<< デュオアルバム 2枚!      『 いとしのレイラ (LAYL... >>

ガット・ギター版「ソロ・ギターのしらべ」って感じ

ガット・ギター版「ソロ・ギターのしらべ」って感じ_c0137404_21515206.jpg


 垂石雅俊さんの著書
 「大人の洋楽ベストセレクション」(現代ギター社刊)
 を買ってみました。

 ガットギター版の「ソロ・ギターのしらべ」って感じですね。

 収録曲は
  1.デイドリーム・ビリーバー(ザ・モンキーズ)
  2. 君のともだち(キャロル・キング)

  3. スカボロー・フェア(イングランド民謡)

  4. 見つめていたい(ザ・ポリス)

  5. あなたのとりこ(シルヴィ・ヴァルタン)

  6. ラジオスターの悲劇(バグルス)

  7. ならず者(イーグルス)

  8. オープン・アームズ(ジャーニー)

  9. ニューヨーク・シティー・セレナーデ(クリストファー・クロス)

  10. 君の瞳に恋してる(ボーイズ・タウン・ギャング)

  11. マン・イン・ザ・ミラー(マイケル・ジャクソン)

  12. すべては風の中に(カンサス)

  13. ムード・フォー・ア・ファイヤー(スティーヴ・ハウ)

  14. ボヘミアン・ラプソディ(クイーン)※ギター二重奏


 「ソロ・ギターのしらべ」シリーズに
 すでに収録されている曲、いない曲、
 いずれにしても知っている洋楽が
 たくさん収録されているのがうれしいですね!

 ところで、
 ボクをソロ・ギターの世界に導いてくれた
 南澤大介先生の「ソロ・ギターのしらべ」は、
 2016年以来、新作が発表されていませんからねぇ・・。
 とっても寂しいところなんです。

 そんな中、発売されたこの楽譜集。
 垂石さんのアレンジはガットギターながら、
 南澤先生に近く
 原曲に忠実を基本としているので、
 とっても聴きやすいのがいいんですよね!
 あと「フルコーラス」なところもいいですよね。

 「ソロ・ギターのしらべ」の場合、
 楽譜を1ページに収まるようにアレンジされているので、
 曲によっては省略されている箇所があったりするんです。
 それによって1冊に30曲も収録できているんすが、
 曲によってはちょっと残念だったりすることもあるのも事実です。

 ところが、こちらはフルコーラス。
 その分、14曲と半分ですが、
 基本的に「聴く」ことが中心のボクとしては
 ちょうどいい感じです。
 
 表紙のデザインはイマイチな感じですが、
 付属のCDは、演奏も音質も
 クオリティーが高いのがいいですね。
 キングレコードから発売されている
 垂石さんのCDと同等です。
 
 実は、垂石さんのアレンジは好きで、
 CDや他の楽譜集も
 けっこう持っているんです。

 それらの音源をウォークマンに入れて
 シャッフルで再生すると、
 ガットギター版「ソロ・ギターのしらべ」全集という感じで
 穏やかな午後のBGMにはちょうど良かったりするんですよね。

 楽譜集というより
 また一つ、コレクションが増えたという感じもしています。


ガット・ギター版「ソロ・ギターのしらべ」って感じ_c0137404_21450208.jpg


by acogihito | 2020-03-16 23:44 | ★アコギ関連 | Comments(4)  

Commented by ウクレレギター at 2020-03-18 22:44 x
アコギヒトさんこんばんは(^^)

昨年、アコギヒトさんやステマンさんのガットギター談議に触発されて、
もうどうしても興味を抑えられなくて、クラシックギターを買ってしまいまして、
そんな訳で、時折、垂石さんのYouTube見たり、CD聴いたりして勉強してます(〃ω〃)
以前、南澤先生のライブを観に行った際に、ゲストで垂石さんが演奏されて、
今思うと凄くスペシャルでした!
当時はギターと言えば「ソロギターのしらべと南澤先生」しか知らなくて、
演奏はもちろん綺麗だったんですけど、
先生と親しそうな感じとか、お人柄(?)の方が印象的で
今だったら、もっとジロジロ見て観察したんですけど(^ ^)
惜しいことしました笑

あ、でも、その時垂石さんが使ってらした、100均で売ってるゴム製網状の滑り止め、ずっとマネして使ってます!
Commented by acogihito at 2020-03-20 07:34
ウクレレギターさん、コメントありがとうございます。
クラシックギターを買われたんですね!
ということはウクレレギターさんは、スチール弦よりナイロン弦(ガット弦)の音色がお好きなんでしょうか?
でも、南澤先生のような演奏もお好きなんですよね?
だとすると、垂石さんの演奏は最高ですよね!
ナイロン弦のギターを主としながら、アレンジスタイルは「クラシックギターらしい」というよりは、南澤先生の「ソロ・ギターのしらべ」に近く、原曲に忠実。
とっても聴きやすいですよね!!

ところで、「100均で売ってるゴム製網状の滑り止め」って、どんなものでどこに使うものなのでしょうか??
全くわからなくて・・・。
教えていただければ幸いです!!
Commented by ウクレレギター at 2020-03-20 12:23 x
https://nenryo10.com/wp-content/uploads/2018/10/P1060204.jpg
よく家具の下とかカーペットの下に敷いて、床面からずれないようにする為のものなんですが、どこの100均でも売ってるポピュラーなやつです笑

垂石さん、ギターをのせる方の足にそれを敷いて、ギターがずれないようにされていたと思うんですが、
いつもそうされてるのか、その時だけだったかは謎です(^^)
私はギターの角度は縦めが弾きやすく感じるんですが、足台を使ってもずれやすくて、この滑り止め使うととても弾きやすいです。

ギター脳の初期設定が「ソロギターのしらべ」なので、やはり南澤先生の音と演奏が理想で、
鉄弦でもナイロン弦でも、暖かくて落ち着いた音が好みです。ただ、ロック調の曲、あまり挑戦していなくて、音の好みなのか曲の好みなのか自分でもわからないんですが(^^;)
ナイロン弦て、鉄弦より指の動きが音に反映されやすいですよね?
人が歌ってるみたいで、聴いてても見てても面白いんです。

当初、クラギに対して、音は好きだけど世界が怖い、みたいな負のイメージを持っていたんですが、垂石さんのCDや活動を垣間見ると、自由度の高さを感じます( ^ω^ )
ギター愛が大事なんだな〜(*^^*)みたいな(*^^*)敷居高くはないですよね。間違った認識でした。

ナイロン弦での演奏について、行き着いたのが、
PECOAPRIさんと、Kerokichinosukeさんで、お二方のような演奏を目指して色々工夫したり、楽しくやってます〜

すみません(^^;;長くて…
Commented by acogihito at 2020-03-21 06:37
ウクレレギターさん、コメントありがとうございます!
「100均で売ってるゴム製網状の滑り止め」、
お教えくださりありがとうございます。
なるほど!
ちなみにボクは、ハンガーに張り付ける「滑り止め」をギターに張り付けています。糊の質が良く、跡も残らずはがすのも簡単な所もお気に入りです。

https://acogihito.exblog.jp/17758363/

ところで、PECOAPRIさんもKerokichinosukeさんもボクは存じ上げませんでした。
ボクは「peacejoytown 」の名前で活動され、海外で評価が高い「まつだひろし」の音色が好きです。

https://www.youtube.com/watch?v=roexQQNXwuU

<< デュオアルバム 2枚! 『 いとしのレイラ (LAYL... >>