<< アコギの世界が華やいでる!?      ヨコヤマギターズ創立10周年を祝って >>

『 いとしのレイラ (LAYLA) 』 を弾いてみました!



 南澤大介先生の
 『 ソロ・ギターのしらべ~悦楽の映画音楽篇 』 に収録されている
 『 いとしのレイラ 』を弾いてみました。

 エリック・クラプトンがデレク・アンド・ザ・ドミノスというバンドで発表した
 ロックの名曲です。


 ちなみに原曲は、↓ こちら!


 いやぁ~、この曲、
 「悦楽の映画音楽篇」の中で難易度は「B」なんですが、
 弾いてみると、それ以上に難しく感じました。

 確かにある程度まではすぐに弾けるんですが、
 原曲の雰囲気がなかなか上手く出せないんです。

 原曲は、たくさんのギターが多重録音され、
 とっても賑やかですからねぇ。
 
 それをソロ・ギターにすると
 どうしてもスカスカな感じがしてしまって・・・。

 ということで、自分でも譜面上の隙間に
 音を入れられるんじゃないかと思って加えてみたり
 いろいろ研究してみました。

c0137404_16433839.jpg

 最初のうちは「おっ、いい感じ!」と思ったんですが、
 8分音符が並ぶ感じなって
 だんだん、どこがメロディだか、リフだか、
 はっきり分からなくなってきちゃったんです。

 で、結局、元の南澤先生のアレンジに戻しました。

 そして、改めて、
 南澤先生のアレンジは大したもんだと納得した次第です。


 さらに、このアレンジの素晴らしいところは、
 後半のピアノ・インスト部分まであるところなんですよね!

 前半の激しく荒々しい求愛部分と、
 後半の静かな安らぎ部分があってこそ、
 「いとしのレイラ」ですもんね!!

 この部分は、自分でちょっとだけ手を加えて、
 楽譜より長くしてみました。


 そして、エンディングでは、ちょっとギミックというか、
 デュアン・オールマンへのオマージュをささげてみました。

 デュアン・オールマンは、
 原曲の「いとしのレイラ」に参加しているギタリストで、
 流麗なスライド・ギターを聴かせていますからね。

 というわけで、ようやく通して弾けたので、
 YouTube にアップした次第です。

c0137404_16575651.jpg


 ところで、この曲を初めて弾いたのは、2008年
 もう8年も前になるんですね。

 当時、ソロ・ギターで再現されたロックの三大名曲である
 『 ボヘミアン・ラプソディ 』 『 天国への階段 』、
 そして、この『 いとしのレイラ 』を弾けるようになりたい!
 と夢見ていました。

 それが今では、とりあえず弾けるようになって
 YouTube にアップできたんですから嬉しいですし、
 全く弾けなかったころを思うと夢のようです。

 なんか、大いなる満足感を味わっています。

 改めて3曲、並べてみました。
 





by acogihito | 2016-10-23 00:20 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by 中山 敏 at 2016-10-23 12:08 x
あいかわらず、うまいですね。感心します。

最後のボトルネックはオリジナルですか?
Commented by acogihito at 2016-10-23 22:25
ありがとうございます!
ここのところ、ずっとこの曲ばかり練習していました。(^^ゞ
サビの部分で薬指を逆ぞり気味にするところがあるんですが、
指が固くて曲がらなくて苦労しました。
でも、上手く弾けなかったものが、だんだん弾けるようになってくると、
やっぱりうれしいですね!

最後のボトルネックは、原曲では後半に終始鳴っているデュアン・オールマンのスライド・ギターへのオマージュといいますか、原曲の最後にギターをキュンキュンと鳴らすところがあるんですが、その雰囲気を再現してみました。ww

<< アコギの世界が華やいでる!? ヨコヤマギターズ創立10周年を祝って >>