<< 立ち位置の違いから見える景色の違い      荘厳な響き >>

下山亮平さんのライブ

c0137404_21162686.jpg

 10月1日(土)、
 東京・水道橋にある「カフェらいん」で行われた
 下山亮平さんのライブに行ってきました。

 下山さんの演奏を聴くのはこれで2度目、
 前回も「カフェらいん」だったんですが、
 中川イサトさんと岸部眞明さんのジョイントライブの際に
 ゲストで演奏されていたのを聴いたのが初めてでした。

 その時演奏したのはわずか2曲だったんですが、
 とってもいい感じだったので、いつかはライブに行きたいと思い
 ようやく実現した感じです。

c0137404_2116416.jpg

 下山さんが使用するギターは「ウォーターロード」。
 ピックアップのシステムは「エム・ファクトリー」なので、
 同じウォーターロードのギターと
 ピックアップ・システムを使う岸部眞明さんと、
 サウンド的には近いものがあります。

 ですから、似たような印象を受ける曲もあるんですが、
 より繊細で詩的な曲が多いんですね。

 そういう曲は、岸辺さんより、
 メロディーが立っているように聴こえたんですが、
 右手を良く見てみると、
 南澤先生に近いほど、
 消音をしていたのが印象的でした。

 う~む、なるほど~!

 消音については、プロの方ならどなたでもされますが、
 どの程度までこだわるかは人によってかなり違って、
 とっても興味深いものですね。

c0137404_21165478.jpg
薬指で1弦をしっかり消音している


 そして今回、ゲストがベテラン・ギタリストの小松原 俊さん!

 「アーヴィン・ソモジ」のギターがいい音してました!

 ピックアップ・システムは、
 やっぱりエム・ファクトリーなので
 似たような傾向の音にはなるんですが、
 ちょっとまろやかな音色だったでしょうか。
 
 グッと落ち着いた演奏、円熟の味わいを
 堪能させていただきました。
 
c0137404_21171029.jpg

 ところで、下山さんも小松原さんも
 どちらかというと、今まで
 あまり聴いてこなかったんですが、
 やっぱり、生で聴くと「味」がありますね!

 下山さんはとっても低姿勢な方で、
 丁寧に進行していくライブが心地よく、
 ほとんど初めて聴く曲ばかりだったんですが、
 リラックスできたひとときでした。

 帰りに下山さんと小松原さんの新しいCDを購入、
 サインをしていただきました。

 ありがとうございました!
 いやぁ~、やっぱりソロ・ギターの演奏っていいですねぇ!

c0137404_21172437.jpg

by acogihito | 2016-10-02 21:55 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 立ち位置の違いから見える景色の違い 荘厳な響き >>