<< 水彩画に挑戦!      南澤先生の演奏&玉子料理を堪能... >>

感動!「The BEATLES」ホワイト・アルバム(発売50周年記念作品)

c0137404_07442049.jpg


 発売50周年記念、
 「ザ・ビートルズ」(ホワイト・アルバム)
 スーパー・デラックス・エディションを購入しました。

 ホワイト・アルバム。
 以前から賛否両論ありましたが、
 かつてビートルズのコピーバンドをやっていたことがあるボクにとっては
 ビートルズの中で一番好きなアルバムかもしれません。

 なんたって、その幅広い音楽性に衝撃を受け、
 1曲1曲全く違うアレンジにわくわくして聴いてましたもんね。
 サウンドはバラバラでも喜怒哀楽、あと恐怖な感じもあって
 全体としてすごくまとまっていたように感じていました。

 アコースティック・ギターを使った曲が多いのも
 このアルバムの特徴ですよね。

 ポールの「ブラックバード」は、
 ソロ・ギター・アレンジでも弾いたことがあります

 そんなホワイトアルバムは、
 もともと2枚組で30曲も入っている大作だったんですが、
 今回のスーパー・デラックス・エディションは、
 デモバージョンやスタジオのアウトテイク集など107トラック!!
 スゴイです!!

 しかも新しいリミックスだから音がいい!!
 う~ん、素晴らしい!!

 今回のリミックスも、
 ジョージ・マーティンの息子である
 ジャイルズ・マーチンが担当しています。
 (2代目プロデューサーを襲名って感じ?)

 印象としては特にジョン・レノンの曲が
 圧倒的に音が良くなって迫力が出た感じがしますね。

 もともと幅広い音楽性に衝撃を受けたアルバムでしたが、
 幅広いだけでなく、音が良くなったジョンの曲を改めて聴くと
 ロックを追求した「深さ」も感じます。

 もう縦横、斜めもあらゆる方向に才能が拡がった、
 才能があふれたアルバムなのだと改めて感じました。

 録音も良くて、
 曲によって、ドラムの録り方も違うのがよくわかります。
 曲によってシンバルやタンバリンの音がものすごくハイファイ!
 そうかといえば、あえてモコモコした音にしてるんだな
 という曲もあることが分かります。

 それから、以前はひとつのトラックにまとめられていたいろいろな音が
 バラバラになってステレオ感が現代的になりました!!
 あと、曲によっては気になったヒスノイズが消え、
 ものすごくクリアになったのも素晴らしいです!

 ただ、2曲だけ気になったところもありました。

 ひとつは
 「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」。
 なんかドラムとベースの音が少し小さいんじゃないかと思ったんです。
 ベースのゴキゴキした音も少しマイルドになっているように感じます。

 もうひとつは「バースディ」。
 イントロのドラムのフィルインの音が、
 少しさっぱりして軽くなっていないか、という印象なんです。

 音がクリアになったから、そう聞こえるのか、
 なんか「あれ?」って気がしました。

 ただ、全体的には超素晴らしいアルバムです!!

 こうした音源や資料がきちんと保管されていていたこも素晴らしい!!
 

 この50周年記念作品、
 前回は「サージェント・ペパー」だったですよねぇ。

 こうなってくると、
 「レット・イット・ビー」や「アビー・ロード」も
 発売されるんでしょうかねぇ??

 「レット・イット・ビー」は、
 「ネイキッド」が発売されたからないかなぁ?

 でも、「アビーロード」なら??

 「レット・イット・ビー」も映画なら??

 楽しみは続きます!!


 ところで、
 「サージェント」がイギリスで発売されたのが、
 1967年6月1日で、
 そして、この「ホワイト」が、
 1968年11月22日です。

 間に「マジカル・ミステリー・ツアー」のEP盤が発売されたとはいえ、
 正式なアルバム発売が1年以上あくのはビートルズとしては長いそうです。

 まあ、それまでが半年に1枚という驚異的なペースだったんですけどもね。

 で、この間にビートルズはインドに瞑想の旅にも出たりしてかなり刺激も受けたんでしょう、
 このホワイトアルバムの制作に向け、もう才能が爆発したって感じなんですよね。

 もともと才能があふれたから2枚組になったんでしょうけど、
 今回のデモバージョンやアウトテイク集を聴くと、
 のちに「レット・イット・ビー」や「アビー・ロード」に収録される曲、
 さらには解散してソロになってから発表した曲も
 すでにこの時期に作られていたりするんですよね。

 1年間があいたとはいえ、
 3年分かそれ以上の曲を作ったという印象です。

 さらに演奏技術もグンと進歩しているようだし、
 ものすごいエネルギーを感じます。

 50年たっても新鮮さ失わない
 改めて、すごいなぁ~と感じるアルバムでした。
 


c0137404_07441955.jpg

by acogihito | 2018-11-14 00:00 | ☆その他 | Comments(0)  

<< 水彩画に挑戦! 南澤先生の演奏&玉子料理を堪能... >>