<< いいね! リンゴ・スター      「カセットテープ」のブーム再来だって >>

シタールを堪能

シタールを堪能_c0137404_17153018.jpg


 2019年10月26日(土)
 シタールの生演奏が聴けるライブに行ってきました。

 千葉市文化振興財団が主催する
 ワンコインコンサートという
 500円で堪能できるありがたい企画です。

 会場は自宅からクルマでちょっと行った
 幕張コミュニティセンターホールです。


シタールを堪能_c0137404_17153575.jpg


 シタールの演奏は、サワン・ジョシという方で、
 ピアノが野崎洋一という方。

 シタールとピアノの組み合わせは珍しいそうで、
 始めは、自由気ままな音程を出すシタールが、
 きっちり決まった音程のピアノに制限されて
 窮屈そうにも感じましたが、
 次第に溶け合って聴こえてきて
 素晴らしい世界を感じました。


シタールを堪能_c0137404_17153706.jpg

 
 シタールといえば、
 ビートルズでジョージ・ハリスンが弾いているので、
 「ノルウェーの森」など、ビートルズの曲として
 「音」は聴いたことがあるですが、
 「生」で演奏を見るのは始めて。
 ましてやどういう仕組みなのかも
 分かっていなかったので興味深々でした。

 なるほど、
 シタールというのは、
 ギターなど、和音を弾ける楽器と違って、
 短音楽器なんですね。

 でも、複数の共鳴弦が付いているので
 音に奥行きというか、幅があります。

 ギターのフレットに当たる部分がアーチ状になっていて、
 共鳴弦はその下に張ってあります。
 ネックの上のペグが共鳴弦のチューニング用だそうです。

 また、ブリッジが、
 点で弦を支えるのではなく、
 面で支えるので、
 独特のミョ~ンという音になるんですね。

 そうそう、ボクも南澤先生に習って
 ギターにシタール風のエフェクトを付けて
 「ノルウェーの森」を弾いたことがあります。






 今回、本物のシタールの演奏を見れて、
 そしてシタールそのものも近くから見ることができて
 とっても勉強になりました。

 弦楽器っていろいろあって面白いなぁ~。

 帰りには、
 サワン・ジョシさんのCDを購入。
 サインもいただきました。

 

シタールを堪能_c0137404_17154100.jpg


 この千葉市文化振興財団が行っている
 ワンコインコンサートって、
 以前、南澤大介先生も出演されたことがあるし、
 そのほかにもギターのライブがあったりして、
 なかなかいいんですよね!
 しかも500円という格安!

 ありがとうございます。

 また機会があったら行ってみたいと思っています。
 

シタールを堪能_c0137404_17154428.jpg

by acogihito | 2019-10-28 23:14 | ☆その他 | Comments(0)  

<< いいね! リンゴ・スター 「カセットテープ」のブーム再来だって >>