<< またまた行ってきました! 『ジ...      渋いですねぇ~『YOUNG G... >>

生まれ変わった! Yokoyama Guitars 『AR-WR #300』

c0137404_08591251.jpg


 お正月気分が残る
 2週間ほど前の土曜日、
 自宅のある千葉から西へ
 クルマで約1時間半。

 向かった先は、東京・東小金井にある
 かかりつけの楽器店
 『MUSICLAND KEY SidePark店』です。


c0137404_08591210.jpg


 ボクのYokoyama Guitars1号機
 『AR-WR #300』のボディ塗装を
 「艶消し」から「艶有り」に変更してもらっていたものが
 完成したんです。

 まさに届いたばかり!
 届けてくれたYokoyama GuitarsWonder Tone)の社長Sさんも
 お店にいらして、いろいろ楽しいお話もさせてもらいました。
 ありがとうございます!

 
c0137404_08591398.jpg


 さて、「艶消し」から「艶有り」に変更してもらった『AR-WR #300』。
 まるで新品のように生まれ変わりました!

 艶々になっただけでなく、
 艶消し塗装をはがす際に
 表面も少し削れるので、
 日に焼けていたTOP材が
 新品のように白くなったんですよね。
 
 
c0137404_09051423.jpg


 音の方は、倍音が多くなった印象でしょうか?

 ただ、それなりの大工事だったからか、
 バランスが不安定でまとまりがなかったので、
 弾き込み加速装置 「ToneRite(トーンライト)」をかけて
 しばらく熟成させていたんです。

 
c0137404_08592413.jpg


 そして、1週間。

 おお、いい感じ!!
 音がしっかりまとまりました。

 なるほど!
 「艶有り」の塗装って、
 ギターにこういう作用をするんですね!

 やっぱり倍音が少し多くなった印象です。

 なんていうか、塗装膜の薄い「艶消し」は、
 ギターの「基音」が大きかったのですが、
 硬い「艶有り」の塗装が表面に付いたからか、
 「基音」の周りにキラキラした「倍音」が増えた印象なんです。

 これは弦を新品に変えた時の倍音の増えた印象とは違うし、
 ハカランダの抜けるような音とも違うので、
 「塗装の音」なんでしょうね!

 
c0137404_08592974.jpg


 今までボクの『AR-WR #300』は、
 他のローズウッド・モデルと比べると
 「基音」が大きく
 「シンプルな音」という印象でした。

 それはそれで良かったのですが、
 何となく華やかさに欠け、
 ちょっと残念な印象・・・、
 なんていうか、
 ドレスを着る前のシンデレラのような印象だったんです。

 塗装は魔法なんですかね?

 「艶あり」に変更したら、
 「基音」はそのままに
 キラキラした「倍音」が増えた印象です。

 今後、これがまた変化して行くんでしょうね!

 ボクにとっては希望の音に変わって、
 嬉しい限りです。


 そして塗装による音の違いも感じることができました。

 ギターの材、本来の音を活かすなら 
 塗膜の薄い「艶消し」がいいし、
 見た目だけでなく音にもキラキラ感を増したいなら
 硬く厚い「艶有り」塗装の方がいいんだな
 ということがわかりました。

 同じギターで塗装による音の違いを確かめることなんて、
 そうないですもんね!

 
 本来なら完成したギターの仕様を変更するなんて、
 あまりいいことではないとは思いますが、
 ボクにとっては、
 塗装による音の違いを実感することができたし、 
 一粒で二度おいしいというか、
 同じギターで新品の喜びをまた味わうこともでき、
 なんだかとっても得した気分。
 値段も新しいギターを買うよりグンと安いですしね!
 いい経験をさせてもらいました。
 音も自分の希望する方向に変化したので大満足です。
 

 こんなことができるのも
 何でも相談に乗ってくれる
 かかりつけの楽器店『MUSICLAND KEY SidePark店』のおかげだし、 
 無理を利いてくれる『Yokoyama Guitars』だからこそですよね!

 ありがたいありがたい!


c0137404_09042688.jpg

 
 ハカランダ、カマティロ、ローズウッド、
 Yokoyama Guitarsが3本。
 それぞれ魅力的に輝き、
 ボクに喜びと楽しみを与えてくれています。

 本当にありがとうございます!!


by acogihito | 2018-01-29 23:58 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by at 2018-01-28 19:19 x
寒中お見舞い申し上げます。
塗装変更による音の違い
「基音のまわりの倍音が増える」・・・
聴いていなくても変化の状況が想像できます。
そしてトーライトによる熟成。
今度見せていただくのが楽しみです。
今年もよろしくお願いします。
Commented by acogihito at 2018-01-28 21:12
Mさん、寒中お見舞い申し上げます。
ホント、今年は寒いですね!
今回、とってもいい勉強をさせてもらいました。
ぜひぜひ見てください。
そしてこちらこそ今年もよろしくお願いします。

S社長も夏に向けて、いろいろ楽しい計画をしているようですよ!

<< またまた行ってきました! 『ジ... 渋いですねぇ~『YOUNG G... >>