<< 爪の補強2019 『ネイリティ!』      フィンガーピッキングデイ2019 >>

初めて見ました! ダニエル・コフリンさんのライブ

c0137404_22352349.jpg


 2019年4月7日、日曜日。
 東京・曙橋にあるライブハウス&レストラン
 『バック・イン・タウン』で行われた
 ダニエル・コフリンさんのライブに
 行ってきました。


c0137404_22483940.jpg


 ダニエル・コフリンさん、
 身長190センチで超美男子!という風貌。
 でも、ライブでの演奏は
 聴いたことがなかったんです。

 もちろんお名前は
 ずいぶん前から知ってましたが、
 誰かと共演されるとか、
 ソロ・ギター関連のイベントに
 ゲストで出演するとか、
 そういう機会は少ないようですもんね。

 ほかのソロ・ギターのアーティストとは
 一線を画す存在のような気もします。


c0137404_22352458.jpg


 ということで、
 初めて見に行った
 ダニエル・コフリンさんのライブ。

 日曜日の昼間のライブっていうのも
 初めてだったんですが、会場は満席。
 いつもなら人のいないところまで
 客席になっているような感じで、
 こんなにたくさんなのも初めてでした。

 おお、すごい!!
 こんなに人気があるのかぁ!

 そして、
 ボクが今まで見る機会がなかったのも
 わかるような気がしました。


c0137404_22352403.jpg


 ナント、女性ファンが圧倒的に多いんです。

 それは若い人から高齢の方まで。
 でも比較的 高齢の方が多いかな?
 一見すると
 スーパー銭湯アイドル「純列」の客層のよう。
 
 でも
 黄色い歓声が飛ぶというわけではありません。
 みなさん、静かに聴き入り、
 見入り、拍手を送ります。

 だけど、どう見ても
 「私もギターを弾くんです!」という方は
 少なさそうですね。

 男性も数人いらしたんですが、
 「ギターを弾きます!」というよりは
 「連れてこられました」という
 印象の方が多いように見受けられます。

 下手をすれば、
 「ギターを弾きます!」
 っていう人で見に来たのは
 ボクくらい?
 って思うくらいでした。

 なるほど、
 一般的なソロ・ギターのライブとは
 だいぶファン層が違うようですね。


c0137404_22352478.jpg


 確かにライブを見ていると、
 演奏そのもの以上に
 動きというか、仕草が素敵です。

 男性のボクから見てもそう思うんですから、
 女性にはギターを抱えた王子様のように
 見えるのかもしれません。


c0137404_22352442.jpg


 長身で優雅にギターを奏でるその姿は、
 クイーンのギタリスト、ブライアン・メイの 
 若き日のようでもあります。

 そして、時折り浮かべる
 うっとりとした微笑みは
 確かに王子様!


c0137404_22352427.jpg


 ダニエル・コフリンさんのライブは、
 演奏以上にその姿の方に
 どうしても目が行ってしまうんですね。

 だからなのか、
 一般的なソロ・ギターのライブとは違い
 ギターを弾かない女性ファンが集う
 独自な世界が展開しているようです。

 クイーンも初期の頃は
 演奏テクニックより
 アイドル性に注目が集まり
 女性に人気でしたもんね。

 一方、逆に「ギターを弾きます!」的ファンは
 案外少ないのかもしれません。

 でも、ギターを弾かない
 女性ファンが多いということは、
 「ソロ・ギター」というジャンルを
 もっとメジャーにできる
 チャンスかもしれません!

 ダニエルさんも
 もっといろいろな方と共演したらいいのに。

 ただ、
 一般的なソロ・ギターのアーティストは、
 なんていうかとっても地味で、
 王子様のようなダニエルさんとは
 あまりに違いすぎ
 共演したら
 双方のファンが戸惑ってしまうことに
 なるかもしれません・・。
 
 う~む、そうなると・・。

 松井祐貴さんなんかどうでしょうね!

 松井さんも王子様的要素をお持ちですし、 
 一方で「私もギター弾きます!」的
 ギターファンも多いので、
 まずは、お二人に共演してもらって、
 双方のファンが集まり、
 「ソロ・ギター」というジャンルを
 もっともっとメジャーにするきっかけを
 作ってもらえたらいいなぁ~
 などと思ってしまいました。

 独自の路線で活動し
 女性ファンを魅了する
 ダニエル・コフリンさんの
 ソロ・ギター・アーティストとしての
 今後の活躍にも注目ですね!


c0137404_22352404.jpg
 

by acogihito | 2019-04-08 23:34 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by セバスチャン at 2019-04-11 10:41 x
こんにちは

ソロギターは、韓国、台湾、中国などではブームなんですよね
でも、日本ではまだマイナーな音楽ジャンルの一つである事は否めない現実ですね。
以前、charさんの番組
「Char meets 押尾コータロー TALKING GUITARS #22」
のセッション番組でもcharさんでさえ「ギター一本だけじゃ間が持たない」と話されていましたね。
日本人の多くの音楽ファンは、アイドル志向が強いですから。
やはり、ブームとして盛り上がるには、王子様的と言うかカリスマ的なアーティストの出現が待たれますよね〜
ゴルフ界でいう所の、少し前の「石川遼」君的な存在でしょうか(^ ^)
アーティストの方も、そこのところを意識してよりエンターテイメント性の強いライブ演奏をお願いしたいですね。
Commented by acogihito at 2019-04-11 21:44
セバスチャンさん、こんばんは!
Char meets に押尾さん、出たことがあるんですね。
とっても興味深い番組であるにもかかわらず、
あれってCSですよね?
ウチは見られないんです・・。

そうですね、石川遼くんとか、フィギュアスケートの羽生結弦くん的なスターが欲しいところですよね!
押尾さんに続く、メジャーレーベルから作品を出せるアーティストも欲しいところです。
Commented by セバスチャン at 2019-04-12 16:18 x
何度もすみません(^_^;)

Youtubeで見れますよ。
Char meets TALKING GUITARS
で、検索するといっぱいアップされてますよ(^ ^)
Commented by acogihito at 2019-04-13 00:36
え!そうなんですか!!
気が付きませんでした。
早速、検索してみます!
貴重な情報ありがとうございます!!!

<< 爪の補強2019 『ネイリティ!』 フィンガーピッキングデイ2019 >>