<< ガット弦仕様で『放課後の音楽室...      速度を変えての練習 >>

ヨコヤマギター「AR-WR #300」 にガット弦を張ってみた!

c0137404_19272454.jpg


 ボクのヨコヤマギター「AR-WR #300」 に
 ガット弦を張ってみました。


 実は、このところ、ずっと
 ガット・ギターが欲しいなと
 思っているんですよね。

 でも、
 いわゆるクラシック・ギターの形ではなく
 現代的なスタイルのガット・ギターがいいなと
 思っているんです。

 ところが、そういうギターって
 大概“エレアコ”なんですよ。

 “エレアコ”ではなくてモダンなスタイルで
 生音重視のギターはないものか?

 今年の
 「TOKYOハンドクラフトギターフェス」でも
 そんなギターばかり探していました。

 そんな折、
 このブログで知り合ったセバスチャンさんが
 「フォルヒのガット・ギターが
 なかなか良かったですよ」と
 教えてくれたんです。


c0137404_19274669.jpg
 

 調べてみると、
 東京・新宿の島村楽器に
 展示してあることが分かり
 早速見に行ってきました。

 なるほど!
 ボディ形状は、
 ボクのヨコヤマギターなどと同じ、
 オーディトリアムに
 カッタウェイが入ったようなスタイル。
 しかもピックアップなしの生音重視。

 ほほう、なかなかいいですねぇ!

 ブリッジの形状も
 クラシック・ギターらしい形ではなく
 スチール弦的で
 ボクのヨコヤマギターの
 スルーブリッジにも似た感じです。
 
 んん??
 んんん???

 ということは、
 スルーブリッジの
 ボクのヨコヤマギターにも
 ガット弦を張れるかも!
 
 よし、試してみよう!


c0137404_19271681.jpg


 ということで、
 一番安いガット弦を買って帰り、
 ボクのヨコヤマギター「AR-WR #300」 に
 張ってみることにしました。

 なぜ、「AR-WR #300」にしたかといえば、
 ちょうど弦交換の時期だったのと
 丸いロゼッタのデザインが
 ガット弦に合いそうだと思ったから。


c0137404_19272979.jpg


 とはいえ、
 これまでガット弦は張った経験が無く、
 本などを見ながら試行錯誤・・・。

 しかしどうでしょう!

 なんと見事に
 張れてしまったではありませんか!!


c0137404_19273201.jpg

 ブリッジはともかく
 ナット部分はスチール弦用で
 1弦なんて溝が細くて
 太いガット弦が上手く乗るかどうか・・、
 なんて心配してたんですが、
 そこもなんとかなっちゃいました。


c0137404_19272639.jpg


 ほほう、面白い!

 ボクのヨコヤマギターから
 ガット弦の音がします。

 ただ、ボクのヨコヤマギターは、
 テンションの高いスチール弦用の
 ラティス・ブレイシングですから、
 テンションの低いガット弦では
 それほど良く鳴らないというか、
 ボディ全体で鳴っている感じがしません。
 ボディがガッチリ
 出来過ぎているんでしょうかねぇ?

 やっぱりガット弦には、
 クラシック・ギターで使われる
 ファン・ブレイシングがいいのかなぁ?

 それでも、ガット弦の音はするんです。
 面白いなぁ~!

 しばらくこれで遊べそうです。

 ただ、やっぱり
 本当のクラシック・ギターと比べると
 明らかに響きが違うのは
 何が一番の原因なんでしょうねぇ??

 ブレイシングなのか?
 ボディ形状なのか・・??
 ナットやサドルも影響しているのかなぁ??

 これは、ガット・ギターを手に入れる前に
 いい研究材料にもなりそうです。



c0137404_19275044.jpg

by acogihito | 2019-06-17 23:39 | ★アコギ関連 | Comments(10)  

Commented by セバスチャン at 2019-06-17 08:54 x
こんにちは

ほほ〜すばらしい探究心、行動力に感服します(^ ^)
スルーブリッジならではですね。

やはり「餅は餅屋」と言われる如く、ナイロン弦用のブレージング、ボディ形状が必要なのでしょうかね。
フォルヒのナイロン弦ギターについて、輸入代理店であるスタジオエムの担当者さんに色々と質問したところ、このギターを作った経緯、工作の試行錯誤を熱く語られていました。

しかし、ナイロン弦の音色は良いですね。
この音色で弾くと良いだろうなと思える曲がありますよね。
1本は欲しいナイロン弦ギターです(^ ^)
Commented by acogihito at 2019-06-17 22:56
セバスチャンさん、コメントありがとうございます。
そしてフォルヒのガット・ギターについてお教えくださりありがとうございます。
確かにガット・ギター、特にクラシック・ギターの甘い音色は、ブレイシングやボディ形状も関係しているのかもしれませんね。
そうだとするならば、今風の形状にこだわらず、「クラシック・ギター」の方がいいのかも。
ガット弦を張ったヨコヤマギターを弾きながらいろいろ研究してみます。
Commented by ウクレレギター at 2019-06-18 10:14 x
こんにちは。
ガット弦のギター談議、見せて頂いてすごく面白いです。

先日のクラフトギターフェスで、私もガットギターを中心に試奏させて頂いてきたんですが、
河野ギターさんのギターに感動しました!クラシックギターってこんなに綺麗なんだ、って思いました。
自分の耳には、全然自信ないですが、それでもモンスター級に凄かったような…。
でも、クラシックギターって、「買って帰って好きな曲いっぱい弾くんです」って気軽に言えない何かがありますよね(^_^;)?
弾き方によってずいぶん音が変わるのだと教えて頂き、本を買って帰宅後調べてみると、本当に色々とあるんですね。
なんて高嶺の花…、そしてちょっと敷居が高い…、と、憧れをつのらせて帰って来ました笑。
スギタケンジさんもガットギターを一点出品されてましたが、アコギヒトさんも試奏されましたか?
試験的に作られたものだそうです(握った感触も柔らかく、音も温かで素敵でした)から、
需要に合わせて、「ガット弦のモダンなギター」増えて行くかもしれないですね!


土曜に対面でのレッスンを受けてきました(*^^*)
本当に、緊張してボロボロで、数日落ち込みましたが復活しました笑
南澤一門のシールもいただけて嬉しかったです!
毎日少しずつでも練習、練習ですね\(^o^)/
Commented by acogihito at 2019-06-18 15:13
ウクレレギターさん、コメントありがとうございます。

スギタケンジさんもガットギターを出品されていたんですね。
ボクは今回、土曜日しか行けず、しかもセミナーも受けたので、あまり多くは試奏できませんでした。

でも、スチール弦のギターを何本も持っていると、次はガット弦かな?と思う人は、ボク以外にもたくさんいると思います。
ということは多分、TOKYOハンドクラフトギターフェスによく来るお客さんの中にはそういう方が多いんじゃないかと思うんです。
ヨコヤマギターでも作ってくれないかなぁ??
そう簡単にはできないのかなぁ???

ところで南澤先生に直接教えてもらったんですね!
そうなんですよ。緊張してボロボロになるんです。
家ではもう少し弾けるのに・・・とガッカリ・・・。
でも、直接習うと、自分では全く気付かなかったことを指摘されたり、先生の指の動き、強弱の付け方などは、やっぱり「生」でないとわからないことがたくさんあります。
そして、少しずつできてくるとうれしいんです!
ぜひ、楽しんでください~~!!
Commented by ウクレレギター at 2019-06-19 10:31 x
ありがとうございます!

私がボロボロの演奏をしても先生は、
じれったそうな表情一つせずに時間いっぱい丁寧に教えてくださって、
次にやる事もハッキリしましたし、
自分が出来なかった事にうろたえてましたけど、
冷静になってから思い出すと、凄く楽しかったです(*^^*)!

でも、そうですね
右手を真近で見せてもらったり、自分のギターを弾いてみてもらったり、
演奏を目の前で見せてもらったり、
「生レッスン」ならではの事に、意識を向けていれば良かったかもしれないです。
余裕がなかった〜笑!
でもまあ今後ですね!

本当に貴重な体験で、とても楽しかったです(*^^*)
Commented by acogihito at 2019-06-19 16:31
ウクレレギターさん!
レッスンは録画していますか??
もししていなかったら録画しておくといいですよ。
ボクはずっと録画させてもらいました。

先生がその場でさらっと言ったこと、特にレッスンを始めたばかりの頃はさらっと言った一言が理解できなかったり、聞き逃したりしちゃうんですが、後から聞くと「このことか!」とわかる瞬間があったりします。
それから、普通では聞けない生演奏を何回も見れますし、譜面になっていない曲をその場で弾いてくれたり、貴重なお宝ものにもなりますよ。
Commented by ウクレレギター at 2019-06-19 22:16 x
それが(^_^;)))、撮ってはいたんですが、
ゆっくりセッティングする時間もなくて、音だけでも録れれば良いかと思って、iPadを壁際に立て掛けて適当に撮ったので…。
音声は撮れているんですが、映像は、先生の御背中だけです(笑)

今回は、本当にちょっと準備が甘かったです(^_^;)))30分が一瞬のようでした。
今後は、しばらくスカイプですが、
そのうちにまた直接レッスンを受けるときは、しっかり作戦を練ってから挑みます(*^^*)

ありがとうございます(*^^*)!
Commented by acogihito at 2019-06-19 22:36
直接レッスンとスカイプレッスンの両方をやっていると、それぞれの良さが分かって、有用なレッスンになりそうですね!

ちなみにボクはレッスン時間、60分とか90分とかでやっていましたので、かなり濃密だったり、雑談しながらいろいろな演奏を見せてもらったりしたこともありました。

Commented by ウクレレギター at 2019-06-20 17:03 x
60分あったらいいですねえ!
30分だと要領良くやらないとバタバタいちゃいますね笑
対面でのレッスンにしても、スカイプにしても、私は月1回ひと枠が限界ですが、
それを楽しみにしながら地道に続けていければな、と思います(^ ^)
Commented by acogihito at 2019-06-21 08:45
ボクも月1回ペースでした。
それでも前回の課題を達成できていなくて進歩しないレッスンも多々ありました。
やっぱり、ゆっくりじっくり少しずつの成長を楽しみながら地道に続けるのが一番ですね!!

<< ガット弦仕様で『放課後の音楽室... 速度を変えての練習 >>