<< 打田十紀夫さんの 『 祝 “...      感動!「The BEATLES... >>

水彩画に挑戦!

c0137404_23185144.jpg


 「いつかは描きたい
 「描けるようになりたい」と思っていた水彩画に
 ついに挑戦する日がやって来ました!

 2018年11月17日(土)、
 高校時代の友人が企画してくれた
 スケッチ会に参加したんです。

 以前、この友人が所属している
 風景水彩スケッチ画教室の展覧会に行った時、
 ボクがそんなことを言っていたので、
 誘ってくれたんですよね。
 ありがとう!

 場所は東京・築地、
 聖路加病院の敷地内にある「トイスラー記念館」(上の写真)。
 トイスラーとは宣教師でもあった初代院長の名前で、
 昭和8(1933)年に建設された宣教師館だそうで、
 風景水彩スケッチの聖地でもあるそうです。

 ところがボクは、
 中学時代以来、40数年ぶりの水彩画で、
 当時は まあ、比較的 絵は得意な方ではあったんですが、
 それでも それ以来なんでねぇ・・。
 果たしてちゃんと描けるのか、
 けっこう心配だったんです。

 でも、なんとなく慈悲深い聖なる場所って感じで
 きっとうまくいくという感じがしてきました。
 

c0137404_23185034.jpg


 集合は午前10時。
 参加したのはボクを含め
 高校時代の友人4人(生徒)です。

 はじめは先生である友人が
 お手本を見せてくれました。

 構図の取り方、遠近法など、
 下書きのポイントや着色のポイント。
 色の混ざり具合などなど。

 中学の時の絵の具は、
 「不透明絵具」でしたが、
 今回は「透明絵具」です。

 先生である友人に
 「始めるならこれだけ持っているといいよ」と教えられ、
 有名画材店でそれら一式をそろえておきました。
 
 中学時代の絵の具となどからすれば高額ですが、
 ギターなどと比べれば安いものです。


c0137404_23185141.jpg


 そしていよいよボクら生徒たちも下書き開始です!

 午前中のレクチャーの際、
 「遠近法くらいわかってるよ」と思っていましたが、
 いざ描いてみると難しいもんですね。
 歪んでしまって何度も描きなおしです。

 でも、練り消しゴムが効果を発揮してくれました。

 なるほど!
 道具がいいと描きやすいんですね。

 この辺はギターと同じです。
 ギターもいいギターだと弾きやすいですもんね!


c0137404_23185150.jpg


 で、下書きの完成です!

 思ったより上手く描けたので、
 写真をパチリ。

 色を塗ったらおかしくなっちゃうことって
 ありますからねぇ。


c0137404_23185126.jpg


 そして着色開始。

 透明水彩絵の具って初めてだったんですけど
 中学の時の不透明絵の具の印象からすると
 とっても描きやすいんですね。

 しかも友人(先生)が指定してくれた色は、
 こういうスケッチでよく使う色なので、
 とっても扱いやすいんです。

 なるほど!
 なんとなくコツがわかってきました。


c0137404_23185177.jpg


 うん、割といい感じです!

 そして、
 先生である友人の作品を見て、
 さらに色を追加したりして、
 完成したのが下の写真です。

 「トイスラー記念館」、
 モデルとなった場所も良かったんでしょうねぇ。
 神のご加護があったようです。

 あとから見ると、
 いろいろな問題点が見えてくるけど
 まあ、中学以来、40数年ぶりに描いたにしちゃ
 上手く描けました。

 今回はコツを教えてもらったり
 ビギナーズラック的なところはあるにせよ
 はじめの一歩としてはソロ・ギターの時よりいいかも!?

 ソロ・ギターの演奏動画をアップしたのは、
 練習をはじめて6年目だったですもんね。
 (今回は初回からアップ!)
 
 さあ、道具も買ったし、
 これから少しずつ練習を積んで、
 上達できればいいなぁ~。

 実はキャンピングカーにギターと絵の具を積んで、
 気ままな旅をしたいという 
 夢を持ってたりするんですよね。

 今回、誘ってくれ、教えてくれ、
 はじめの一歩の背中を押してくれた友人に感謝感謝です!
 ありがとうございました!


c0137404_23185103.jpg

by acogihito | 2018-11-19 23:45 | ☆水彩画 | Comments(2)  

Commented by セバスチャン at 2018-11-23 14:21 x
こんにちは

いや〜素晴らしい出来栄えですね!

しばらく別荘暮らし(入院中)をしていたので、久しぶりにブログを拝見させて頂きました。

「一芸に秀でる者は多芸に通ず」
と言われますが、あこぎひとさんは正にそれに当て嵌まるようですね。
絵心もおありのようです。
お家に飾っても映えると思いますよ。

何にでもチャレンジするアクティブ・ライフを送られているあこぎひとさんが羨ましい。
私も見習ってと言いたいところですが、歳も歳なので今のところは、アコギに没頭したいと思います(^ ^)
Commented by acogihito at 2018-11-24 10:14
セバスチャンさま、こんにちは!
お褒めいただきありがとうございます。
思ったより上手く描けたのは確かなんですが、小さな写真にすると粗さが目立たず本物以上に上手く見えるんです。本物見ると「あれ?」って思うかも??(笑)

セバスチャンさん、歳も歳とおっしゃいますが、自分の人生で「今」が一番若いわけですし、あまり歳のことは気にしない方がいいかもしれません。

ただボクもギターに没頭する時間は、ただ演奏するのではなく、瞑想の時間のような心を落ち着かせる意味でも重要な時間になっています。

<< 打田十紀夫さんの 『 祝 “... 感動!「The BEATLES... >>