<< 下山亮平さんのライブ      リッケンバッカーの音がする!「... >>

荘厳な響き

んん? ここはどこ??
c0137404_4432128.jpg




どこかの大聖堂でしょうか??

c0137404_584334.jpg


それとも どこかの大宴会場??
↓ 
c0137404_6572046.jpg


はたまた SF映画のワンシーンとか??
↓ 
c0137404_66204.jpg




 いえ、実はギターの中、
  Yokoyama Guitars 『AR-GB #555』 のボディの中なんです。

c0137404_622131.jpg


 サウンドホールからカメラを入れて
 ボディ下の部分を見た様子です。

 弦を交換する時に撮ってみたら
 こんな荘厳な空間になっていました。

 天井に見える部分に交差する
 綺麗に削られたラティスブレーシングが美しい!

 トップ材は光を通すんですね、ビックリです。
 幻想的に赤みがかって光っていました。


c0137404_4443578.jpg
 
 ブレーシングの様子は、
 ヨコヤマギターズの製作時に送ってきてもらった写真
 見たことはあるんですが、
 実際にいつも弾いているギターの中を見て確認すると
 なんだかとっても感動です。

 ラティスブレーシングは音の立ち上がりが良く、
 弾くと、弦の響きがトップ材全体に伝わって振動します。

 バックのラダーブレーシングは、
 必要以上の残響をカットして、
 止めたい時は音がピタッと止まります。
 
 つまり響きすぎることなくタイトで
 とってもコントロールしやすいんです。
 
c0137404_724946.jpg

 讃美歌やパイプオルガンの音色が荘厳な雰囲気で響き渡る大聖堂。
 
 ギターのボディの中も、それと同じように神々しい空間なんだと改めて感じ入りました。



by acogihito | 2016-09-25 08:42 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 下山亮平さんのライブ リッケンバッカーの音がする!「... >>