<< 打田十紀夫さんのライブ~垂石雅俊さん      こんな時のためにも? >>

『 いとしのレイラ 』の練習が楽しい!

c0137404_9323375.jpg

 ここ最近、
 「ソロ・ギターのしらべ~悦楽の映画音楽篇 (2006年)
 に収録されている
 『 いとしのレイラ 』 の練習を楽しんでいます。

 この曲は、もうずいぶん前から練習していますから、
 一通りは弾けるんですが、
 細部を改めて確認しているという感じです。

 原曲は多重録音され、
 イントロだけでも4~5本のギターの音が重ねられています。
 それにドラムとベースが加わるわけですから、
 4~5人で演奏したバンド曲というより、
 10人くらいで演奏した
 ギターアンサンブルなんですよね。

 しかも
 ボーカルラインのバックにギターソロが重なったり
 ギターリフと複雑に絡み合ったりしています。

 これをギター1本に置き換えるわけですから大変です。
 アレンジにおいてはどこを省略するかが大事なんですね。

 南澤先生のアレンジは大変素晴らしいのですが、
 最近の作品、例えば
 「ソロ・ギターのしらべ/感涙のバラード篇 (2016年)」に
 改めて収録された
 『ホテル・カリフォルニア』や
 『ボヘミアン・ラプソディ』などと比べると、
 少しざっくりしているところがあるようにも感じます。

 そこで、改めて原曲と聞き比べて、
 「ここにこの音を追加できないかな?」
 「このフレーズをもっと生かせないのかな?」など、
 自分なりに手を加えてみようと思っているんです。

 自分でも思い入れがある曲ですからね。

 やってみると、
 「お、いいぞ!いけるかな?」と思ったり、
 やっぱりうまくいかず、
 「なるほど、大したもんだなぁ~!」と
 改めて南澤先生のアレンジに感心したり、
 試行錯誤の連続です。

 でも、それが今、とっても楽しいんですよね。

 「次にYouTubeにアップするのはこの曲にしよう」
 と目論んでいるんですが、
 まだまだ当分はこの試行錯誤を重ね、
 じっくりゆっくり練習を楽しんでいきたいと思っています。


 

by acogihito | 2016-07-24 08:43 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 打田十紀夫さんのライブ~垂石雅俊さん こんな時のためにも? >>