<< 岡崎倫典さんの“強化書”      ネイルアタック練習中 >>

『卒業さくらSONGSソロ・ギター曲集』

c0137404_10160967.jpg


 ふとしたきっかけで
 『卒業さくらSONGSソロ・ギター曲集』という
 CD付き楽譜集を手に入れました。

 良いですねぇ~!

 著者でありアレンジ・演奏しているのは、
 垂石雅俊さん。

 実は垂石さんの演奏は好きで、
 CDを何枚か持っているんですよね。

 垂石さんのCDはメジャーレーベルの
 キングレコードから発売されていて、
 「ソロ・ギターです!」というよりは
 「ソロ・ギターをベースにして
 素敵な曲を奏でました!
」というアルバムで、
 ソロ・ギターだけでなく、
 アンサンブルがあったり、
 パーカッションが入っていたり、
 とっても多彩なんです。

 ギターも、鉄弦のアコギだったり、
 ガット弦のクラシックギターだったりと多彩。

 さらにアレンジの方も
 南澤大介先生の『ソロ・ギターのしらべ』的に
 原曲に忠実なものがあったかと思えば、
 村治佳織さんのCD『シネマ』的に
 クラシック的に展開するものがあったり、
 これまた多彩なんです。

 そして、CDのタイトルが
 「カフェ日和」や「カフェ音景
 なんていうことからも分かる通り、
 素敵なカフェでかかっているBGMのように
 親しみやすくて聴きやすく、
 ボクも休日のBGMなどに
 良く利用させてもらっています。


c0137404_10160930.jpg
サインを入れてもらったCDもあります


 そんな垂石さんの作品の中に
 まだ持っていない
 『卒業SONGS』と『さくらSONGS
 というCDがあったんですが、
 今回の『卒業さくらSONGSソロ・ギター曲集』は、
 なんとその中からのベストセレクションなんです。
 しかもデュエットだったような曲は、
 ソロ・ギター用に再アレンジ!
 さらにCD付き

 つまり、キングレコードのCDが付いているんですよね。
 だから音がいい!

 なんかとっても得した気分です。

 この楽譜集には、
 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」シリーズには、
 なぜか未収録(のはず)の名曲
 ユーミンの『卒業写真』も収録されています。

 で、このアレンジも
 ガットギターなんだけど
 とってもいい感じ!
 いずれガットギターを手に入れて
 弾いてみたいと思っています。

 まずは、この季節にぴったりのBGMとして
 いつでもいろんなところで
 軽~い音でかけています。

 う~ん、いいですねぇ~~!!

 そうそう、巻頭に
 南澤先生との対談も収録されていたり、
 巻末にはキングレコードの
 ディレクターとエンジニアとの対談もあり、
 いろいろな人のソロ・ギター、
 ギターサウンドの捉え方もわかり、
 勉強にもなりました!

 
c0137404_10160945.jpg
梅は咲いたか 桜はまだかいな

by acogihito | 2019-03-11 23:15 | ★アコギ関連 | Comments(2)  

Commented by セバスチャン at 2019-03-11 10:12 x
こんにちは

楽しそうな、弾いてみたくなる曲が満載ですね。
あこぎひとさんのように、上手じゃない私にはハードルが高そうです。
ガットギターは、私も今興味を惹かれているのですよね〜
ナット幅が狭いガットギターを模索してます。
テクニックも無いクセに、ギターばかり欲しくなる困ったオヤジだと自戒してます(笑)
Commented by acogihito at 2019-03-12 18:09
セバスチャンさん、
コメントありがとうございます。

ギターは上手い下手よりも
どれだけ楽しむか、楽しめるかの方が重要ですよね!
プロではないのでひとそれぞれ。
でも、楽しみとしては思いっきり楽しみたい!

ボクもガットギターが欲しいんですが、
カッタウェイがある方が好きなんです。

でもそういうギターは大概エレアコ。
生音にこだわったタイプでカッタウェイがあるのがないかなぁ~と思っています。

今、一番気になっているのは
去年のTOKYOハンドクラフトギターフェスで見かけた
「吉田弦楽器工房」のガットギターです。

今年も5月に開催されるので、また展示されていたらよく見てみよう、弾いてみようと思っています。
それで良かったら、さらに翌年にでも!!
って思っています。




<< 岡崎倫典さんの“強化書” ネイルアタック練習中 >>