<< 岸部眞明さんの演奏に癒された夜      楽しかったぁ~! ヨコヤマギタ... >>

「アコースティック・ギター作りの匠たち」

c0137404_2323358.jpg

 シンコーミュージックから出版された
 「アコースティック・ギターの匠たち」という本を買いました。

 ギター仲間に聞くと、
 雑誌「アコースティック・ギター・ブック」の記事をまとめたもののようですが、
 いつも買っていなかったボクにとっては新鮮です。

 押尾コータローさんがグレーベンについて語るインタビュー記事があったり、
 日本や海外の16人のルシアーのインタビュー記事があったりして、
 それぞれのギターに対する思いが伝わってきて
 とても参考になります。

 もちろん、ボクのギターも作ってくれた
 横山 正さんのインタビュー記事もあって、
 改めて、その心意気に惹かれました。

 さらにローズウッドやマホガニー、スプルースといった
 ギターの材に関する記事もあり、
 リットーミュージックから出ている雑誌
 「アコースティック・ギター・マガジン」での大特集などで
 ある程度は知っているものの
 ここではグッと簡潔にまとまっています。
 
 また「ブレイシングの基礎を知る」という記事では、
 横山さんはじめ、何人かのルシアーのこだわりが語られていて
 参考になりました。

 そのほか、録音する時のマイクのセッティング方法など、
 アコースティック・ギターに関する様々な情報が
 コンパクトにまとまっていてなかなか楽しかったです。

 録音に関しては1冊の本として出版されたり、
 メインテナンスをまとめた本も出されたり、
 ついつい買ってしまうんですが、
 マニアにとっては嬉しい限りです。

by acogihito | 2015-12-13 23:45 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 岸部眞明さんの演奏に癒された夜 楽しかったぁ~! ヨコヤマギタ... >>