとした印象です。

 へぇ、バリトンギターって、いいもんだなぁ~!

 2011年に発売された「What's It All about」という
 ソロ・ギターのカバー曲集も買ってみました。

 南澤先生と違って
 原曲が何だかわからないまでにアレンジしてしまいますが、
 どれもパット・メセニー節といいましょうか、
 やっぱり夜っぽく、ちょっと物悲しい感じがして、
 とっても落ち着く雰囲気です。

 そうか、いいなぁ、パット・メセニー!!

 今、改めてパット・メセニーに魅せられています。



ライブ演奏、シタールギターが渋い!


 「LAST TRAIN HOME」のソロ・ギター・アレンジは、
 パット・メセニーご本人の演奏もいいですが、
 原曲に忠実なこちらのアレンジも素晴らしいです。



by acogihito | 2015-11-03 22:23 | ★アコギ関連 | Comments(6)  

Commented by sguitar6142343 at 2015-11-04 05:32
本当に民族的というか、叙情的というかおっしゃっている通りの雰囲気の曲ですね!
ボクもすごく好みです。

最近いろんな音楽を聴くようにしてるので興味深い記事ありがとです。
またひとつの曲をしれました^^
Commented by acogihito at 2015-11-05 00:07
sguitar6142343さま、コメントありがとうございます。
参考になられたのでしたら、ボクも嬉しいです。
それにしてもギター曲って奥深いですね!
Commented by オークフィールド at 2015-11-05 00:08 x
アコギヒトさんこんばんは!

パットメセニーのアコギもいいものですね!
初めて聞きました。

いくつかアルバムを持っていますが、ウネウネとした独特の世界観がアコギではまったく別物のように聞こえますね。

JAZZと言えば、ジョー・パスもなかなかいいものですよ。最近、ヤマハより数年前のJAZZギター本を再編集した「ジャズ・スタンダード・コレクション30」が発売されてます。ジョー・パスファンは必見だと思います。
Commented by acogihito at 2015-11-05 06:23
オークフィールドさま、コメントありがとうございます。

今回、改めて「LAST TRAIN HOME」の入った「Still Life (Talking)スティル・ライフ (トーキング)」というアルバムも聴いたんですが、確かにウネウネとした独特の世界観がアコギではまったく別物のように聞こえますね。

フュージョンは聴いても、本格的なジャズは聴いてこなかったので、ジョー・パスも改めて聴いてみます。
お勧め、ありがとうございます!
Commented by かつ at 2016-04-09 21:57 x
某アニメのエンデイングで使われてますが、何で聞き覚えがあるんだろうと不思議に思っていました。
なるほどJ-WAVEの番組エンデイングで使われていたんですね。
やっと分かりました、ありがとうございます。
私も世代的にリー・リトナー、ラリー・カールトン、イエスやピンクフロイドなどに傾倒した親父です。
Commented by acogihito at 2016-04-10 00:34
かつ様、コメントありがとうございます!

リー・リトナー、ラリー・カールトン、
イエスやピンクフロイド、
エマーソン・レイク・アンド・パーマー、
日本だとカシオペアや高中正義、渡辺香津美などなど・・。
今はCDが売れず、音楽そのものを聴かない人も
増えている時きました。
ボクらはホント、良い時代を生きてきたという気がします。
感謝感謝です。

<< ハープギターの実演、見てきました! エスケープで逃避行! その1 >>