<< お気に入りのクリップ・ウォッチ...      『 いとしのレイラ 』の練習が... >>

打田十紀夫さんのライブ~垂石雅俊さん

c0137404_14445190.jpg

 7月17日(日)、
 東京・曙橋にあるバック・イン・タウンで行われた
 打田十紀夫さんの『どこかで春が』発売記念ライブに行ってきました。

 ところがこの日、
 日曜にも関わらず仕事で、
 しかも予想より終了時間が遅くなってしまって
 会場に着いたのは第1部がちょうど終わった時間、
 拍手が聞こえてきた時でした。

c0137404_14451182.jpg

 そして、15分くらいの休憩の後、第2部開始。
 やっとライブが見れました。

 打田さんの新作CD『どこかで春が』は、
 今までのと違い、唱歌など日本の伝統曲を
 ブルースなどのアメリカン・ギター・スタイルで演奏するというもので
 これがとってもいいんですよね!
 
 ただ、この新作からの演奏は第1部でたくさんしたようで、
 第2部はいつもに近い演奏曲もあり、
 新作からは2~3曲しか聞けず、
 ちょっと残念でした。

c0137404_1446256.jpg

 そして、ゲストの垂石雅俊さんが登場。

 打田さんの今回のCDは
 メジャー・レーベルの「キングレコード」からの発売で、
 打田さんとキングレコードを結びつけたのが、
 垂石さんなんだそうです。
 
 ボクは垂石さんのお名前は知っていましたが、
 ライブ演奏を聴くのは初めてでした。

 ガット弦のいわゆるクラシック・ギターから
 スチール弦のアコースティック・ギターまで
 わけ隔てなく軽やかに演奏されるんですね!

c0137404_14462427.jpg

 ライブ終了後、打田さんとも 
 垂石さんとも直接お話しをする機会がありました。

 そうしたらビックリ!
 初めてお会いするのに垂石さんは
 ボクのことを知っていたんです。

c0137404_20133277.jpg

 垂石さんご自身の著書「ソロ・ギター練習帳」で
 我が師匠である南澤大介先生と対談したり、
 南澤先生の著書「ソロ・ギターのための練習曲集」に
 垂石さんの記事が出ていたりと交流があるようで、
 そんな時、ボクのことも話題のひとつになったようです。

 なんだか嬉しいような恥ずかしいような。(笑)

 このブログのことも御存じでした。
 ありがたいことです。

 ということで、初対面なのに
 「やあ!」という雰囲気の写真になりました。(笑)

c0137404_14471295.jpg

 ところで、垂石さんの著書
 「ソロ・ギター練習帳」では序章に書かれ、
 南澤先生の著書にも書かれた内容が
 ギタリストの「身体のメンテナンス」についてなんですよね。

 ボクもたぶんギターが影響して
 「肩こり」がひどくなったり、
 「テニス肘」になったりしたことがあって、
 「ボディ・マッピング」の本などを読んだりして、
 自分なりに身体の構造など少し研究したことがあるので、
 垂石さんの著書はとても参考になりました。
 
 楽しいはずのギターを弾いていて
 身体を壊してしまったら元もこうもありませんよね。

 だけど、なぜ、御自身の著書の序章から
 身体のメンテナンスなんだろう?と思っていたら、
 ちょうど発売された「アコースティック・マガジンvol.69」に
 垂石さんの記事が出ていて、
 腱鞘炎になって1年近くギターが弾けなかった時期があったと
 書いてあったんです。

 なるほど、ご自身もつらい時期を経験したからこそ、
 いろいろ研究し、ストレッチなどを考案し、
 新たにギターを始める人たちに
 身体を壊してほしくないという
 願いが込められた内容だったんですね!

c0137404_1447384.jpg
 
 写真に写っているのは垂石さんの新作CD。 (サイン入り)
 クラシック・ベースのしっかりした基礎がありながら、
 どっぷりクラシックにならず、
 ポップでとても耳馴染みがいいんですね。

 梅雨が明け、外は激しい日差しの昼下がり、
 エアコンが効いた部屋で、コーヒーを飲みながら聴いています。

 アルバムタイトルは、
 「Cafe de Gutaer~ギターでくつろぐカフェ時間~」(キングレコード)

 う~ん、まさにピッタリ!

 良い時間を過ごさせてもらっています。


by acogihito | 2016-07-31 00:44 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< お気に入りのクリップ・ウォッチ... 『 いとしのレイラ 』の練習が... >>