<< 楽しみ!      薄い・・ >>

TINY VAN LIFE「小さくても高性能」

TINY VAN LIFE「小さくても高性能」_c0137404_12542948.jpg


 ある時、ネットで写真のクルマを見かけました。

 ドイツの工業デザイナー製作したキャンピングカーだそうで、
 ベース車両はイタリアのピアジオという会社の「ape50」という3輪トラック。
 全長2m50cm、全高1m55cm、全幅1m26cm。
 昔のダイハツ「ミゼット」みたいなクルマです。


TINY VAN LIFE「小さくても高性能」_c0137404_12544509.jpg


 う~む、いいな~!

 ミニマム、
 最小限の一人用キャンピングカー!

 「世界最小・最軽量」
 「小さくても高性能」

 なにかSONYの製品みたいで
 とっても感銘を受けました。


TINY VAN LIFE「小さくても高性能」_c0137404_13142896.jpg


 それまでフォルクスワーゲンのカラベル(バナゴン)
 をベースとしたキャンピングカーがいいなと思っていたんですが、
 車幅が1m90cm以上もあるんですよね。

 今乗っているフォード・エスケープでも
 1m80cm近くあります。

 車幅が広いと車内はゆったりするし、
 ワイドボディのハイエースをベースとしたキャンピングカーは
 横向きに寝れたりしてスペース効率も非常にいい!

 だけど、今のエスケープでさえ、
 林道や農道を走っていると結構いっぱいいっぱいで
 地元の人の軽トラックとすれ違う時、 
 向こうの人が大きく端に寄ってくれたりして
 申し訳ない気持ちになったりするんです。

 遊びに来ているこっちが
 お仕事の邪魔をしているんですからねぇ・・。

 日本の細い田舎道を走るには
 車幅が広いクルマは良くないのかもなぁ・・。


TINY VAN LIFE「小さくても高性能」_c0137404_12543621.jpg


 そんな時に見かけた
 このミニマム・キャンピングカー。

 なるほどなぁ、
 日本だったら軽キャンピングカーですよね!

 軽なら地元の軽トラックを同じ車幅ですもんね。

 値段的にも軽なら手の届く範囲だし・・。

 だけど今までいろいろ見てきたけど
 自分の使い勝手に合うように作られた
 軽キャンピングカーってないんですよ。

 余計なものが付いているから
 狭い車内がいっぱいいっぱいで
 ギターを弾けるスペースがなかったりね。

 限られたスペースなんだから
 自分なりに有効に使いたい。

 そんな時、
 もともとベース車両自体のスペース効率が良くて
 自分の使い勝手に合いそうだと思っていた
 「とある軽自動車」をフェイスチェンジしたクルマを発見。


TINY VAN LIFE「小さくても高性能」_c0137404_13513017.jpg


 フェイスチェンジというのは
 フロントグリルやヘッドライトなどを改造して
 顔つきを変えること。

 それまで、そういう改造にはあまり興味がなかったんですが、
 これは大好きな「カラベル(VW T3)」に似ているし、
 ベース車両とも上手くマッチしたデザインで
 今風の吊り上がったヘッドライドでない雰囲気がとてもいい!
 
 なるほど!
 ベース車両のままだと面白くないけど
 それをフェイスチェンジしたクルマに
 自分なりにちょっと手を加えれば、
 車内でギターを弾くスペースもある
 自分にピッタリのキャンピングカーを作れるかも!


 そんなことを考えていたら
 長年の愛車フォード・エスケープの
 エンジンの調子が悪くなり、
 さすがに買い替え時かな
 ということになった次第。

 ということで、
 自分なりのミニマム・キャンピングカー、
 日常にも普通に使える
 ミニマム・キャンピングカーが
 8月末には納車されることになりそうです。

 キャンピングカーというより
 それより自由度の高い「VAN LIFE」って感じです。

 全長3m40cm、全高1m96cm、全幅1m48cm、
 ちょっと背高のっぽの ちっちゃなVANなので、
 「TINY VAN LIFE」です!

 さて、どうなるか!

 こうご期待!?


TINY VAN LIFE「小さくても高性能」_c0137404_12544508.jpg

by acogihito | 2020-08-03 23:54 | ☆アウトドア | Comments(0)  

<< 楽しみ! 薄い・・ >>