<< 「ふろく」に惹かれて・・      『サージェント・ペパーズ』 ス... >>

『草月いけばな展』でパワーをもらう

c0137404_20092136.jpg

 2017年6月2日(金)
 新宿タカシマヤで開かれていた
 「草月流いけばな展」に行ってきました。

 この日は「合作」という
 数名のグループによる大型の作品が展示されていて、
 その中に小学校時代の友人が参加しているんです。

 その作品がこちら (↓)。

c0137404_20092192.jpg

 「座れるベンチ」という作品で、
 流木を組み合わせて実際に座ることができる「生け花」です。

 「生け花」というと
 「静」のイメージだったんですが、
 「草月流」の生け花は「動」。

 とってもエネルギッシュでエキサイティングなんですよね!

 花をいけるとは「造形(いけ)る」であり「変化(いけ)る」だそうで、
 日本の伝統芸術「生け花」を伝統の枠から解き放ち、
 「自由な創造」を大切にしているといいます。

c0137404_20092195.jpg

 この作品は、 
 普通なら「お手を触れないでください」というところを
 あえて「お手に触れて」楽しめるようにし、
 さらに「座ってください」という作品にしたんだそうです。

 また、流木を組んで、どうやったら座れるようになれるか?
 強度はどうか?など、設計するところから始まり、
 組立作業は生け花というより、
 本当の家具作りような力仕事だったといいます。

 実際に座ってみると
 予想以上に座り心地が良いのにも驚かされました。

 
c0137404_20092223.jpg

 そしてこちら(↑)は、草月流第4代家元の作品です。

 10メートル四方はあろうかという大作で、
 竹が重なり合い、うねり、波打って
 何か別の生き物のような
 凄いエネルギーを放っていました。


c0137404_20092298.jpg

 そのほか、場内には20以上の作品が展示され、
 どれもとっても斬新でパワフル!

 いわゆる「生け花」のイメージとは全く違って
 自由で前衛的でもあります。

 でも、生きた植物を使っているため、
 普通のオブジェのようにずっと飾っておけるものではない
 「はかなさ」もあるんですよね。

 何か、一夜限りのコンサートのようにも感じました。

 そしてロック・コンサートのようにエキサイティングでした。

 凄いな、草月流!

 最後は師範でもある小学校時代の友人と
 その作品に座って2ショット!
 
 ありがとうございました!

 生きるための前向きなエネルギーを
 たくさんもらえた「いけばな展」でした。

c0137404_20092229.jpg

by acogihito | 2017-06-06 00:50 | ☆その他 | Comments(0)  

<< 「ふろく」に惹かれて・・ 『サージェント・ペパーズ』 ス... >>