<< とある混声合唱団のコンサート      カポタスト、どれにしよう? >>

南澤大介先生のライブ @千葉

c0137404_16255920.jpg

 2017年10月28日(土)、
 地元・千葉で開かれた南澤大介先生のライブに行ってきました。

 「ワンコイン・コンサート」と銘打たれたこのコンサートは、
 500円で様々なジャンルのプロの演奏を気軽に楽しんでもらおうと
 千葉市文化振興財団が主催しているそうです。

 市内各地で1年に12回行われていて今回が43回目ですから
 3年半前から行われているんですね

 へぇ~、知りませんでした。
 いい企画ですねぇ!!

c0137404_16255944.jpg

 会場は「千葉市美術館 1階・さや堂ホール」。
 千葉に住んでいながら初めて行く場所でした。

 「さや堂ホール」とは、
 美術館の建物に包まれるように
 旧川崎銀行千葉支店の建物が保存されていて
 その中がホールになっていて、
 そこのことなんですね。

 プロモーション・ビデオの撮影などにも
 使われるそうです。

c0137404_16260087.jpg

 昭和2(1927)年に建てられた建物の内部は
 8本の円柱が並ぶネオ・ルネサンス様式の空間。

 こんな素敵な空間が千葉にあったとは知りませんでした。

 ちなみに建物を包み込むように保存することを
 「鞘堂方式(さやどうほうしき)」と呼ぶそうで、
 だから「さや堂ホール」なんですね。

c0137404_16260029.jpg

 コンサートは、
 まず瀧澤克成さんから始まりました。

 瀧澤さんのことは知らなかったんですが、
 パンフレット(一番下の写真)を見ると
 メガネをかけジャケットを着ているから
 「物静かな方なのかな?」と思っていたら
 まるで違う「ひょうきんで明るい方」で、
 ピックでガンガン弾くようなギタリストでした。

c0137404_16260031.jpg

 そして南澤先生の登場です。

 ネオ・ルネサンス様式の会場は、
 とってもいい雰囲気なんですが、
 音の反響が大きく、大きな風呂場みたいに
 ワンワンしているんですよね。

 南澤先生もコントロールできない残響の多さに少々困ったようで、
 深い残響に合うスローな曲を多めに演奏しているようでした。

 お客さんは150~200人くらいいたでしょうか?

 ギター1本から繰り出される演奏に
 感心するように聴き入っていたのが印象的でした。
 
c0137404_16260015.jpg

 今回のコンサートは、
 ボクにとっては馴染み深い南澤先生の演奏を
 地元に住んでいながら知らなかった
 「ワンコイン・コンサート」という企画で、
 「さや堂ホール」という空間で聴けて
 なんかとっても新鮮でした。

 企画されたみなさん、南澤先生、瀧澤さん、
 どうもありがとうございました!

 また「ワンコイン・コンサート」で
 ぜひ「ソロ・ギター」を取り上げてください!!

c0137404_16260108.jpg

by acogihito | 2017-10-30 16:23 | ★アコギ関連 | Comments(0)  

<< とある混声合唱団のコンサート カポタスト、どれにしよう? >>