<< 木と戯れ、秋を満喫した極上キャンプ!      リンゴ・スターに会ってきた! >>

押尾コータローさんのニューアルバム『KTR×GTR』 いいですねぇ~!

c0137404_137231.jpg

 押尾さんのメジャー通算14枚目となるオリジナルアルバム『KTR×GTR』。

 ほぼ毎年1枚出ている押尾さんのアルバムですが、
 去年の13枚目『Tussie mussie II 』がカバーアルバムでしたから、
 オリジナルアルバムとしては2年ぶりですよね。

 早速聴いてみたんですが、
 まさに「満を持して」という感じで、
 どの楽曲も素晴らしく、とっても良くできたアルバムでした。

 さすがだなぁ~。

 押尾さん、メロディーメーカーとして、
 作曲家としてもホント大したもんですよね!
 改めて感じ入りました。
 
 というのは、今回のアルバムには、
 押尾さんが作曲した「同級生」というアニメのテーマ曲は、
 インストバージョンと歌入りバージョンがあるんですが、
 歌入りバージョンを聞くと、
 元のメロディーの良さを改めて痛感するんです。

 その他の曲もメロディーや展開がポップでわかりやすく、
 とっても聴きやすいんですよね。

 2年前のオリジナルアルバム『PANDORA』よりも良いと
 個人的には感じています。

 ボクは、ビートルズで音楽を聴き始め、
 インスト曲はカシオペアや高中正義など、
 とにかくポップでわかりやすい曲で育ったので、
 最近のJポップのように
 Aメロ、Bメロ、Cメロがあって、
 途中で転調したりする複雑な曲、
 しかもそれがインストだったりすると、
 初めて聞いたとき、どういう曲なのか、
 ちょっとわかんなくなっちゃうんですよね。

 その点、押尾さんの曲は聞きやすい!
 だからって安っぽいわけでなく、
 しかも基本的にギター1本で弾ける曲という
 制限のあるなかでのメロディーメーカーぶり、
 作曲家としての才能はまさに天才というか、
 きっと影では相当努力されているんでしょうね。

 日本にもソロ・ギターのギタリストはたくさんいるけれども、
 唯一のメジャーレーベルのアーティスト、押尾コータロー。
 テクニックだけでなく、作曲家としても
 やっぱり大したもんだ!と
 改めて思いました。


by acogihito | 2016-11-09 17:04 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< 木と戯れ、秋を満喫した極上キャンプ! リンゴ・スターに会ってきた! >>