<< 押尾コータローさんのニューアル...      アコギの世界が華やいでる!? >>

リンゴ・スターに会ってきた!

c0137404_19265351.jpg

 2016年10月30日(土)
 東京・渋谷のNHKホールで行われた
 『リンゴ・スター・アンド・ヒズ・オール・スター・バンド
 のライブに行ってきました。

 いやぁ~、良かったです!

 バンド・メンバーは、
 リンゴ・スターのほか、
 ギターにTOTOのスティーブ・ルカサー、
 そしてトッド・ラングレン、
 キーボードが元ジャーニー、サンタナのグレッグ・ローリー
 ベースがMR.ミスターのリチャードペイジ、
 サックスやパーカションがウォーレン・ハム、
 そしてもう一人のドラムがグレッグ・ビソネット。

 1960年代、70年代、80年代に大活躍したミュージシャンたち、
 まさにオール・スター・バンドって感じです。

 ちなみにこのライブは、
 ストロボを付けなければ写真を撮ってもOKという太っ腹でした。

c0137404_18404362.jpg

 リンゴは、1940年7月7日生まれですから76歳。
 だけど、そんなことをちっとも感じさせず
 ピョンピョン跳ねたり、身軽にステージをこなしていました。

 いや~、嬉しいなぁ~!
 去年のポール・マッカートニーに続き、元ビートルズのライブ!
 
 今までリンゴの来日公演は何回かあったものの、
 見に行くことができていなかったんですよね。
 ですから、ようやく会えたという感じです。
 しかもこんなに元気!

 これでジョン・レノン以外の元ビートルズ3人のライブは見たことになります。

 ところで、ポールの場合、
 歳をとって明らかに若いころより声が衰えていますが、
 リンゴはもともと美声というわけでもないし、
 歌が上手いというわけではない半面、
 歳をとってもちっとも変わらないんです。

 そんなところが、なんかとってもいいんですよね。

 さらにライブ全体が程よくゆる~い感じがして、
 バンドメンバーもリラックス、
 リンゴと一緒に演奏できるのを楽しんでいる雰囲気が
 伝わってきてとってもいい感じなんです。

 すべてがリンゴの人柄なんでしょうね。
 
 リンゴは、ビートルズ時代の曲を中心に歌い、
 「ボーイズ」と「アイ・ワナ・ビー・ユア・マン」は、
 ビートルズのころと同じように
 ドラムを叩きながら歌いました。

c0137404_1826687.jpg

 『リンゴ・スター・アンド・ヒズ・オール・スター・バンド』の特徴は、
 リンゴがメインのリンゴのためのバックバンドではなく、
 リンゴを中心にメンバーが集まったバンドで、
 メンバーそれぞれが主役になって
 自分の持ち歌を歌うところにあるんですよね。

 じゃあ、スティーブ・ルカサーは何を歌うんだろう?
 と思ったら、
 なんとTOTOのヒット曲「ロザーナ」!

c0137404_1953423.jpg

 しかもリンゴがバックでドラムを叩くという!!
 まさに夢の共演です。

 ビートルズも大好きですが、TOTOも大好きでした。
 1960年代のビートルズは聞き始めた時には既に解散していましたが、
 1980年代のTOTOは、まさに現役時代に聞いていましたからね!

c0137404_1945965.jpg

 「ロザーナ」は今は亡きジェフリー・ポーカロという名ドラマーが叩いていて
 そのシャッフルは当時「TOTOシャッフル」と言われるほど特徴的でした。

 その「TOTOシャッフル」を
 やっぱりシャッフルが得意なリンゴが叩いちゃうなんて凄い凄い!

c0137404_1910211.jpg

 しかも「ロザーナ」だけでなく、
 「アフリカ」や「ホールド・ザ・ライン」まで演奏!
 
 スティーブ・ルカサーも昔と変わらないギター・ソロを響かせ、
 その瞬間はTOTOのライブのようでした!

c0137404_22535342.jpg

 そのほか、グレッグ・ローリーは「ブラック・マジック・ウーマン」といった
 「サンタナ」時代のヒット曲を熱唱するなど、
 リンゴの60年代に加え、メンバーそれぞれが
 70年代、80年代にヒットした持ち歌を歌うという
 これまたオール・スター・バンドならではの展開。

 しかも、いろいろな人のヒット曲を
 さらっとした雰囲気の中でも、
 きっちり演奏しちゃうのが、さすがです。

 ちなみにジャーニーのキーボディストでもあったグレッグ・ローリーが、
 当時ジャーニーのライバルでもあったTOTOのキーボード、
 デビッド・ペイチやスティーブ・ポーカロのパートを演奏し、
 グレッグ・ローリーがサンタナ時代の歌を歌う時は、
 スティーブ・ルカサーが
 カルロス・サンタナのギターパートを演奏するってのも
 面白いもんですよねぇ~!

c0137404_2118950.jpg

 そして最後は、ビートルズ時代のリンゴの持ち歌
 「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」を
 会場のみんなで熱唱して大盛り上がり!!

 いや~、すっごく楽しく素晴らしいライブでした!!

 ありがとう!
 とっても良い時間を過ごすことができました。
 
 Thank You,, RINGO!

c0137404_1931574.jpg

 ちなみにセットリストはこんな感じでした。
 
  1. マッチボックス 〈カール・パーキンス/ビートルズ〉
  2. 明日への願い 〈リンゴ・スター〉
  3. ホワット・ゴーズ・オン 〈ビートルズ〉
  4. 瞳の中の愛 〈トッド・ラングレン〉
  5. エヴィル・ウェイズ 〈ウィリー・ボボ /サンタナ〉
  6. ロザーナ 〈TOTO〉
  7. キリエ 〈MR.ミスター〉
  8. バング・ザ・ドラム・オール・デイ 〈トッド・ラングレン〉
  9. ボーイズ 〈ザ・シュレルズ/ビートルズ〉
 10. ドント・パス・ミー・バイ 〈ビートルズ〉
 11. イエロー・サブマリン 〈ビートルズ〉
 12. ブラック・マジック・ウーマン/ジプシー・クィーン 〈サンタナ〉
 13. ユア・シックスティーン 〈リンゴ・スター〉
 14. バック・オブ・ブーガルー 〈リンゴ・スター〉
 15. ユー・アー・マイン 〈リチャード・ペイジ〉
 16. アフリカ 〈TOTO〉
 17. 僕のリズムを聞いとくれ 〈ティト・プエンテ/サンタナ〉
 18. アイ・ワナ・ビー・ユア・マン 〈ビートルズ〉
 19. 愛こそ証 〈トッド・ラングレン〉
 20. ブロウクン・ウイングス 〈Mr.ミスター〉
 21. ホールド・ザ・ライン 〈TOTO〉
 22. 想い出のフォトグラフ 〈リンゴ・スター〉
 23. アクト・ナチュラリー 〈バック・オーウェンス / ビートルズ〉
 24. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ 〈ビートルズ〉
 25. 平和を我等に 〈ジョン・レノン/プラスティック・オノ・バンド〉

c0137404_2316213.jpg

by acogihito | 2016-11-02 19:41 | ★アコギ関連 | Comments(5)  

Commented by TOTOファン at 2016-11-03 06:12 x
(・∀・)イイネ!!
Commented by acogihito at 2016-11-03 08:16
はい、とっても良かったです。
Commented at 2016-11-03 08:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Echobaaba at 2016-11-05 02:25
素晴らしい❗️❗️ 曲目を見ると、懐かしい曲がイッパイですね。世紀の演奏会でしたね。(さねよし)

Commented by acogihito at 2016-11-05 23:52
はい、まさに世紀の演奏会、奇跡のジョイントライブという感じで、幸せな時間でした。

<< 押尾コータローさんのニューアル... アコギの世界が華やいでる!? >>