<< スゴイね、藤原さくらさん      エリック・クラプトン、観てきました! >>

エスケープで逃避行! その3

エスケープで逃避行! その3_c0137404_21521066.jpg

 なんだかんだで忙しく、
 仕事に追いまくられる日々からエスケープ!
 少し前になりますが、ある日の夜、
 急に思い立って東京を脱出しました。

 日帰り旅行と言えば、
 朝早く出て、その日のうちに帰ってくる半日の旅行ですが、
 この場合は、夜に出て行って目的地に着いて、
 車中泊して、絶景の朝を迎えて、早めに帰るという
 ちょっと時間をずらした半日の小旅行です。

 なんて言えばいいのかな?
 今度、名称を考えてみようかな。

 旅の相棒は、もう15年目になるフォードのSUV
 「エスケープ」というクルマです。

エスケープで逃避行! その3_c0137404_2333574.jpg
エスケープの荷室
 

 このクルマ、
 セカンドシートを倒すと荷台は完全にフラットになります。
 そして荷室の天井までの高さが97センチあります。

 今まであまり気にしていなかったんですが、
 いろいろなクルマのカタログをWebで見てみると、
 同じSUVでも荷台が完全にフラットにならないクルマがけっこう多いんですね。
 セカンドシートを倒しても斜めになっていたり、
 段がついたりするクルマが多いんです。

 また、荷室の高さも90センチないクルマがほとんどなんですね。
 84センチ~90センチくらいが多くて、
 97センチはかなり高い方です。


エスケープで逃避行! その3_c0137404_2253296.jpg
(参考) 他車の荷室、左下のクルマは高さが足りず窮屈そう?
 

 エスケープは、荷台の面積は多くのSUVと変わらないものの、
 荷台がフラットなので、対角線上ならまっすぐ体を横にできるし、
 天井までの高さもあるので、身長173センチのボクなら
 座っても頭が当たることなく、思ったよりゆったりできるんです。

 おお、これはラッキー!
 15年目にしての新発見でした。

エスケープで逃避行! その3_c0137404_23345468.jpg

 長さ180センチの銀マットを
 荷室の形状に合わせて切って、
 その上に寝袋を敷けば、
 スルスルと滑るので寝返りも楽にできます。

 エコノミークラス症候群も これなら大丈夫なんじゃないでしょうか。

 テーブルをセットして、小物類も効率的に配置すると、
 何だかカプセルホテルの中みたいな感じです。

エスケープで逃避行! その3_c0137404_2245196.jpg

 そして、テザリングでパソコンもネットにつないで、
 家にいるのと同じように音楽を聴きながら
 仕事関係のメールもチェックするなどして、睡眠。

 家のベッドよりは少々固いマットですが、
 キャンプと思えば問題なく快適です。

 そして、いつもと違う朝を迎えるのです。 

エスケープで逃避行! その3_c0137404_2254441.jpg
        天井は普通に座って十分余裕があります
 








 さあ、翌朝です・・・

エスケープで逃避行! その3_c0137404_22211315.jpg

 おお、富士山!!
 快晴ではないけれど、くっきり見えます。

 ここは富士五湖のひとつ、「精進湖」です。

 世界遺産に登録された富士山の構成資産のひとつとなっています。

 ここで朝を迎えてみようと思ってやって来たんです。

 う~ん、来て良かった!
 
 心が洗われるようです。

エスケープで逃避行! その3_c0137404_22145233.jpg
 
 富士山を眺めながら熱いコーヒーを飲んで、
 近くの温泉に入って、
 本当に身も心も洗って、
 地元名物の「吉田のうどん」を食べて、
 お昼前には帰路に。

 多くの観光客がやってくる前に帰っちゃう感じです。

 そうすると15時には家に着いて、
 その後は普通の休日として家で過ごせます。

 本来なら連休を取って
 もっとゆっくりしたいところなんですが、
 そうもいかない時は、
 こうして半日だけの小旅行でも
 思った以上に良い気分転換になることがわかり、
 今、とっても気に入っています。

 また行きたくなってしまった~!!

エスケープで逃避行! その3_c0137404_22275788.jpg
 

by acogihito | 2016-04-24 00:51 | ☆アウトドア | Comments(0)  

<< スゴイね、藤原さくらさん エリック・クラプトン、観てきました! >>