<< 勉強になりました! 打田さんの...      お気に入りのクリップ・ウォッチ... >>

夏休みは湖畔でキャンプ!

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_20234888.jpg
西湖キャンプビレッジ・ノーム


 2016年8月11日(木)の夜から
 13日(土)まで
 毎年、一緒にキャンプに行っている
 友人N氏と富士五湖の一つ、
 西湖へ行ってきました。

 いやぁ~、楽しかった!

 心から満喫し、
 リラックスできました。

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_052727.jpg
薪を割る友人N氏


 今回はやってみたいことが
 いくつかありました。

 ひとつはCMになって注目を集めている
 「スウェディッシュ・トーチ」です。

 友人N氏が
 自宅の庭に生えていたモミジが
 枯れてしまったということで、
 ノコギリではなく「オノ」を購入して
 切り倒し、丸太にして持ってきたんです。

 まさに自給自足ですよね!

 現場ではそれをさらに4等分します。

 気分は「マンダム・男の世界、
 チャールズ・ブロンソン
」って感じです。

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_16132387.jpg

 そして「スウェディッシュ・トーチ」です!

 正式な作り方は良くわからず
 見よう見まねのところがあるんですが、
 思った以上にうまく行きました。
 
 火加減がちょうど良く、
 さらに煙による燻製効果も加わって、
 厚切りの牛肉がいい感じに焼けて
 最高でした!


 もうひとつは本当に「燻製」です。

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_16232348.jpg

 こちらも初挑戦だったんですが、
 簡易キットだったからか、
 食材の選択が良くなかったのか、
 不味いわけではなかったんですが、
 ちと残念な結果になってしまいました・・・。
 
 失敗したというのではなく、
 スウェディッシュ・トーチの圧倒的威力の前に
 イマイチ、大したことがない
 という印象になってしまったんです。

 それとは逆に予想以上に美味しかったのが
 「自宅にあったから」と
 友人が持ってきた「そうめん」と
 ボクが持って行った「カレー」です。

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_1635123.jpg
天ぷらはスーパーで買い出し


 そうめんは富士山の湧き水で茹で、
 湧き水で洗い、冷やしました。

 これが最高で、「そうめんって
 こんなに美味いものだったんだ」と
 再認識させられました。

 続いてカレーです。

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_22335899.jpg
ニンジンを花形に切ってみました


 カレーに入れる食材は近所のスーパーで
 買い出してきました。

 カレールウは頂き物だったんですが、
 これがビックリするほど美味かったんです。

 やっぱり、キャンプの定番料理は
 最高なんですね!

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_22342089.jpg

 ところで、今回は真夏のキャンプ。

 自宅付近では連日、
 猛暑が続いていましたから、
 富士五湖周辺でもそれなりに暑いんだろうと
 着替えをたくさん持って行きましたが、
 日中でも思った以上に涼しく、
 夜になると寒いくらいでした。

 焚火をしても
 火の温かさが心地良い感じ。

 そして、テレビでもインターネットでもなく
 ちらちらと燃える炎を眺めながら
 ゆっくりとした時間を楽しみました。

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_22343491.jpg

 さて、キャンプ場の夜は
 とても早いんですよね。
 多くの人が10時頃までに
 就寝してしまいます。

 ボクらも9時過ぎには
 眠くなってきてしまったので、
 テントの中のキャンプ・ベッドに
 もぐりこみました。

 今回、ボクらは、
 前日の夜に自宅を出発して、
 富士五湖のひとつ、西湖の隣の精進湖で
 簡易キャンプをして1泊、
 朝早めに起きて、
 周辺を散策したり、
 食材などを買い出しして、
 西湖のキャンプ場に入りました。

 このキャンプ場は、
 周辺のキャンプ場より
 利用料が割高なんですが、
 その分、紳士的な人が集まってくるようで、
 夜遅くまで騒ぐ人もなく
 とっても静かで
 朝までぐっすり眠れました。

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_22393962.jpg

 夜が早い分、朝も早いキャンプ場、
 太陽と共に活動する感じで健康的ですよね。

 みなさん、それぞれに優雅にゆったりと
 楽しんでいる様子を眺めていると、
 こちらまで気持ちが和んできます。

 友人は西湖一周のマラソンに出かけ、
 ボクは周辺の散歩と
 ちょっとだけギターを楽しみました。

 まさに朝めし前ですよね。

 そして朝食です。

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_2242671.jpg

 朝食は昨夜のカレーの残りと
 燻製したチーズとゆで卵など。

 この中で、ボクが手にしているのが
 真っ黒く見えますが、
 友人N氏が手作りした
 ブルーベリージャムです。

 自宅の庭で採れたブルーベリーで
 作ったんだそうです。

 ええっ?お前がジャム作ったの??

 N氏は中学時代からの親友ですが、
 当時の悪ガキぶりを知っていると
 手作りジャムが不釣り合いで
 おかしくなってきてしまいます。

 ところがこれが
 メチャメチャ美味くてビックリ!

 あまりに美味かったので、
 残った分は「くれないか」と懇願し、
 お土産としてもらってきました。

 燻製も一晩 熟成させて
 とっても良くなっていたんですが、
 今度はブルーベリージャムの美味しさに
 負けてしまった感じです。

 いや~、それにしてもたらふく食べ、
 ボクらも朝から優雅な時間を過ごすことが
 できました。

夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_22481798.jpg
友人の手作りブルーベリージャム


 その後、ゆっくり撤収して
 キャンプ場近くの温泉に入り、
 お盆休みから帰京する
 本格的な大渋滞の前に
 帰路に着きました。


 今回のキャンプは1.5泊という感じでした。

 決して長い時間ではなかったですが、
 なんだかものすごくゆっくり過ごし、
 心から堪能、リラックスできました。

 ありがとうございます。

 友人N氏に感謝です。


夏休みは湖畔でキャンプ!_c0137404_22532359.jpg
右の四角い建物がサントリーのビール工場、左側に府中競馬場、
都心へ向かう中央高速の上りなのでユーミンの歌と逆に見えますが
変わらずに存在しているのが嬉しいですよね!

 

by acogihito | 2016-08-15 20:23 | ☆アウトドア | Comments(2)  

Commented by オークフィールド at 2016-08-15 23:38 x
あこぎひと様 こんばんわ!

わたしも8月11日から2泊3日で念願の尾瀬に行ってきました。
関西人である私はなかなか尾瀬に行くチャンスがなく、ようやく今年実現することができました。
かみさんと二人で山小屋に泊まり夕日に染まる尾瀬、星降る尾瀬、朝靄の尾瀬と刻々と変わる尾瀬を満喫することができました。
ゆっくりと夜空を見上げることもない日々を過ごしていましたが、尾瀬の夜空を見上げると、こんなに星がまたたいていたのか、こんなに流れ星が流れていたのかと、ひたすら感動です。
また、朝靄の尾瀬も幻想的で日が昇るとき一筋の光が尾瀬に差し込むさまは涙ものでした。関東の人がうらやましい限りです。
Commented by acogihito at 2016-08-16 00:38
オークフィールドさま、こんばんは!
コメントありがとうございます。

関西からだと新幹線を乗り継ぐ感じで尾瀬はけっこう遠いですよね。
でも、クルマ社会とは隔離された最高の場所ですよね。

しかも8月12日、13日というのは、ちょうどペルセウス座流星群の活動が極大になった日なんです。
ご覧になられた流れ星はそれですね!

ボクがいた富士五湖方面は、夜になると曇ってしまって見ることができませんでした。

尾瀬、しばらく行ってないので、オークフィールドさんのコメントを読んで、また行きたくなりました。

ありがとうございます!

<< 勉強になりました! 打田さんの... お気に入りのクリップ・ウォッチ... >>